2020年06月07日

ブルースチール塗装

今年ももう6月となりました。
私の住む千葉県あたりは夜はタオルケット一枚羽織って寝られますし、風呂は上がり際にシャワーで水道水を冷たいまま浴びて発汗をしめても良い感じに暑くなってきました。
コロナはまだしつこくメディアの関心を引きつけるほどにしぶとく人の体を渡り歩いて社会経済に打撃を与えているようですが、これから本格的な夏が到来する季節になると、マスクは逆にかえって危ないということのようです。

私は昨年に新しいカメラを買って、春には桜でも撮ったり、外で普段気にもとめていない街の小さな面白いものや美しいものでも撮影してみようかと思っていたのですが、すっかりその楽しみは挫かれ、気がつくとせっかく買ったカメラの操作法(自分で色々いじってやったカスタム設定とか)を忘れてしまっています。
年と共に短期記憶の保存能力が落ちていくのをいやでも実感します。
だからちゃんと日常的にカメラを使わないとダメですね。
WAのガバをバラして組み直すのは長期記憶に保存されているので大丈夫ですw


これは随分前にキャロムショットのブルースチールを主に用いてブルーイングのビンテージ風に塗装したWAのM1911 U.S.ARMYです。
元々はSCWバージョン1の中古品を購入して、中身をSCW2か3にアップグレードしてカスタム塗装を施しました。
以前はよくそういうことをやってましたね。
HWのフレームやスライドは塗装し、金属パーツ系は元の塗装を剥離してブルー液で染めています。
ブルースチールにはクリヤーイエローを混ぜて金属パーツのブルーイングに近い色味にしたのですが、クリアーイエローは経年で色褪せて、ほとんどただのクリアーになってしまうようです。
なので現在はブルースチールそのままの色味に戻ってしまっている気がします。








スライドやフレームの平面出しをして、ダストカバー部を削って厚さを減らして、刻印を追い彫りして、結構色々時間をかけてやっていました。
それで納得の出来栄えになると、今度は気軽に撃って遊べなくなるという。





カメラを勉強すると、ボケが〜ボケが〜と盛んに耳にし目にします。
レンズの絞り、被写界深度といった小難しい用語が出てくる話で、絞りを開放するとピントの合う範囲が狭くなって、背景をボケさせたり、逆に絞りを強くすると奥までクッキリ写る。
ISO感度とホワイトバランスぐらいしか設定するところのないような古いコンデジを長い間使ってた私には、カメラは感度と絞りとシャッター速度を操ることで写真の写りが全く変わるということが新鮮で、マニュアルの中古フィルムカメラとかも実は集めたりしてました。
つまりミリブロの未更新の間はそういうことになっていたわけですw



望遠レンズによる圧縮効果というのもあります。
望遠レンズは遠くにある被写体を切り抜いて拡大するようなレンズなので、写った写真は奥行きのない絵になります。
これは肉眼で見る世界とかけ離れててとても面白い表現ができるのですが、ミリブロ的に使うならよく、リアサイトから覗いたフロントサイト、ターゲットみたいな視界を写すとき、リアサイトのノッチの間に小さくボケたフロントサイトが写るだけだったのが、望遠レンズで離して撮るとアイアンサイトのスリードッツが綺麗に並ぶのを撮ることができます。







グリップはRocken



最後はグラフィカルに味付けした写真。  


Posted by エコー  at 15:21Comments(0)WA/ M1911 U.S.ARMY

2020年03月28日

それが銃? プッ、これが銃だ。

ここ数日いきなりアクセス数が倍増して驚いているわけですが、一体何があったんでしょう?
頻繁に更新している時でも1日1000アクセスの壁は破れなかったこのブログですが、普段は平均400アクセスぐらいなもんです。
外出規制とかの影響なのか?
そうなるとあまりサボっているのも心苦しくなって、1ヶ月ぶりに更新。


基盤不良により2度の入院から返ってきたオリンパスのカメラは今のところ怪しい挙動は起きていません。
二度ある事は三度あるというので、3度目の入院も無いとは言えないのでオッカナビックリ(死語?
今回の被写体はハンドガンとしては規格外のサイズ。


ドーンッ!

タナカのガスリボルバー、S&W M500パフォーマンスセンター 10.5inch!!
返ってきたカメラで最初に撮影する被写体にこれを選んだんですが、テーブルに置いてカメラのファインダーを覗くとデカすぎて、画面に全体を写すのにのけ反りながら撮影しました。
もちろん広角で寄って撮影もできますが、それだと長いバレルを真っ直ぐ撮れず、歪んでしまいます。
また銀色の平面が反射して、なかなか綺麗に撮るのが難しい素材でした。



記事のタイトルはクロコダイル・ダンディーという映画のワンシーンをイメージして付けました。
映画ではナイフでしたが、オーストラリアのジャングルでクロコダイルを相手にしている主人公のダンディーがNYかどっかの都会にやってきて、いきなり黒人のチンピラ共にポケットナイフでカツアゲをされる。
一緒にいた彼女がビビって、言う通りにしましょう的な感じなのをよそに、ダンディー余裕の態度。
このナイフが見えねーのかジジイ!みたいに目の前に突き出されますが、ふふっと笑いながらそれがナイフ?
これがナイフだ。と言って腰から抜いたのが・・・・、この先はご想像とYouTubeにお任せと言うことでw



このエアガンを買ったのはもう去年ぐらいでしたが、ほとんどネタで買ったようなものなのでチョット試射しただけでそのまますっかり忘れていました。




ながーいバレルは持つとすごく軽く感じます。
そしてインナーバレルはかなり短かったと思います。
逆にガスタンクのあるシリンダーはゴトリと重いです。
この重さでは勢いスイングアウトしたらフレームの方がもたないと、ヨークの動作はかなり渋めになっています。
残念なのはコンペンセイターにパーティングラインが残ってるところでしょうか。



クリンコフと並べてみる。
もはや長物に匹敵するサイズのリボルバー。
バレルの下に丸い窪みと穴が見えますが、ここにハリスタイプのバイポッドが付くみたいです。
そしてバレルトップにはマウントレールがあるのでスコープが付けられます。
そういう使い方が推奨なのかは知りませんが・・・。



大人と子供ほど違う。


  


Posted by エコー  at 07:33Comments(0)タナカ/ S&W M500

2020年02月20日

国宝級


今は無きコクサイというメーカーが昔作った金属モデルガンS&W M10 4インチ ヘビーバレルです。
某中古取扱ガンショップで33600円で購入したものですが、あまり期待はしていませんでしたが届いてみれば超のつく美品。
メッキに膨れや痛みは皆無、もちろん未発火、こんな値段で買っていいのか?というような個体でした。
グリップにはこのS&W純正の木グリだったか、アルタモントのウッドマイカルタが着いていました。
中古モデルガンを買ってるとグリップが実銃用に交換されてることが結構あり、グリップとして購入したわけじゃ無くても実銃用グリップのコレクションが溜まってきたりします。
なので本体に合わせてこちらでまた付け替えたりもするので、購入時はどれが着いていたか忘れてしまいます。





メーカーが廃業してしまったので、いまや本当に現存するだけのモデルです。
ファンにとっては貴重です。
モデルガン博物館に収蔵しておくべき遺産です。



そんな風に胸熱に思うのはファンの中でも一部かもしれませんがね…。
これほどの美品が3万ちょいで買えたのは外箱がM19用で、もともとの箱ではなかったことと、付属の発火カートリッジが分解状態(バラバラです)だったせいかもしれません。
本来の付属カートリッジは真鍮製で無刻印のシンプルなものです。
写真のメッキ塗装されたカートリッジは後から買い足しました。
このカートリッジも相当古いものですが未使用の美品です。





今回は前回までのチーク材のガーデンテーブルから撮影場所を変えてみましたが、とても良い雰囲気で良いです。
寝室のチェストの上で撮りましたが、上品な雰囲気に撮りたいときはここを定位置にしても良いかと思いました。
天井バウンスというフラッシュの当て方で撮影しています。
これが本当に綺麗に撮れるので、もうこれ以外の撮り方ではできませんてぐらい。
天井さえ白ければ家中時間も場所も選ばないで綺麗な写真が撮れます。
むしろ夜の方が光源が安定してて撮りやすいぐらい。









全体がピカピカで光沢の強い24金メッキですが、サイトのある上部面はメッキでもマットになっているのが分かります。
この面は表面がザラザラの仕上げになっていて、この通り反射を抑えて射手の狙いを妨げないようになっているという訳です。  


Posted by エコー  at 17:12Comments(0)モデルガン

2020年02月18日

再入院になりました

再入院になりました、と言っても私自身じゃ無く、私のオリンパスのデジカメです。

電子基板の不具合で操作不能になる症状で一度修理センター送りになり、半月ほど入院して帰ってきましたが、再び不具合が再発して昨日メーカーサポートに電話して再入院です。
「治ってなかったみたいですよ〜」「申し訳ありません、着払いで結構ですのでもう一度送ってください」
前回修理は送料こちら負担でしたが、今回は着払いです。
向こうが先に言わなかったら、こちらから着払いでいいすよね???って圧すつもりでしたが…。


メインのミラーレスカメラがこの体たらくではバックアップが必要だな、ということで購入したのがこのPanasonicのLX100M2
まあ一般的にはLUMIXのと言う方が普通なのかしら?
前回のM65の写真はこれで初めて撮影しています。
その前のSAA駅馬車まではオリンパスOM-D E-M5 Mk2
どちらもマイクロフォーサーズという規格のセンサーのカメラですから全くと言っていいほど画質に差はありませんよね。
てかブログ用にリサイズして縮小してますし…。

(ちなみに今回の写真はiPhone Xです。)

メインとサブ、やはり装備するなら必要でしょ!
修理に出したメインは今度こそ完全に治って帰ってきて欲しい。
治るまでは何回でも着払いで送り返すんだから(T皿T)=3
でも修理センターも故障の原因究明とかはやらず、とりあえず基盤を交換して返すという流れ作業なんでしょうかね?
その方が効率がいいでしょうし、数年したら型落ちして新モデルへと入れ替わっていくものだろうし。
ただ同じ症状で2度目の修理なので、前回と違った修理をするなりきっちり治していただきたい。

いや〜でもこのLUMIXも良いカメラですヨォ〜。  


Posted by エコー  at 13:16Comments(0)雑記