2022年08月13日

タナカM36のブルーイング

タナカのガスリボルバーのブルーイング。
今回は3インチのM36。



ラウンドバットのグリップをスクエアにコンバートするタイプの実銃用グリップ。
これがサムレスト抜群で握り心地が非常に良いのでお気に入りに。
オーバーサイズのバランスが3インチと合っている。



フロントサイトの側面にヘアラインをつける遊び心。





今回のブルーイングに使ったのはG.スミス.Sのシャイニーブルー、スチール用。
EX.BLUE HW用と比べると金属パーツがそこまで青くなら無い。




M36はサイト溝まで丁寧に磨いてブルーイング。




実銃の写真と細部を見比べると、刻印類が微妙な3インチモデル。
バレルには2インチモデルの短縮された38 S.&W. SPL. が打たれている。
マルシンの3インチも同様で、コクサイのモデルガンではちゃんと38 S.&W. SPECIAL CTG. になっていた。

タナカのHWリボルバーのブルーイングは、これで3丁めになる。
あとはM19の2.5インチが残っているが、さすがに飽きてきた。  


Posted by エコー  at 20:50Comments(0)タナカ/ S&W M36

2022年05月21日

レモンスクイーザーのブルーイング

タナカのペガサスリボルバーのブルーイングで前回トライしたM19に引き続き、味をしめて今回はJフレームのS&W M40センチニアルを素材に選んでみた。
M40センチニアルは特徴的なグリップセフティを持つ、ハンマー内蔵式のダブルアクションオンリーなコンシールドキャリーリボルバー。
グリップを握り込んでセフティを解除しながら撃つことから“レモンスクイーザー”(レモン絞り器)という愛称がある。
・・・という型通りの説明をしつつ・・・







前回完成した後、そのままこのM40に取り掛かったので、またまたひと月以上かかって、やっとここまで。
こうして作業したパーツを並べてみると、結構数が多い。
これをチマチマ研磨作業してブルーイングするのだから、何日も費やしてしまう。
使用したブルー液は前回同様、G.Smith.SのEX.BLUE HW用
HW樹脂をCOLT社ロイヤルブルー調の輝きに仕上げます、という。
ロイヤルブルー調になっているかな?

前回のM19での反省点をもとに、同じブルー液を使って同様に作業したので、今回は前回以上に仕上がりが良い。
特にHWのフレームは全面均一に金属光沢を得ることができた。
とは言え、実はこれも一度やり直している。

ブルー液をしこたま塗り続けていくと、ブルーイング皮膜はどこまでも厚くなるのか?という疑問を確かめてみたくて実践してみたのだ。(もともと懐疑的だった)
そして・・・

結局こんな風になり、皮膜が厚くなっていく感じはしつつも同時に表面が荒れ始め、やればやる程どんどん表面の亜鉛粒子が燃え尽きて消滅したようになった。

やはり表面が荒れ始める前にブルーイングを切り上げるのが正解という、自分なりの結論が出た。
そのタイミングを掴むにはやはり数をこなすしか無さそう。



グリップセフティをバラすときに、長さ、太さの異なるピンが3本あったので、位置関係を忘れないよう写真に撮った。
上の長いピンは、ハンマーの動きを止めるレバーの支点になる。(レバーの向きも間違えないように)
その下のピンはグリップセフティが前後するよう、横に広く開いた穴を通してフレームの二つ並んだ穴の上の小さい側に留める。

さて、では二つ並んだ穴の下側は?というと、これはバラして初めて知ったビックリな機能。
赤い矢印で示してある、インナーシャーシに意味もなく差し込まれてるピンが、実はこの穴に差し替えることでグリップセフティをキャンセルできる、ということらしい。
つまり握り込んだ位置にグリップセフティを固定するピン。
タナカも気の利いたことをするものだ。
  


Posted by エコー  at 15:07Comments(3)タナカ/ S&W M40

2022年04月16日

ブルーイング始めるかぁの20(おまけ)


ブルーイング前の研磨作業をしてる時に、はたと気づいたのがシリンダーギャップの開き。
モデルガンをブルーイングした時は気にすることもなかったが、ガスガンではそこからのガスの漏れは初速低下に直結すると思い、なるべく研磨し過ぎて隙間が開かないようにしなければと注意したが・・・。

フレーム側とシリンダー前面、両側を研磨するので意識してもやはり隙間が開くのは避けられなかった。
見た目にはごく僅かだが、不織布マスクの見えない繊維の隙間でさえ空気が難なく通過することを思えば、この隙間の大きさは無視できない。
かと言って初速計でどれぐらいダウンしたか計測したわけじゃないけれど・・・。



それでシリンダーギャップを埋めようと、このようなCリングパーツを自作。
ブルーイング作業をしながら、もし組み立てた時に隙間が空いたらこうするしかないと、もんもんと考えていた方法。



ノギスで寸法を測って、材料は適当なクリアファイルで。



このCリングをインナーバレルガイドにかませて、



フレームとの間に挟み込む。



こんな感じに、他のKフレームと見比べても元通りになったと思う。
試射しても元気にターゲットペーパーを貫通した。
これにてタナカペガサスM19ブルーイングシリーズ終了。
  


Posted by エコー  at 16:43Comments(0)タナカ/ S&W M19

2022年04月12日

ブルーイング始めるかぁの19

前回UPから漏れた残りの写真。









フレームのブルーイングでしくじったなあと、反省点を踏まえてブルーイングしたバレルの方がやっぱり綺麗。  


Posted by エコー  at 21:26Comments(0)タナカ/ S&W M19