2016年10月29日

BLACKHAWKのストックマグポーチ

寒くなってきた。
けどまだもう少し頑張れそうなWE M16A3。
しかしこれ、ガスの燃費が非常に良いような気がする。
ずいぶん撃ってるのにマガジンを振るとまだチャップチャップ言ってるという印象が強い。
なんなんだろう、WAなんて結構すぐガス欠になるのだが。
WEはチャージングハンドルを引いてもリコイルスプリングが強くて、よくこんなテンションであんな高速フルオートが元気に撃てるなと思う。
WEって何気にすごい。
M14でも思ってたけど。


そんなM16A3にまたオシャレな外装を。



Blackhawk製ストックマグポーチ。
簡単にレビューすると、ストックに対してデカすぎずコンパクトで見た目よし、実マグ、WEマグを入れた感じでは結構きつくて、素早い出し入れは難しい。
逆に言えばポーチの中でマガジンが踊って不快ということはなさそうだ。
ま、他の製品がそうなのかは知らないけど。
ナイロンの生地は厚くて実にしっかりしているので、強度は十分折り紙つきと言えるだろう。
ただ生地の裏側にビニールを貼ったような加工がされているが、これが経年で切れたり剥がれたりしてこないかという懸念がなくもない。
フタ部分はマジックテープで留めている。
ストックに固定するベルトもマジックテープで。



寒々としていたストック部に腹巻を当てたみたいで銃もきゃっきゃと喜んでいるようだ。
最近 i アプリでエアガンの音に合わせてリアルガンサウンドをヘッドホンで鳴らすというのがあるのをを知ったが、そのスマホを入れるのにもいいかもしれない。
まあそれはともかく、我がM16A3はどんどんかっこ良くなっていくなと見とれる今日この頃。
民間風だけど。



マガジンと言えば、予備マグを購入した。
別にポーチに入れるためでは無い。
重いのでポーチには入れておくつもりは無いのだが、実は本体に付属してきたマガジンと、別売りの単体マガジンでは仕様が少し違うというのを知って入手した。



右が新しく買った方で、背面に二つ突起が付いている。
おそらくガン本体に装着した時にガタツキを抑えるための追加加工では無いかと思う。
この突起以外は特に変わった部分はなかった。
で、この突起のおかげでマガジンのガタつきはやはり減ってるような気がする。
ちなみにマガジンのアルミケースは二本ともインディのパーカーシールで塗装し直してある。
純正塗装は黒艶すぎて個人的にしっくりとこない。





同じカテゴリー(WE-Tech/ M16A3)の記事画像
暑い、湿っぽい、不快
M16の簡単ドレスアップ
WE M16A3の変なバレルナット
WE M16A3のボルトストップ完全攻略
WE M16A3の着弾がとんでもなく右に寄る原因
WE M16A3の集弾性問題
同じカテゴリー(WE-Tech/ M16A3)の記事
 暑い、湿っぽい、不快 (2017-07-25 14:51)
 M16の簡単ドレスアップ (2016-09-25 01:02)
 WE M16A3の変なバレルナット (2016-09-14 15:18)
 WE M16A3のボルトストップ完全攻略 (2016-09-10 00:04)
 WE M16A3の着弾がとんでもなく右に寄る原因 (2016-08-26 21:09)
 WE M16A3の集弾性問題 (2016-08-20 17:13)

Posted by エコー  at 23:11 │Comments(2)WE-Tech/ M16A3

この記事へのコメント
こんばんわ

出るたびに進化していきますね、見ているほうもワクワクします

WEに興味が湧いてきた今日この頃であります
Posted by Domino251 at 2016年10月30日 20:48
ありがとうございます。
元々はA1ベトナムが欲しかったんだけど、どこも品切れでこっちを買ったんですが
今となっては色々と外装を変えて楽しめるので良かったかと。
WEは作動優先のメーカーですが、今回のマガジンみたいに些細なところでも改良を加えたり
日本のメーカーにはあまり感じない熱意と向上心には感心させられるところです。
Posted by エコー at 2016年10月30日 22:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。