2018年10月06日

メダリオン取り付け加工をしてみよう!


木製グリップにメダリオンを取り付ける(手作業で)‼︎




マルシンの金属モデルガン、「駅馬車(STAGECOACH)」桐箱入り、ウォールナットグリップモデルを購入した。
最近シングルアクションアーミーにハマってて、その流れで購入。
というよりこれを買ってハマり、そのあとタナカのガスガンを買ったのが本当のところ。
写真に写ってるコルトのメダリオンは、タナカのパイソンを木グリに替えて余ったプラグリのやつを裏から突いたら外れたもの。
これをこのSAAのグリップに重ねてみたら、本体の金メッキと似合って一段格調が高まった感じがしたので自分で取り付け加工をやってみることにした。



まずは位置決めをして、グリップに印をつける。
上部ラインから4mm下、前方ラインから8mm後ろが美しい位置と判断し、両面テープでメダリオンを貼り付けて、けがき針で円周をなぞって印をつける。



そして彫刻刀で彫っていく。
自分は子供の頃、母親が鎌倉彫を習っていて家でよく彫刻刀で板に、それこそこのモデルガンのエングレーブみたいな難しい図案を彫っていたのを側で見ていた。
その時に母親から自分の手を切らない彫刻刀の正しい使い方というのを教えられた。
だから割と彫刻刀は安全に扱えると思ってる。(もちろん鎌倉彫をできる技術は無いが。)



円周を彫ったら、内側は丸刀でサックサックと掘っていく。
右側はざっくりと彫り終えたところ。
ドリルで貫通穴を端の方に開けておく。



彫ったところを整える。
リューターのダイヤモンドビットを手で直接使って、クリクリと形を整え、メダリオンがタイトにはめ込まれる程度に形を合わせる。



そして最後に彫ったところへワシンの木彫オイルを塗れば、他の部分と色合いが同じようになる。
ちなみにこの木彫オイルはオイルと謳ってはいるものの、成分は合成樹脂を溶剤で溶いたものであって、オイルというよりニスに近い製品である。
なので亜麻仁油などによるオイルフィニッシュとは全く別物な仕上げになる。
こちらの方が耐水性とか優れてるとは思うけど。



あとはメダルをポコっとはめて完成だ!
メダル表面の高さがグリップ表面と一致する感じにしてある。
出っ張ってたり、深く落ち込んでたりするのは格好が悪い。





美しい、すてきなモデルガンだ。
ずっしりとしていて、ハンマーを起こすとチリリーンと中から金属の響きがする。
現在マルシンが販売してる「駅馬車(STAGECOACH)」はシリンダーが改良されて、付属の専用ダミーカートリッジの装填排莢ができるようになっている。
ちなみにこれ買って、ジョン・ウェインの映画「駅馬車(STAGECOACH)」のビデオを鑑賞したが、このエングレーブド銃が出てくるというわけではなかった。はっはっはw

おっと、忘れていた。

やはりメダリオンがあった方が締まるね〜。
コルトメダリオンといえば馬のマーク、「駅馬車(STAGECOACH)」も馬が多数描かれたエングレーブとあって、馬づくしで良いんじゃないでしょうか。  


Posted by エコー  at 20:41Comments(0)モデルガン

2018年10月02日

SAA 2nd ニッケル

もう10月、早いもので。
前回、タナカSAAレンジャーを取り上げましたが、今回はSAA 2ndニッケルフィニッシュ デタッチャブルシリンダーモデルを。




前回のレンジャーもニッケルフィニッシュではありましたが、あちらはマットなメッキ仕上げで渋さを演出してありましたが、こちらのモデルはピカピカの鏡面仕上げ。
そしてあざといぐらいにギンギラな路線でカスタムして、トリガーガード&バックストラップは真鍮製の金ピカ、グリップはホワイトパール調(どちらもタナカ純正オプション)に換装してあります。





外装だけでなく、チャンバーパッキンをファイアフライのゲボスケに、インナーバレルをキャロムショットの6.02mm精密インナーバレルに替えてあります。
う〜ん総額で結構なお金がかかってますね。
まあ趣味のものですから。
ちなみにタナカのSAAは同じペガサスリボルバーでも、これまで買った他のペガサスリボルバーのどれよりも発砲音が激しい感じがします。
雰囲気として大口径のような、後を引くような重々しい音質って感じです。
バスーンて感じで非常にSAAに似合ってる発砲音ですね。
パーンと甲高い音だったら絶対嫌です。


いやもうピカピカしすぎて写真の写りが安定しないですね。





前回のレンジャーと並べてみました。
レンジャーは1stジェネレーションのSAAで、タナカのこれはシリンダーをデタッチャブルモデルのようには楽に外せません。
それどころか、この二つは本当に同じメーカーが作ったのか?と思えるほど、まったく別物のエアガンです。
2ndの方はフレームの内部に金属シャーシが入っているのに対して、1stの方は樹脂フレームにパーツが直接組み込まれてます。
インナーバレルやホップパッキンなども全く別物で互換性もありません。
全く違うメーカー同士の製品のようです。




この上の写真でわかっちゃうんだけど、タナカ製真鍮トリガーガード&バックストラップは値段がハンドガン一丁分ほどするくせに仕上げも造形も良くありません。
トリガーガードとバックストラップのネジで結合する部分に隙間できちゃうんですね。
これはたぶん個体差激しい部分かもしれませんが。




ゲートから覗くカートリッジリムの色の違いに注目。
レンジャーの方はシルバーなのがタナカのこだわりです。  


Posted by エコー  at 20:23Comments(0)タナカ/ COLT SAA

2018年09月11日

SAA レンジャー

タナカ、コルトシングルアクションアーミー 1st “Ranger”を購入しました。
ガスリボルバーの方であり、モデルガンの方ではありません。


かっこいいですね♪
ニッケルメッキモデルなんですが、ギラギラと鏡のように映り込む仕上げではなく、マットな曇った感じに仕上げてあるモデルです。
ギラギラなモデルはデタッチャブルシリンダーの2ndのニッケルメッキモデルが出ていますが、二つ並べるとこちらのレンジャーは古ぼけた雰囲気があって、とても渋いです。



標準でワンピースのウッドグリップがついてくる製品です。
グリップは亜鉛のウエイトをサンドイッチにしているため、かなり重量を稼いでいます。
なので金属モデルガンのようなフロントヘビーではなく、重心はグリップの方にきて、それはそれで持ちやすくマズルコントロールしやすいです。
実銃ならフロントヘビーの方がマズルコントロールしやすいのかもせれませんが、反動の全くないペガサスリボルバーだとこっちの方が楽ですね。
ウッドグリップはアメリカンウォールナットでしょうかね。
じつは結構明るく綺麗すぎるグリップだったのと、バックストラップのラインが合ってなかったので、この数日仕上げ直しをしまして、ワトコオイルのエボニーで着色しました。
まだ完全には乾ききっていない状態です。
中古の手垢の染み込んだグリップのような雰囲気に仕上がって満足です。



↑クリックで拡大

新品購入なんですが、メッキの状態があまり良くなく、アウターバレルやフレーム上部のサイト溝にゴミを巻き込んだようなメッキのブツブツが無数にあったり、エジェクターチューブには染みのようなものがあり、シリンダーのノッチの中には黒い酸化焼けみたいなものがありました。
なので思い切って全体にスポンジやすりでヘアラインを入れて見たところ目立たなくなった上に、ジュピターフィニッシュのような金属感のある風合いになりました。
なかなか良いです。



シリンダーのパッキンをファイアフライの「ゲボスケ」に替えてあります。
この個体においてはあまり効果はなかったんですが、もう一丁のデタッチャブルシリンダーのニッケルモデルはものすごく効果がありましたので、巷の評判通り交換の意味はあるパーツかと思います。
シリンダーを本体から取り外す必要があったわけですが、この製品には必要な専用工具が同梱されていません。
実は必要のないデタッチャブルシリンダーモデルの方にはなぜか同梱されていたので、ことなきを得て分解できたのですが、この製品を購入する際には注意が必要です。

この銃、もっと色々な角度から見るとゾクゾクっとするような色っぽいラインや惚れ惚れする美しさがあるのですが、ニッケルメッキがやたら反射してなかなかうまく撮影できません。(所詮スマホのカメラでは)
せめてバックストラップ の方やバレル上部の刻印とかも撮ればよかった・・・。  


Posted by エコー  at 21:14Comments(0)タナカ/ COLT SAA

2018年07月29日

CO2でライブカートでフルオートの中身チラリ






RARE ARMSの排莢式CO2ガスブローバックライフルの中身をちょっとだけ撮って見た。
上のボルトキャリアは一般的なM4系ガスブローバックのものと似ていつつも、大きく違うところ。
まずガスルートの開口部、すなわちルート切り替えバルブ(負圧)の位置がかなり後ろに位置しているのに気づく。
これはあとで話すロア側のガスルートの位置関係とリンクしている。
ローディングノズルが非常に長い。
ローディングノズルにBB弾を蹴り出す突起が無い。(カート式だから)
ノズル部はライブのエキストラクター(カートのリムに引っ掛けて排莢時に引き出す爪)、エジェクター(スプリングの反発でカートリッジを押し飛ばすピン)、そしてガスを噴射する開口部が中心にある。
樹脂製のピストン部と金属製の先端部によって主に構成されている。
ボルトキャリアはスチールのクロムメッキ仕上げかなと言う感じに見えるけど、ステンレスかもしれない。(写真ではステンレスっぽく写っている)
一応磁石がくっつく。
後方部はかなり肉抜きされている。



ロア側。
前回の記事でも書いたけど、トリガーより後ろの位置にハンマーがある。
このトリガーボックスというか、CO2チャンバーあたりのアセンブリーは分解すると必ず壊れると警告されてる部分なので、外から眺めるだけしかできませんが、狭いところにギュッと寄せた感じが否めない窮屈さがあります。





ハンマーの前方にある部分が普通のガスブローバックのマガジンの上部のように見えます。
この製品のマガジンはカートリッジを入れてあるだけなので、ガスルートパッキンや放出バルブがその後方に設置されており、ローディングノズル側もそれに対応した形状になっています。
またハンマーがノッカー(ファイアリングピン)を介さず、直に放出バルブを叩く構造になっています。
ハンマーを指で押さえながらゆっくりダウンさせても、結構バルブを押してしまいます。
それゆえ、ハンマーをコッキングしていないと放出バルブは常に開放してることになります。
CO2ボンベをセットしてガスが充填されていれば、その圧力でハンマーは押しとどめられるかもしれませんが試してはいません。
(CO2ボンベをセットする時は、まず先にハンマーをコッキングしてからセフティをかけて)



矢印の銀色のパーツがWA M4のマガジンのバルブロックに当たりますね。
バルブが押し込まれると下からバルブをロックして、その間ガスを放出し続けるという役割がありまして、ボルトキャリアの後退によって押し下げられ解除されます。
こういうパーツもあるので上で書いたようにボンベをセットした状態でハンマーダウンできるのか試すことは怖くてできません。
基本、ボンベを使い切って空になるまではハンマーはコッキング状態でセフティをかけておくしかなさそうです。





ハンマーはスチール製ですが、ご覧の通り非常に首のところが薄く華奢な形状になっています。
これはテイクダウンピンをよけるためにごっそりとえぐられているようです。
テイクダウンピンの方もハンマーの厚みを少しでも稼ごうと、ピンの中程が細くくびれた形状になっています。
また抜け防止のプランジャーが無いため私の個体では結構テイクダウンピンがユルユルでスルッと抜けてしまいます。
一応滑り止めのOリングが被せてあったりするんですが、残念ながらあまり有効な効果を発揮していません。
なにか対策を模索中です。





アッパー側のテイクダウンピンが通る部分は電動ガンに似た形状で、ハンマーが干渉するために間が開いています。
特に薄い方は折らないよう気をつけたいところ。
アッパーをロアにはめる際に不注意に扱うと、ガツンとぶつけて折れるというパターンが一番有りそうかな。





アッパーのカートリッジがズコッと収まるチャンバー部を覗いて見ました。
奥の金色はもちろんインナーバレル、その手前のカートリッジを包み込む部分はアウターバレルの後端です。
インナーバレルにはホップパッキンがついていますが、パーツの分解図を見る感じ、イモネジで上から直にホップパッキンを押す簡単な構造です。




  


Posted by エコー  at 00:00Comments(1)RARE ARMS/ KAC SR-762