2020年10月30日

エアコキシーズン到来!

前回記事投稿時、記事一覧のサムネ画像だけが真っ暗になる現象について触れた。
たまたま画像形式を.pngにしたこともあって、そのせいかと思ったのだが、そうではなかったようだ。
これまでは文章を書きつつ、間にその都度一枚一枚画像データをアップしてしていたが、前回は全ての画像を一度にまとめてアップして、画像一覧から挿入するやり方をした。
.pngでも.jpgでも、そのやり方で生成されるサムネ画像が真っ暗になる。
不具合なのか仕様なのか、そうなってるみたいだ。


で、タイトルに戻って
肌寒い季節になってまいりました。
ガスブロはもうそろそろ厳しくなって、いよいよエアコキのシーズンです!
と言っても自分が所有してるエアコキはVSR10/Gスペと
このGewehr33/40の2つだけですが。
タナカ Gewehr33/40 Air
もうスペルがわからんので一々確認しながら打ち込んでます。
これなんて読むんでしょうね?
ゲベール・サンサンヨンゼロって読むのが一般的なんでしょうか?
ゲベールってのもググらないと読めませんでしたからねえ。
げうぇぁ〜?みたいな感じで。





マウンテントルーパーって呼ぶ方が通じやすいのかな?
たまにはってんで、畳の上で撮影して見ましたが旧ドイツ軍のライフルです。
旧日本軍の銃なら畳でバッチリなんですけどねw
かっこいいでしょ〜w
この赤黒い暗い仕上げの木製ストックが渋いっす。
山岳部隊用に短く取り回しの良いサイズであって、またストックを岩などにぶつけて割れたりしないよう金属のプレートで補強されてるのがこのモデルの特徴です。
実用的ですね。
真ん中が貫通してるリング状の金属部分は、昔確か動画かなんかでボルトをバラして掃除したり整備するさいに、ピンを抜くのに利用するためのものみたいな説明を見たような気がしますが、詳しくは忘れましたね。
QDスリングスイベルをブスッと差し込んで取り付ける穴ではありません。
実際実物を手にしてみると、この手のエアーコッキングボルトアクションライフルとしてはかなり短いと思います。





安定した命中精度で、特に何の前準備もなくBB弾があれば手にとってすぐ撃て、気温に影響されずランニングコストもほとんどかからない。
BB弾発射装置としては最もシンプルで優れたジャンルです=エアコキ。
ボルトアクションライフルにおいては一番目が行くボルト部分が、ピストンで空気を圧縮して放出するシリンダーになっちゃってて、リアルさが犠牲になってるのが仕方がないところですが、BB弾を発射する道具としてみれば無駄がなくて完成度が高いのです。
タナカではこのAirモデルとは別にガスガンタイプのGewehr33/40も出しています。
そちらはガスガンだけにボルトの外観の再現もギミックもリアルで、撃ってよし、飾ってよしなモデルとなっています。





購入後、金属パーツにウェザリングを施してビンテージ感を出したのですが、高級感があって仕上げの良い木製ストックはなかなか手を出しづらくてそのままです。
VSRならシンプルなボルトシリンダーですが、このGewehrはボルトシリンダーにセーフティーレバーの機能がついてるためにパーツ数も多く、メカメカしいゴツい外観でカッコイイですね。
亜鉛ダイキャストのパーツ群にあったパーティングライン等を消すために、水研ぎサンドペーパーで磨いてからブルーイング、ウェザリングを行いました。
アルミパーツ多用のVSRに対して、亜鉛ダイキャスト多用のGewehrだからできる仕上げのカスタムです。





オプションのスコープを取り付けています。
このスコープはあまりレビューがよくなくて、ほとんど飾りというのが一般的な評価です。
自分も撃って遊ぶときは外しますね。
まず取り付けた状態で構えてスコープを覗くとアイポイントが合っていなくて、スコープの視野の周辺部がかなりケラレてしまいます。
ちょっと目の位置が傾くと真っ黒になって見えないという感じです。
あと5〜6cmほどスコープの取り付け位置を後ろに下げられたら見やすくなるのでしょうけど、これ以上は無理です。
まあそんなわけで評価の低いスコープでしたので、新品ではなく中古品を購入しました。
なんかマウント部のリングになってるところを加工して、ピカティニー・レールを取り付けてドットサイトを載せられないかな〜とか妄想したんですが、まだ手をつけていません。



マガジン底のパーツは金属のプレートで銃の外観を損なわず、BB弾装填部分はプラスティックながらもカッチリとしてて安っぽくなくてイイです。
着脱もスムーズで、装着時のカチッとロックした時の感じも気持ちいいですね。



ダミーのクリーニングロッドはねじ込み式で、反時計回しで普通に外れるので普段遊ぶときは外しておいて、このように写真撮影の時だけ取り付けています。
というのも不意にぶつけたりすると簡単に曲がったり折れたりしそうなので、実際に曲がってしまった画像を結構ネットで見ています。




いや〜いいっすよね〜




今回は画像多すぎって感じで、ページを開くのが重いかもしれませんが申し訳ありません。
自分で仕上げ直ししたものは思い入れがあって、なかなか写真をしぼれません…
かっこいいっすね〜このライフル。
  


Posted by エコー  at 14:06Comments(0)タナカ/ Gewehr33/40Air

2020年10月24日

サムネだけ真っ暗に?

ウルトラホーク1号に搭乗して出撃する夢を見た。
敵と空中戦をするのだが、3機に分離した方が優位だし、被弾した時に他二機を巻き添えにせずに済むということで分離して戦う。
しかし他二機は旋回性能も高く敵を圧倒したが、自分が乗っていた一番細長い機はあっという間に撃墜されてしまった。
(ウルトラホーク1号は3つの航空機が合体して一つの航空機になる架空の軍用機。ステルス戦闘機のような時代を先取りしたイカシたデザイン。知らない世代はググるべし。)
墜落した場所は木も生えてない、岩がゴロゴロした山のてっぺんだった。
無傷で助かった自分は救助を待つ間、履いてたフンドシをオケで水洗いして棒にくくりつけて立て、風に晒しながらまったりしている。
そこに足音が迫ってきて、ふと顔をあげたら自分はアメリカ兵に取り囲まれていた。
M1ガーランドを突きつけながら彼らが言う。
「シロハタダ!」「ホリョダ!」
その時自分がまったりしてた場所が硫黄島の摺鉢山のてっぺんだったと気づく。
自分は観念して両手を高々と挙げ、フリチンのままアメリカ軍に投降した。
これが今日見た最新の夢だ。




アメリカでは大統領選ということで、連日現職トランプと対立候補のバイデンによるドロドロのネガキャン合戦が行われている。
日本人の感覚ではとても馴染めない毎度の風景である。
ロシアや中国による選挙戦へのサイバー干渉という話もある。
先日アメリカ大統領が来日して、たまたま近所の道を通るという夢を見た。
沿道に立って大統領が通るのを待っていたら、喝采とともに颯爽と現れた。
ダークのスーツを着た大統領は護衛もなく、すたすた自ら歩きながら沿道の人に手を振っている。
大統領はトランプではなかった。
バイデンでもなかった。
キーファーだった。
ドラマ「サバイバー」の影響に間違いない。
夢ってのはほんとうに面白い。




コクサイのメガHWモデルガン、S&W M19 6インチモデル。
某中古サイトで写真を見て一目惚れして購入した。
フレームのバフダレが酷くて自分で平面だしをして仕上げなおしている。
バレルやシリンダーはいじっておらず、買ったままの状態だが素晴らしい金属感だ。
もちろん実銃の仕上げとは異なる、全く別な意味での金属感である。
ハンマーやトリガーはブラッククロームメッキなのか、陶器の釉のように厚く黒メッキされていたが、下のニッケル層が出るまで削って剥がしたのち、めっき工房の黒ニッケルで焼入れしたようなムラを入れている。
ブルー液じゃなくメッキで行ってるのがポイント。




グリップはS&W純正オーバーサイズグリップ。
トイガンメーカーが作るウォールナットなどの木グリみたいな薄茶のグリップだが、メガHWには結構似合う。
またバックストラップの曲線がピッタリと合っているのもコクサイすごいなって思ってしまう。
このグリップがたまたまなのかもしれないけど。

投稿を終えたあと記事一覧のサムネ画像が真っ暗なのに驚いた。
今回投稿した画像が.jpgじゃなく、.pngにしたのが原因みたいだ。
カメラで撮ったrawデータをjpegに変換すると何故か銃の色味が緑色に変わってしまうので、今回は.pngで書き出した。
するとサムネが真っ暗に表示されるようだ。  


Posted by エコー  at 08:30Comments(2)モデルガン

2020年10月17日

発見したこと

以前の掃除機は使い捨ての紙パック交換式のものを使っていたが、2~3年前にサイクロン式の紙パックレスな製品に買い換えた。
Panasonicの掃除機だ。

いまだに家電製品にPanasonicというのは馴染めない昭和世代。
ちなみに以前の掃除機はNationalだった。
まあそれは良いとして、紙パック式は掃除機からパックを取り出してそのままポンとゴミ箱に捨てていたが、サイクロン式のになって半透明の容器にゴミが溜まったらベランダに出て、レジ袋に中身を空けて、部屋のゴミ箱にそのレジ袋ごとゴミを捨て、容器は水洗いして干すという、非常に手間がかかるようになった。
使い捨ての紙パックがなくなった分、ランニングコストは軽くなっているのかと思う。
(レジ袋も今や無料では無くなったが)



その一方で、紙パック式の時はほとんど目にすることのなかった吸い込まれたゴミの実態。
髪の毛や繊維状の埃、食べ物のカス(スナック菓子の破片のような、ナッツのかけらのような固形物)、こういったものは分かるのだが、それ以上に集塵されたものの半分近くを占める大量の白いチョークの粉のような粉末、いったいこれは何なのだ?
紙パック式ではあまり気になったことはなかったが、半透明の集塵カプセルにごっそりと溜まる微粉末がすごい気になる。
レジ袋に移す時、煙のように舞い上がって空気中に放たれる。(だからベランダに出てやる)
そして掃除してて気づいたが、この粉がモーレツに溜まるのは絨毯もそうだが、ベッドのマットレスを掃除した時などがすごいということを発見した。




何の映画だったか・・・ロバート・デ・ニーロ、キューバ・グッディングJrの「ザ・ダイバー」だったような気がする。
アメリカ海軍史上初の黒人ダイバーとなった伝説の男の実話をもとに、愛と青春の旅立ちテイストで描かれたネイビーアクション大作(?)だ。
その映画に出てくるダイバー養成所の所長が「部屋のゴミの大半は何か知っとるかね?人間の皮膚カスだよ」みたいなことを言う台詞があって、それが不思議と印象に残っていた。

え、そうなの?じゃあひょっとしてこのチョークの粉は・・・、そう思ったら「オエーッ」まじかよ!と思うのだが、案外そうなのかもと思ってしまう。
とくにベッドの上なんかは1日の1/3もの長い時間をそこで寝てるので、シーツなどの摩擦で皮膚の表面が削り取られてマットレスの中に溜まっていくのではないだろうか?
そしてそれがダニの餌になっているとか想像したくもない話である。
掃除機が紙パックレスになったことで垣間見ることになった世界だ。




あるとき「片翼を担う」って打ち込んで漢字に変換しようとしたら、変換候補に出てこなかった。
何でやとググったら、どうやらそんな慣用句は無かったようである。
正しくは「一翼を担う」=全体の中で一つの役割を担う=と言う意味だ。
いっぽうで=加担する、計画に加わって協力する=と言う意味で「片棒を担ぐ」と言う言葉がある。
自分としてはこちらのニュアンスで最初の言葉を打ち込んだら、変換候補になかったということだ。
普段頻繁に使わない二つの言葉がごっちゃになってしまったようだ。
変換候補に無いことで気付かされた誤りだが、手書き文章や会話の中でなら知らずに使っていたかも。
こういうことは本人の気づかないうちにしょっちゅう起こってそうな気がする。
でもさ、有ってもいいと思わない?「片翼を担う」(笑




コクサイの金属モデルガンS&W M29 A.F. 8 3/8インチ
某中古品ショップで見つけたが、メッキの状態が非常に綺麗で完璧、未発火、値段は結構したのだが、これを購入したら自分が持ってる金属モデルガン(リボルバー)のなかでは最大級のサイズだなと思ったら、衝動買いしてしまった。
グリップは木製オーバーサイズ(おそらくコクサイ純正)が付いていたが、ホーグの実銃用ラバーグリップをさらに購入して取り替えた。
黒く存在感のあるフロントサイト部と似合う組み合わせかと思う。
名前にあるA.F.だが、最初はパッと意味がわからず、エアフォース? オートフォーカス?(最近カメラにハマってるもので)とか連想したのだが、アジャスタブル・フロントサイトの意味らしい。
自分としてはノーマルのフロントサイトの方が好きだが、今となっては希少性の高いこのモデルもコレクションに良いかなと思う。
まあしかし手に持ってみると重い重い、細身のホーググリップが更にか細く頼りなく感じられる。




新しいことをやりたい、新鮮な刺激が欲しいと脳が欲する時がある。
もちろん薬物のような偽物の刺激ではなく、現実に創造性を掻き立てるような、知識であったり五感への刺激であったり。
自分はやりたかった職業に就いて、ずっとそれをやってきて、もうその仕事で新しい刺激を得られなくなった頃からトイガン趣味にハマった。
バラしてカスタムしたり、塗装したり、刻印を手彫りしたり、ブルーイングしたり。
しかしそういうのもマンネリ化してくると別なことへと興味が向き始める。

それはとっても良いことなんだと思う。
惰性で一つのことをやり続けるというのは脳を衰えさせる。
飽きるというのは脳が健康でいようとするための生理なのだ。
飽きたら新しいことを探そう、それも飽きたらまた探し、ぐるっと巡ってまた最初に戻ってくることだって有りなんだ。
同じ場所にいて苦しくなったら違う場所に行ってもいいのだ。
仕事となるとそう簡単にはいかないのは当然だが、趣味ぐらいはさあ。
生きることは日々発見することかもしれない。
  


Posted by エコー  at 17:00Comments(0)モデルガン

2020年10月06日

レンズがカビる

中古のカメラやレンズを買うようになって初めて知った。
レンズはカビる…らしい。
むかし四畳半のワンルームマンションに住んでた頃、部屋の中が湿気でよくカビた。
部活の合宿で十日ほど帰らなかったときはトイレのトイレットペーパーからホワホワとカビが育ってたときは驚いた。
カビはそこに栄養があることが発生の条件だと思っていたが、まさかカメラのレンズにカビが生えるなんて想像もしたことがなかった。
しかし中古のフイルムカメラを買うと、それが本当なんだと目の当たりにすることが多い。
自分は今まで購入したカメラやビデオカメラ、双眼鏡やライフルスコープなどカビが生えたことは一度もないので、そんなことが起こるという発見をしたことがなかった。
一体何を栄養源にして成長できるのか??




東京マルイのコルトガバメント シリーズ'70 ニッケルフィニッシュ(風
グリップはパックマイヤーのラバーグリップ(実銃用
何の映画だったか・・・ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソンの「アンブレイカブル」だったような気がするが自信はない(汗
「シルバーの銃には大概黒いグリップが付いている」といったようなセリフがあって、自分はその組み合わせセンスには全面的に賛成である。
シルバーのガバにはホワイトパールやアイボリーのグリップが似合うというような意見を目にすると、「うそ〜ん」と否定的な立場である。
むしろ真っ黒な銃にほどホワイトパールやアイボリーは似合うと思っている。
とは言っても原理主義者ではなく、ものによりけりでもあると思ってるけどね。
実際に銀のSAAにパールグリップつけてウットリもしているし。





近頃若い人が自殺するニュースが増えている気がする。
有名俳優が立て続けに自ら命を断つとか、子供二人を刺して心中した母親のニュースも先ほど目にした。
世の中が暗い、陰鬱な空気に包まれているのだろうか?
アメリカでも車の中から公園で遊ぶ児童に発砲して死なすような乱射事件も起こってるらしい。
こういう状況を変えるような力のある言葉を自分は持たない。
だからどうにもできないのだが、もしそんな言葉の力や、人に力を与えられるような音楽や芸術の才能を持ってる人がいたら、それはきっと神が使命を果たすように授けた能力なのかもしれないと思う。
そんな才能を持つ人たちが自ら死を選ぶのは実に悲しいことだ。





昨日は背中に鈍い痛みを感じて、椅子に座ってても横になっても背中の鈍痛が辛かった。
この痛みの感じ、覚えがある。
あれはかなり前、人生初の尿路結石になって地獄の苦しみを味わった、あの時の感じに似ている。
当時医者に石が尿路を塞いで、腎臓がおしっこの水圧で腫れて炎症を起こしてると言われた。
それ以外にもドクハラじみた説教をコンコンと聞かされて、かなりめげた。
尿路結石は贅沢病だ、発展途上国でこんな病気になる人はいないんだぞ、食習慣を改めろ、この馬鹿者め!
最後のは言われてないけど、心の声はそう言ってるように聞こえた。
ウロカルンやブスコパンとかいう飲み薬で尿管を広げ、石がおしっこと一緒に排出されるような治療を行った。
とにかく水分をたくさん取ることが治療なのである。
で、それ以来背中にやばい痛みを感じたときはおしっこが近くなるぐらい水分を取るようにしている。
今日は痛みがなくなっているので杞憂だったのかもしれない。





近年のパソコン用モニタの高解像度化や通信速度の高速化に合わせて、このブログのページの表示枠の幅を広げることにしました。
これまで画像をスクロールせずに既定の幅に収められるサイズは横幅600ピクセルでした。
せっかく画素数の高いカメラで撮影した写真でもかなり縮小しないとならないサイズです。
刻印などは潰れて見えなくなります。
これからは横幅900ピクセルの写真を掲載できるようにしました。
やはり銃の写真が大きく見れるほうが断然良いですからね。





このマルイのガバメントは社外品のステンレスのチャンバーカバーとアウターバレルに交換して、質感をかなり高めています。
箱出しではプラスティックに本体同様メッキをかけたアウターバレルでした。
バレルを金属製に変えることで質感も重量もかなりよくなるのでオススメです。
それ以上にこれは必須でしょ、と思ったカスタムポイントがもう一つありまして…





それはマガジンキャッチボタン。
これも社外品のステンレス削り出しのものと交換しています。
削り出しだけあって、エッジがキレており質感も良いのですが、お勧めの理由は機能です。
純正のマガジンキャッチはエッジがぬるく、マガジンを装着した際に爪が掛かる感触がほとんどありませんでした。
爪がちゃんとかかってるのかどうかわからないので非常に不安があったのですが、こちらのパーツに交換することでしっかりとカチッと音がしてマガジンキャッチがマガジンをロックした感触がわかるようになりました。
  


Posted by エコー  at 03:47Comments(0)マルイ/ ガバメント銀

2020年10月01日

恐怖症の2

最近カメラのオールドレンズというのをちょこちょこ買っている。
きっかけは前々回に記事内で書いたオリンパスのフイルム一眼レフカメラ、OM-1を衝動買いしたことからだ。
買ったは良いが、まだそのカメラを撮影に持ち出したことはない。
ただ本体についていたレンズを社外品のアダプターを介して、普段使ってるデジカメのオリンパスOM-D E-M5IIに取り付けて使ってみた。
すると普通に撮影できるのはもちろんのこと、明るいF値の単焦点レンズはそれまで使ってたズームレンズとはまた違った使い勝手の面白さや、表現の幅が広がるのを実感できる。
OM-1とE-M5IIで共用できるということで、オリンパスのOM ZUIKOオールドレンズをいくつか買い始めた。
人はこれをレンズ沼にハマったと言う。






オールドレンズを買う場合、中古カメラを扱う販売店で商品の状態評価が信頼できる店を見つけるのが大事だ。
それはモデルガン・エアガンの中古品購入とも共通する。
ところがそれでもまさかっていう品に当たることもある。
自分が購入した28mm/F2と言うレンズだが、美品Aランクと書かれ、「レンズ内はカビの混入はなくスッキリとしてクリアー、多少の擦れはあるがキレイでコンディション良好」と書かれていた。
値段は36500円、WAガバ新品1丁ぐらいの値段である。





ところが届いてみたらスッキリクリアーどころか、レンズ前玉周囲をグルっと囲むように曇りが生じており、内部に割と大きなゴミが円の中心付近に混入していた。
これのどこがAランクの美品だよというのが正直な感想だが、撮影してみると実は普通に撮影できたりする。
その証拠に今回載せたウィルソンコンバット・タクティカルスーパーグレードの写真は全てこのレンズで撮っている。
ちょっと色がおかしい部分がある写真もあるが、これはフラッシュの焚き方が悪かったせいだと思う。
ちなみに28mmという広角レンズだが、マイクロフォーサーズのE-M5IIで撮影すると換算56mmという標準レンズの写りになる。





しかしレンズを明かりに透かしてみたとき、中心部に黒い大きなゴミがレンズに乗ってるのを見ると、
ああこれをブロアーで吹き飛ばせたら気持ちがいいのにと思わずにはいられない。
前回「蝉恐怖症」について書いたが、世の中には「レンズ内ゴミ恐怖症」というのがあるらしい。
>参考サイト https://genkosha.pictures/photo/1805097895
自分はそこまで病的かどうか自問自答するが、そこにあるゴミに手が届かない欲求不満は確かにある。
修理業者に出してクリーニングしてもらうという手もある。
実際これまで3台のフイルムカメラをオーバーホールに出してキレイにしてもらっている。
しかしこのレンズ、そもそも曇り玉。
果たして写りに影響のないゴミを取るために1万円前後出して修理に出すべきだろうか…?
自分でやるか?





YouTubeの海外の動画でOMレンズの50mm/F1.8を分解している動画を見つけてしまった。
> https://www.youtube.com/watch/?v=aj0S55-aXjQ
それを見ると割と簡単に前後のレンズの玉を取り出して、鏡筒内部をズっぽ抜けにしている。
こんな簡単なら自分でもできるなと思い、ちょっと試しにチャレンジしてみることにする。
目的は前玉と後玉の間、絞り羽根の前だから恐らく前玉の裏にひっついてるゴミをブロアーで吹き飛ばして、閉じる。
アプローチは後ろからマウントリングパーツを外して後玉を外して、そこからブロアーでシュッシュとゴミを吹き飛ばす。
ネジ3本外すだけで済みそうな感じなのである。
ところがリングパーツを外して後玉を見たら、やはりレンズ構成自体が違うので動画のように単純に後玉を外せそうではなかった。
そしてここから先、冒険するには36500円は高価すぎる。
結局開けてみたけど何も出来ずそのまま閉じるという、病気の手術だったら残念すぎる結果に終わった。
自分にできるのはこのレンズを美品Aクラスとして販売したサイトをブックマークから削除するぐらいだ。  


Posted by エコー  at 00:58Comments(0)WA/ Wilson TSG