スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年08月01日

関東地方に局地的豪雨

8月になったと言うのに、カラッとしない空模様。
エアコンからも水が垂れます。


夏のお座敷のお供といえば、うちではWE M14 GBBな訳ですが、相変わらず元気に金属音をがなり立てています。
しかしこの不快な気候の元では、構えただけでも脇汗にじむ高重量、ハードリコイル。
さすがに最近しんどくなってきたので、取り回しやすく短小化、軽量化を図りました。
RA-RECHのSOCOMコンプリートキット組み込んで、すっかりイメチェンです。
相当短くなりました。
全長950mm、M1ガーランドのタンカーモデルより短いですね。



SOCOMというと、やはりこのハンドガード(あるいはダストカバーとも呼ばれてる)をくり抜いて取り付けられたレイルマウントですね。
もともとスコープを載せる為にレシーバー上にロープロファイルマウントベースを取り付けていましたが、このバレル上のマウントは更に一段低い位置になります。



こんな感じに二階建てです。



ミニドットサイトを前のレイルに取り付けると、ストックに頬付けした時にいい高さでサイティングできます。



アウターバレルやフロントサイトを交換したら、元のパーツの色味と違ってて、なんともツギハギな感じです。
まあキットを組み込んで仕立てた銃なので、それらしいといえばそれらしい。
フロントサイトには照星のところに穴が貫通していて、光が通ることで視認性が高いです。




さてこのキット、自分のものはポン付とはいかず、かなり組み込みに手間がかかりました。
まずハンドガードの穴のサイズがレイルマウントの前後長より小さくて、組み込むのにその分の拡張が必要でした。
のこぎりで1.5mmほど前側を切除。



また、マウントをバレルの下から固定するパーツが厚くかさばっており、オペレーティングロッドがぶつかってボルトが閉鎖できないため、干渉する部分の表面をかなりヤスリで削りました。
銀色になってるところがヤスリで削った部分です。



これで干渉が取り除かれ、オペレーティングロッドが問題なく前進しきれました。



それにしてもこの、大きく切り抜かれたハンドガードが、一部非常に細くなってしまって、指でつまんで引っ張ったらポキっといきそうなところがあります。
実銃もこんなにひ弱なのかと思って写真を見たら、実銃の開口部は赤い線で示した辺りまでで、オペレーティングロッドの上の辺りは倍ぐらいの太さが確保されてました。
しかしWEのこのハンドガードは矢印の部分の厚みを見ると、それではマウントベースの縁が干渉するようです。
その為にこんな低い位置まで切り取っているのですね。

あと、写真にはないですが、キットに付属のRA-TECHのホップラバーはWE純正バレルガイドには微妙に合わなかった為、元からのWE純正ホップラバーをそのまま使うことにしました。

このキットを組み込む為には、本体の結構深いところまで分解しなければならず、なかなか大変でした。
かなり上級者向けです。

それから気づいたところとして、アウターバレル内部からフラッシュハイダーの銃口部分まで、純正バレルにあるインナーバレルガイドのような内部の段差がありません。
なのでインナーバレルを短くカットすることに適したアウターバレルになってます。
アウターバレル内径はそんなにギチギチにタイトじゃないので、インナーのぶれを心配するならシールテープを巻くなどした方がいいかもです。

  


Posted by エコー  at 22:19Comments(4)WE-Tech/ M14

2016年09月21日

これは何をしているのか


これは何をしてるところか?



え、糸?
はい、そうであります、糸を使ってフロントサイトとリアサイトを直線で結んだ照準線を表したのであります。



実はうちのWE M14にはかつて、G&Pのロープロファイルスコープマウントベースを買って取り付けていたのだが、それがもともとマルイ用とあってかきちんとフィットせず、スコープが銃身線から横にずれてしまっていた。
そのため常に照準を合わせる時は着弾点の左側にわずかにずらして狙っていた。
今回はそのマウントベースをWE純正の物に交換する事にしたのだ。



G&Pの奴は前と後ろの二点でレイルの高さを微調整する機能が付いていたが、WEのはただ横からネジで留めるだけというシンプルさだ。
G&Pの場合調整しても適正な位置にならない上に、返って複雑化して一度セットしたら二度と外す気になれない代物だった。
で、WEのマウントベースはどうかというと、ポン付けではレイルが銃身に対して右向きに傾いてしまった。
な訳で、写真の位置にアルミホイルを畳んだ奴を挟んでレイルの向きを左に調整する。



そして最初の糸の写真に戻るわけだが、レイルが銃身にの向きに沿うようにするためにどうすれば良いのかと考えて思いついた手法。
調整済みのアイアンサイトを利用してレイルの向きを調整する。
こうやって糸を引っ張った時、レイルが中心に来るのはさすがWE純正だ。
G&Pは左にかなりズレていた。
しかしアルミホイルのスペーサーが少し厚すぎて、今度はレイルの向きがほんのわずかに左へと向きすぎてるのがわかる。



それでアルミホイルを一折り分カットしたら、ほぼほぼまっすぐに取り付けできた。



簡易水平器でレイル面の水平状態を確認すると、若干傾斜があるようだ。
とはいえレシーバーのこの位置が水平のガイドになるか判らないけど。



レイルの傾きはスコープの方で調整するので問題なし。
パチ物のスコープのエレベーションノブの上面がレティクルの水平とあっているかは判らないけど、全部気休め。
本当はスコープを覗きながらやったほうが良いのかもしれないけど、所詮エアガンだからね。



そんなこんなでスコープが銃身のほぼ真上にセットできましたと。
これで照準合わせの時に十字線を左にずらすという余計な手間をしなくて済むようになった。
ドットサイトでも気持ちよく使えるだろう。


<ちなみに以前の状態>


スコープが銃身の真上にセットできなかった。
  


Posted by エコー  at 23:55Comments(0)WE-Tech/ M14

2016年08月03日

夏限定、最強金属打撃音発生装置

今年も梅雨明けして、こいつの季節がやってきた。
WE M14


この前ついにスチール製のフラッシュハイダーを買ったのだけど、まだ交換していない。
見た目には亜鉛のこれとほとんど見分けがつかないのだが、これはぶつけたりすると簡単に折れちゃったりするらしいので、どっちかっていうとその時のために在庫が市場にあるうちに入手しておくかって。

実は内部のカスタムパーツも結構買い揃えているのだが、ちゃんと組み替えてるのはボルトキャッチとハンマースプリングくらいで、ほとんど箱出しのままだったりする。
最近気づいたのだが、ハンマースプリングはストライクアームズのテンション低めのやつに替えて調子がいいんだけど、リコイルスプリングは弱めてはダメだな。

というのもリコイルスプリングガイドがマガジン保持的な部分を兼ねていて、リコイルスプリングのテンションでガイドの突起がマガジンの前側を吊ってる。
だからこのスプリングを弱い物と換えるとボルト閉鎖時の衝撃で吊ってる突起が引っ込んで、マガジンの前側の掛かりが外れて下がる現象が起きる。
(後ろ側のマガジンキャッチレバーだけは掛かってるので、マガジンがお辞儀したような感じになっている)
そうするとマガジンのガスルートパッキンとローディングノズルとの密着が解かれて、そこから残りのガスを全てブシャーして果てるという状態になる。
リコイルスプリングを海外仕様の強いやつに戻したら、この現象が全く無くなった。
とても調子のいいガスブロライフルになったのだ。



WE自体がこういった強化パーツを出しているのが面白い。
RA-TECHとかが出すものより手頃な値段で買えるのかな。  


Posted by エコー  at 21:57Comments(0)WE-Tech/ M14

2015年09月06日

猛暑の夏もピークは過ぎ去り?

ここ最近はだいぶ過ごしやすい感じになってきました。
タオルケット一枚で寝てると、朝方寒くて鳥肌が立っていることもあります。
ただ、暑い夏といえば元気なのがガスブローバックです。
中でも夏限定といえるのはWEのM14。


私のM14は何年も前にエチゴヤで購入した木製ストックバージョン。
そのストックは自分でリフィニッシュし、幾つかのパーツはRA-TECHのパーツに交換してあります。

夏限定というのも、このガスガンは重厚な金属のボルトを勢い良く動かすために相当なガス圧を必要とするようで、気温の低い冬場ではその真価を発揮できないということがあります。
その真価とは、まさに重厚な金属が生み出すリコイルショック、金属同士がぶつかって起こる大迫力の作動音ですね。
部屋撃ちだと壁を突き抜けてご近所迷惑かと思われるほどの轟音が鳴ります。
特に空撃ちではなく、BB弾を込めての実射はすごい音が響きます。
WA系のM4を3丁所有していますが、それらとは比較になりませんね。

ただ難を言えば重量がかなりあり、それがリコイルショックを結構殺しているということ、そして暑い中こいつを構えて撃ってなどすると、それだけで汗ぐっしょりになるとこですかね。
それゆえに折角のシーズンにしまいっぱなしにして過ごしてしまいがちでもあります・・・^^;
今年はすこし銃に取り付けてあるものを外し、シンプルに軽量化して撃ってみました。
アイアンサイトでターゲットペーパーを狙うのも悪くありません。
集弾性もかなりいいです。  


Posted by エコー  at 08:42Comments(4)WE-Tech/ M14

2013年03月09日

団地のスナイパー?

今日はやたら暖かくて、上着無しで近所のスーパーへ買い出しに行ったりできるくらい。
しかし空気がやけに黄色くくすんでるようで・・・。
そう、花粉だか黄砂だか、最近大人気のpm2.5(だったっけ?)だかのせいでしょうかね。


WEのM14です。
ベランダで日光の下で撮影してみました。
ベランダに持ち出す時は、ご近所から見えないように気をつかいます。
たぶんこのような趣味に縁のない人が見たら、かなり不安と恐怖に駆られると思いますので。
影を見れば判りますが、ベランダの柵はコンクリート壁で覗けないので、腰の高さぐらいまでなら外部からは見えません。



以前から変わってるところは・・・・スリングが付いた!
オリーブドラブのコットンスリング。
取り付け方が良くわからないので海外のサイトを調べました。
調べたけど、みんなけっこう適当でしたw



あとスコープが変わりました。
当然パチ物なので仕上げの雑な安物です。
初速の上下が激しいガスブロのライフルに高価なスコープなんて猫に小判ですもんね。



木ストも最近またオイル塗ったりして、いい感じです。



一応カスタムパーツなどを見つけたら購入していますが、純正パーツで不具合が起きてないのでまだ交換していません。
ローディングノズルはWE純正ですが、これも破損した時のための予備として買ってあります。
あるときに買っておかないと、壊れて使えなくなったとき、どこにも置いてなかったらこわいんで・・・。



そしてこんなものも。
箱だしでまともに撃てなかったM14だけに、内部のカスタムをするためにデジタル弾速計が必要でした。
おかげで現在はとても調子が安定しています。  


Posted by エコー  at 22:54Comments(2)WE-Tech/ M14

2012年12月13日

M14ぷちカスタム

WE M14のボルトストップをリアルファンクションカスタムパーツに交換したら動きが渋くなって機能しなくなった。
その擦り合わせをやってみましたが・・・


右がカスタムパーツで、左が純正。
大きさが違います。
カスタムパーツの方が大きくなった為に作動が重くなるのは仕方ないのですが、ボルトストップが作動しない原因はそれ以上にマガジンの押し上げレバーとの妙な引っかかりに有りそうです。
矢印の角のところが純正品に比べ、カスタムパーツはエッジが尖ってて引っかかってるみたいなのです。



押し上げレバーの斜面の段差のところにね。
このレバーは真下から真上に押し上げるのではなく、回転運動でレバーの斜面をボルトストップの突起が滑り上がるような動きをするため、この段差が引っかかって止まってしまうのです。



で、角の部分を純正パーツに習って丸めてあげました。
これで引っかかりはかなり軽減したのですが、パーツ自体が大型化したのがやっぱり尾を引いてか動作が渋いのは変わりませんでした。
純正では小さなボルトストップを持ち上げるだけだけど、カスタム後は大きくなったパーツ+リリースボタンまで持ち上げないといけませんからね。
で、結局最後の手段としてマガジンのフォロアースプリングを30連のものと交換するときに、少しだけ引っ張って延ばしてテンションを強めてやりました。
そしたら奇麗に解決。
この方法はWAのガバでも前にやった事が有って、中古などのへたったマガジンではよくボルトストップが掛からない事が有るんですが、フォロアースプリングを延ばしてやると元気に復活します。
今では最終弾を打ち切ったらガーンとボルトストップが掛かります。



続いてタペットプレートの後部に挿入されてる部品。
後ろに筒状の樹脂のカラーが付いてます。
セレクターをフルオートにしたとき、このカラーが若干長過ぎてローディングノズルが弾をチャンバーの適正位置に押し込みきれなくなるという話が有ります。



1.5mm切り落としました。



Oリングを用意。



間に1mm幅のOリングを挟んで、全長を0.5mm切り詰めた事になります。
Oリングは緩衝材の役目を期待して追加しました。



組み込んで出来上がりのお手軽カスタム。
これでフルオート時の集弾性が良くなります。



最後は失敗。
マガジンの注入バルブを日本仕様のオプションパーツに交換しようとして壊してしまいました。
そんなに力一杯締め込んだつもりも無かったのに、気づいたらネジの頭のところがモゲかかってて、一旦また取り外したらやっぱりちぎれてました。
あきれるほど軟弱なパーツです。



代わりのものは無いかと思ってジャンクボックスから古いWAのマガジンを拾ってきて、注入バルブを使ってみたら、ちょっとヤスリで丈を調整するだけで問題なく使えました。
ぎゅっと締め込んでも千切れたりもしません。


WAのマガジンはバラすとお宝の山です。
タペットプレートのOリングもここからいただきました。
  


Posted by エコー  at 20:46Comments(6)WE-Tech/ M14

2012年12月11日

M14スコープマウント


WE M14にスコープを載せました。
これでいよいよ最初にイメージしてた完成型を達成です♪
マガジン込みでものすごい重さです。
こんな重い銃は我がコレクション中で最高峰でしょう。
デジタル体重計で量ったアバウトな数値で5.6kg。
体重計なので小数点以下は200gずつしか表示出来ませんw



スコープはマルイのプロスコープズームだっけかな?
前後にバトラーキャップを後から買い足して付けてます。
フロント側のリングんところが赤く変色してます。
これってアルマイトの不具合って奴?



バイポッドもスコープもM14に奪われたVSRにはドクターレプリカミニドットを。
これはこれでスポーティーでかっこいい。



マウントベースはG&Pのマルイ用を購入しました。
WE純正のものより1000円程度安いので、ポン付け出来るとも無理だとも言われてて結局どっちなのか判らぬままこれにしました。
あまりにも一度に色々買いそろえるとなると、少しでも値段が安い方が勝ちますね。
もし不具合があればヤスリで何とかなるだろう・・・・。




ジャキーーン!
つか、まだボルトストップ掛からないんだよねw 
なんとかせねばw




てかこのマウント思いっきり左に傾斜してるからw
やっぱマルイ用は駄目だw
ポン付け出来ても問題大有りでした。チャンチャン♪  


Posted by エコー  at 21:04Comments(2)WE-Tech/ M14

2012年12月09日

木スト仕上げ直しの完成


WE M14の木スト仕上げ直しが終わり、ようやく組み立てました。
じつはまだ触ると冷やっとする木ストです。
手にオイルが付いてくる事は無いので指触乾燥はしてますが、まだカラッと完全乾燥した訳ではなさそう。





バイポッドをつけてみました。
床の間があればこのまま飾っておきたいぐらいですが、うちの和室にはそんな良いものは無い。



バイポッドで立てると金属のバットプレートの先が床に当たってるので、そのままボルト操作をしたらフローリングに傷がついた。(´Д⊂ヽ




加工傷が酷かった側面のネジのところもすっかり直った。
ボルトリリースはRA-Techのカスタムパーツに取り替えてあります。
最終弾を打ち切ってもボルトストップは掛かりません。
原因を調べたらやっと解りました。



ボルトストップレバーを押し上げるマガジン側のパーツですが、スロープになってるところに意味の分からない段差が付けられており、これが押し上げる途中でレバーのエッジに引っかかってしまうのが原因のよう。
何の為の段差なのか??
クリック感や弾みをつける為のものなのか?
この段差につまずかないよう、ボルトストップの方のエッジを丸めるかすれば引っかからずに行けると思います。
段差の方は下手に削るとボルトストップの押上量が足りなくなる恐れがあるのでいじらない方が良いでしょう。



ハンドガードカバーはテカテカ艶有りだったのが安っぽかったから、クレンザーで研磨しました。
プラスチックのテカリをとるならクレンザーがお手軽ですw
コレ以上を望むならブラストかけるしかないかもね。




いい! すばらしい木目だ♪



表面のニスとその下の染料が染み込んだ部分を削り取った事で各部が一皮薄くなって、横から透かして見ると隙間が出来てたりする。



トリガーボックスの固定部も隙間が出来てガタが生まれたので、間にプラ板を挟んでガタ取りをしました。
SGWさんがコメントで注意してくれたおかげでこの程度で済みました。
感謝してます♪



あとで知ったんですが、この窪んだところも削りすぎたら、タペットプレートというパーツが手前に脱落する不具合が起こる部分でした。
自分はそれほど削ってなかったので、何とか爪が引っかかって外れずに耐えてます。
もし自分のように木ストの仕上げ直しをされる場合は気をつけてください。



矢印のところにハマってたパーツは、いずれスコープマウントを装着するときに取り外さなきゃならないので付けてません。



M14にバイポッドを奪われたVSR-10 Gスペック。
この後スコープも奪われる予定w
そうなったらドクターミニドットサイト辺りを付けて、取り回しの良いエアコキボルトアクションライフルとして冬場のお座敷銃となる予定です。
リコイル無くてつまんないんだよね。  


Posted by エコー  at 16:30Comments(11)WE-Tech/ M14

2012年12月07日

木スト仕上げ直しの5

ワトコオイルを使ってオイルフィニッシュのM14木製ストック。
前回は刷毛塗り1回目の記事でしたが、今回は2回目の塗りも終えて24時間以上たち、最後の仕上げを行います。


2回目の塗りを行った時はウエットサンディング、すなわちオイルで濡れた状態で研磨するというのもやりました。
削った粉とオイルが木の導管を塞ぎ、更に表面を滑らかにするという行程です。
それから丸一日、窓際で外気にさらして表面を乾燥させたので、今日は最後の総仕上げのつもりでシャイネックス#1500で軽く擦ります。



オイルのテカリはすっかりなくなって、サラサラの肌触り。
DIYでオイルフィニッシュにハマる人の気持ちが良くわかります。
無塗装とはまた違うしっとりと滑らかな手触りです。


ここからデジタルカメラの性能の限界にせまるマクロ撮影で、オイルフィニッシュの表面を接写してみましたのでどうぞ!







柔らかなウエーヴを描いた木の表面ですが、導管が集まってる部分(繊維の断面)がオイルの吸収が良く、そのぶん色も濃くなりますね。




最後に拡大鏡ごしのマクロ撮影で、オイルフィニッシュのミクロの世界へw
こうして見ると木の繊維の隙間や導管に、飴のようにオイルがたまって固着してる様子が分かります。
ウレタンニスを薄く塗ってもこんな感じだと思いますが、ウレタンだとカチカチに硬いのに対して、オイルは硬化しても柔軟性を保つようですね。
それがしっとりとした手触りを生むのでしょう。



シャイネックスで全体の毛羽立ちもとって、このまま終了でも良いんだけど3回目のオイルをやっちゃいます。



もうこのぐらいになってくると、1回目の塗りの時のようにたっぷり刷毛塗りしても吸い込まないので、ボロ布にストローを使って数滴染み込ませ、それを木肌に延ばすような感じでいいでしょう。
ボロ布は実は着古したTシャツですw



木目にそって延ばす。
この先のメンテナンスもこんな感じでいいでしょうね。



グリップのところなんかも手汗などでガサガサしてきたりするんだろうけど、その時はこんな風にまたオイルをくれてやればよかんべ!



自家製ブルーベリーソース、じゃなくてワトコオイルのブレンド。
ラベルの下のラインのところまで作ったけど、ストック1本仕上げても半分も減ってない。
こんなに余るとは思わなかった。
この先メンテに使うとして、もっとしっかりとした密封容器に移した方が良いかな。



オイルフィニッシュの事を書いたら、後始末の事も触れておかないと。
オイルを拭ったボロ布などは自然発火する事があるらしい。
オイルが乾燥する過程で発熱するのが原因だとか。
以前TVで実験VTR見た事あります。
タオルかなんかだったと思うけど、洗濯して乾燥機に入れたら出火したとか、丸めて洗濯かごに入れておいたら出火したとか。
なので捨てる時は水に浸してビニール袋に濡れたまま密封して捨てるのがいいらしい。
あと熱が籠らなければ燃える事は無いので、このように広げておけばまず大丈夫。  


Posted by エコー  at 14:00Comments(4)WE-Tech/ M14

2012年12月05日

木スト仕上げ直しの4


WEのM14木製ストックをオイルフィニッシュにすべく、前回ブレンドしたワトコオイルです。
ワトコオイルってどんな匂いかなと思ったら、ネットで言われてるような「くさい」悪臭ではなかった。
甘いような匂いで嫌じゃない・・・でも、長時間閉め切った部屋で嗅いでると吐き気がしそうな具合が悪くなる気がしました。
換気は絶対必要ですね。



というわけで、早速塗り開始!
オイルなんでサラサラ、そして非常に良くのびる。
白木に戻った肌にスッと染み込んで色がつきますね〜。



ニスと違って塗った先から乾いたりしないので、しつこく刷毛でヌリヌリしても刷毛目が残ったりする事は無いし、濡れてるところを新聞紙の上に無造作にひっくり返したって構わない。
どうせ後で塗ったところの余分なオイルをボロ切れで拭き取るんだから。
なんて楽な塗装だろうか!



あっという間に全体が・・・。
ちょっと予想してたより赤い方に色が向いてしまったかな?
でもまあこのぐらいならM14としてアリでしょ。
変なムラもなく塗れました。
下地の処理が良かったのと、手の脂が付かないよう軍手をしていたおかげでしょう。
この辺は普通の塗装と共通だなあと思います。



つか木目の際立ち方がハンパ無いですね〜♪
最初の状態だった時は、この木には木目なんて無いんじゃなかろうかと思ってたのにw



いいな〜♪



ちなみにまだ拭き取ってないので、オイルがテラテラしてます。



このグリップのところの導管が集まってる部分はオイルの吸い込みが良い。
したがって色も必然的に濃くなります。



全体の余分なオイルをボロ布で丹念に拭き取った後、窓際の風通しの良いところに吊るしておきます。
普通の亜麻仁油と比べると結構乾燥は早いみたいです。
いや〜なかなか良い感じになってますよ〜♪



仕上げ直す前の状態。
こんな感じが、あんな感じにね〜w
  


Posted by エコー  at 17:54Comments(8)WE-Tech/ M14