2021年09月09日

ガタつくリアサイトのバーテッ君

ここ数日、急に気温が下がってエアコンなしでも快適。
というか、朝方寒いので毛布を一枚増やしました。
来週にはようやく新型コロナのワクチン接種1発目を受けられます。
ようやくようやく。
世の中にはちゃっかり3発目も打ってる人がいるのに、まだコロナに対して丸裸じゃ元気に経済活動に貢献もできません。


先日再販されたKSCのバーテックを購入しました。
リアサイトが左右にガタつくという話ですが、本当に無視できないぐらいに左右に動きます。
実射してみると着弾が右にかなりズレることもあって、何とかしなくてはと思いました。
マニュアルに書かれた分解法に従ってセフティレバーをスライドから取り外すと、内部のブリーチは銃口側の爪でスライドの内側に引っ掛けてあるだけになります。

掌にスライドをポンポンと叩きつけるとブリーチの後部がずり下がり、そうするとリアサイトが横に抜けます。
写真の通りリアサイト下側がくり抜かれており、そのくぼみにブリーチ側の突起(リターンスプリングが引っ掛けてある)が下からはまって、リアサイトの抜け防止になっているかたちです。



ノギスで測ると、リアサイト側の溝幅が11.1mm、ブリーチ側の突起が幅10.6mm。
その差がちょうど0.5mmなので、左右に0.5mmのガタがあったことになります。
これは無視できません。



着弾がかなり右にずれていたので、リアサイトを左側いっぱいに寄せたく、矢印の位置に0.5mm厚のプラ板を切り出した小片を貼り付けました。
あとは慎重に組み戻して、リアサイトのガタが完全に無くなったのを確認して終了です。
着弾位置もかなりセンターに戻ったのでOKです。
  


Posted by エコー  at 15:47Comments(0)KSC/ 92FS VERTEC