2016年07月10日

驚異的フェイクスチール

今日は参議院選挙、しかも選挙年齢が「18歳以上」に拡大された歴史的選挙の日であった。
自分もお昼に出かけて投票を済まし、その後スーパーで食材を買って、午後はベランダでアイスコーヒーを飲みながらiTunes聴きつつデッキチェアで日焼けを楽しもうと計画していた。
しかし、投票所の入り口で整理券を家に忘れてきたことに気づくというつまずき。
おかげで先にスーパーで買い物をし、帰宅して昼食、再び投票所へ行き、帰ってからベランダに出た。
しかし強かった日差しはもはや薄っすらと雲のフィルターに霞んでしまった。
残念。
しかし梅雨の間の久しぶりの貴重な晴れの日に、「そうだ!ゲッタウェイを太陽光の下で撮ろう!」と思いついた。














太陽光の下でそのまま撮っただけのWA M1911ゲッタウェイなのだが、本当にこのビンテージフィニッシュの素晴らしさが再確認できた。
たとえばある角度で撮った写真では薄っすらと空が反射して見えるような、塗装には無いポリッシュされたブルーイング肌の光沢が美しい。
そして切れそうなぐらい立ったエッジのシャープさ。
このゲッタウェイも購入して既に3年半以上経ったのである。
しかし未だに購入当時の仕上げの状態を維持している。
毎年梅雨の時期にはシリコンオイルをしっとりと引いてやる。
それだけで状態を維持している。
今年もその時期だ。
  


Posted by エコー  at 20:31Comments(2)WA/ M1911 ゲッタウェイ

2016年07月01日

究極のリアルアクション

トイガンてのは何かを突き詰めるには、どこかを犠牲にする。
それは絶対に避けることのできない宿命。
そうじゃなきゃ実銃になっちゃう〜♪


PPSのショットガン、M870は蓄圧式ライブシェルで標準三発まで同時発射可能のエアガン。
リアルなポンプアクションによる装填排莢が楽しめる。
ショットガンの醍醐味を突き詰めた製品だろう。



シェルカートリッジを下からマガジンチューブに詰め込んで、ポンプアクションでチャンバーに装填、同時に排莢ポートから排出。
動きは結構渋くて、勢いよく力一杯ポンプアクションをしないと中で詰まったりするのだが、構成部品が脆くてスグにお釈迦になるということだ。
なので発売と同時に入手しておきながら、ほとんどクローゼットの隅で忘れられた存在に成っている。



BB弾を三発まで内包して同時発射ができる蓄圧式シェルカートリッジ。
ただ三発で撃ってみたら見事にションベン弾だった。
これは面白く無い。
実射性能が犠牲になったが、リアルアクションに関してはショットガンジャンルにおいて究極。
ジャキーンをしたくなったらクローゼットから取り出し、終わったらまたクローゼットの中で長い眠りにつく、そんな感じ。
  


Posted by エコー  at 16:47Comments(2)ショットガン