2018年11月28日

今度再販されるP08 8inch

来月再販予定のタナカルガーP08 8inch HWモデル。
先月初め頃に購入したんですが、またすぐ再販ですってね。


ガスブローバックハンドガンの王道であるガバとかベレとかに始まり、散々買い尽くしていくと遂にはこう言う奇抜なものが欲しくなる。
奇抜といってもそれはトグルアクションであって、ルガーP08自体は有名であり、これこそ王道のうちでもあるんですけどね。
ただガスブローバックガンで求めたいのは強いリコイル、リアルなメカというのが先に来るので、ルガーはなかなかターゲットに入ってこなかったというのがあります。




ルガーはマルシンの金属モデルガンで既に持ってるんですね。
あちらはダミーカート仕様なんでひたすら鑑賞するだけのモノなんですが、それも8inch。
手に持ってサッと構えた時に、バレルがスッと先に伸びてる感じがすごく自分にはかっこよくて、やっぱこれだなと思うわけです。




撃つとこの尺取虫が軽快に上下して、実にこれぞルガーという雰囲気を楽しめます。
リコイルは無いに等しいけれど、集弾性はかなり優秀です。
タナカ純正ウォールナットグリップを濃いめに着色して装着していますが、この銃の握り心地は非常に良好です。



実銃のストライカー方式はガスブローバックでは再現できないので、グロックなどと同様にフレーム側にハンマーを儲けるオリジナルメカになっています。
外装に金属パーツも多用されていて、質感はかなり高いですね。



8inchモデルならではのタンジェントリアサイトも金属製です。
バレルの上に前後ともサイトが乗ってるので、精度はかなり高い銃だったんじゃ無いでしょうかね。
旧ドイツ軍のイメージに縛られず、ハーレーに革ジャン、愛用の銃はコレみたいなアナーキーなヒーローがいても良いぐらいかっこいい銃だと思います。





Posted by エコー  at 01:33 │Comments(2)タナカ/ LUGER P08

この記事へのコメント
私も6インチと4インチ(ABS)とP-06を持っています。
結構古いやつですけど。
なかなかトグルがホールドオープン?(でいいのかな?)しないです。
古い銃が特別好きって訳でもないですがこれとワルサーP38は大好きですね。
マルシンの金属モデルガン組み立てキット(だったような気がする)のP-08も金色がくすんでいるのでメンテしないと・・・
以前ピカールで磨いて金色が落ちてきて慌てて止めた記憶があります。
Posted by くぅ at 2018年11月28日 02:54
私のはホールドオープンしたら逆にスムーズに戻らなかったです。
そこでシリコンオイル代わりにドライファストルブ(ドライ系潤滑剤で鍵穴の潤滑にも使える)を吹き付けたらスルスルの快調になりました。
ピカールはメッキをあっという間に剥がしてしまいますよね。
中古のモデルガンでメッキが傷んでいたのを、あとでめっき工房で再メッキするために一旦古い金メッキをピカールで剥がしたことがあります。
まあステンレス食器をピカピカの鏡面にしてしまうような磨き剤ですから・・・。
Posted by エコーエコー at 2018年11月28日 03:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。