2021年07月15日

ナム戦の特殊部隊向けだったとか

そろそろ梅雨明け来そうな。
そしたらいよいよ夏本番。
今年は無観客オリンピックが来週から始まるワケですが、皆が出かけず家でエアコン利かせてテレビ観戦をすると夏の電気使用量のピークはどうなるんでしょうね?
なんて今ふと思いました。


XM177E2といえば。
80年代のベトナム戦争関連映画・ドラマにひたった世代にとってはM16A1と並んで特別な思い入れのあるモデルじゃないでしょうか?
映画は「プラトーン」が特に好きです。
今見ると花火大会みたいな爆破の特殊効果ですが、ストーリーの内容はわかりやすく、戦闘の恐怖感も感じられた。
それ以外にもいくつかベトナム戦争を舞台にした有名な作品があるのですが、見終わった後に嫌な気分が残るものはダメでしたね。
「ランボー」はアクションヒーローものですが好きでした。
そんな映画関連で実際にXM177E2が画面上で使用された作品があったのかは「??」ですが…。
TVドラマでは、ベトナム帰還兵が主人公で超音速ヘリを繰りテロリストや反米独裁国家と戦う「エアーウルフ」が好きでした。



WEのガスブローバックのXM177E2あたりをいつか買ってしまうのかなと思っていました。
そうなると、無刻印のままか、鈴友で加工してもらうかで自分の思い入れ度が試される。
そんな感じでずっと購入をためらっていたのですが、先日予定外の報酬が口座に入金になり、気が大きくなった勢いでポチったのが
今回のCAR XM177E2。



・フルCNC削り出し鍛造レシーバー
・スチールアウターバレル
・スチールボルトキャリアー
・スチールフロントサイト
・リアルサイズキャリングハンドル
・リアルサイズトリガーガード
・リアルサイズイジェクションポートカバー
・第二世代コラプシブルストック
などなど。
某ショップの説明文の一部をコピペしただけで豪華な内容の製品だとわかります。
自分でカスタムする必要はもはや無さそうなクオリティ。
お値段もそれ相応に高価でした。
WEで逡巡していた奴が3倍もする製品をいきなりポチるとは一体どれだけ入金があったんだ??
それは秘密です〜。



次回からこの製品の細部に迫って行こうかなと思っています。
  


Posted by エコー  at 18:44Comments(2)CAR/ XM177E2