2009年04月30日

MOEに萌え

WAからM4マグプル・モデルなんてのが出ておりますが・・・。
それに触発されてという訳では有りませんで、WAの発表前から注文していたマグプルMOEグリップがようやく届きました。

色はダークアースでして、WAのサイトではタンということになってます。


同梱物はたったこれだけ。
プラスチックのライフル弾がついてはいるものの、MIADのようなグリップ内に収めるホルダー機能はありませんでした。
あと、底蓋が緩くてカチャカチャ鳴るのが実に安っぽいですが、批判の多いパチモンではなく正真正銘のMAGPULなのでこれが正しいという事でしょうw


デルタCQBRに装着して、これですっかりマグプルカラーで統一されちゃいました。
コツコツとお金かけてココまで来ましたが、今ならWAから直でマグプル・タイプなんでしょうね〜。

ちなみに今日はもう一つ。
最近暖かくなってきたこともあり、外で風を感じる為のアイテムを購入しました。
折りたたみ自転車です。

ドッペルギャンガー製FD15
16インチアルミフレーム、6段変速
重量11.3kg
かなりしっかりした作りで、デザインがとてもスポーティーです。
折りたたみはクイックレバーを操作するだけで、あという間に変形。
なんかM4のQDマウントに通じるものが・・・?
amazon.co.jpで¥17,800-

WAのHPを毎日見てると金銭感覚がおかしくなりますね。
たった2枚ほどの商品画像だけで3万もするガバを購入なんてやっぱりちょっと・・・。
ちなみにドッペルギャンガーのHPは商品画像がてんこもりです。
WAもこれぐらいしてくれませんかね〜。  


Posted by エコー  at 23:00Comments(6)WA/ M4

2009年04月29日

完成

お久しぶりでございます。
以前塗装し直したDEFENDERですが、3週間弱の乾燥期間をおいて本日やっと組み立てました。
キャロムのステンレスシルバーベースのオリジナル塗装だったのですが、なかなか乾燥してくれずいつ触っても何か湿っぽかったのですが、最近ようやく表面がサラッとして来たので踏み切りましたよ。


アルタモントの木グリをつけて、やっと完成です。
トリガーガードの内側は、パーティングラインを削り落とした際の手際の悪さか、デコボコになっていたのも奇麗に瞬着で整形してあります。
(ちなみにデコボコはウチの2丁ともですが、ハイパーさんとこの写真でも確認出来ますね。)


組み立ての際に最も神経をすり減らせたのは、フロントサイトのはめ込みです。
これは横から差し込む際に、スライドの塗装面をえぐってしまう危険性があるのでかなり慎重に行いました。
最初キツいと感じたので、無理せず一度サイト側をペーパーで磨いてから黒塗装。
そしてセラミックグリスを塗布しながら慎重にはめ込みました。


WA標準塗装のとならべて・・・。


自分としてはスライドの銀がかなり良くなって、二つ並べてみても鏡面度が高くなっているのがよく分かるので満足してます。
フレームもゴールド分が強くて反射度が高いですが、つや消しクリアーを吹いても良かったですがこの高級感も捨て難くて止めときました。


塗装が奇麗に出来すぎたので、かえって気軽に扱えない1丁になってしまったような・・・。
またディスプレイ専用です。  


Posted by エコー  at 23:00Comments(6)WA/ DEFENDER

2009年04月17日

装着

こんばんは。
前回フロントサイトの取り外しの際、芋ネジの存在を忘れて引っこ抜こうとして傷めてしまったM4のアウターバレルですが、インディーのブラックパーカーでもって奇麗に塗装し直しました。
それとピン穴の位置が下過ぎたB&F ARMS 41Bタイプフロントサイトは、ガスチューブの穴を紙一枚の薄さまで下に拡張する事で無事留める事が出来ました。

ブルズアイバレルは取り外しが面倒なので、そのままでアウターを塗装してます。

そして待望の組み付け!

フロントサイトが畳めるようになって、視界はかなり良好になりました。

ただ、折角奇麗に塗装したバレルですがサイトを取付ける時にまた傷めてしまい、もうなんていうか・・・骨折り損のくたびれ儲け。
暇になったら、こんどは組み付けたままで塗装しましょうか・・・。
  


Posted by エコー  at 23:00Comments(5)WA/ M4

2009年04月15日

買った!

今日は注文していたものが届きました!
コレ、知る人ぞ知る・・・。


はい、今更ではございますが・・・

可倒式フロントサイトと呼ぶんでしょうか、B&F ARMS 41Bタイプフロントサイトです。
シルエットはM16系のフロントサイトを残しながら、光学サイト使用時は折り畳む事が出来る奴ですね。
もう皆さんご存知!


スチール製で、かなり汚い外観でございます。
錆び防止なのか油まみれで、ティッシュで拭くと真っ黒って・・・ホントに汚いw
あとね、ガスチューブを留めるピン穴の位置が低い、低すぎでおまっせ。


サイトを起こすときはバネの反発で、バチ〜ンといって立ち上がります。
倒すときはどうするのか、少し悩みましたが下の手順でいい感じに倒れました。

斜めのパーツを下に押し込んで、

垂直パーツを後ろに倒す。
この動作にもバネが利いてて、パチンと倒れます。

さあいよいよWAM4に装着という段階で・・・・、やっちゃったよ・・・。
G&Pのアルミサイトを外そうとして、やけにきついな、こんなにきつかったっけ?と思ったら、下から留めてる芋ネジの存在をころっと忘れておりました。
時既に遅し・・・。

あ〜あ、よけいな仕事増やしちゃった。, ・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン.  


Posted by エコー  at 23:00Comments(6)WA/ M4

2009年04月11日

フロントサイト

塗装終了と思ってたら、一つ忘れていました。
フロントサイトの星を。
もとのは白い塗料が奇麗に丸くなってなくて、妙に縦長だったので直すつもりでいたのでした。
ところがこれ、何度やってもうまく出来ません。
タミヤカラーが妙に伸びが悪くてベト付くので、つい力が入りすぎてははみ出す事の繰り返し。

そこで最後の手段に打って出ました。

写真に写ってるのはマスキングゾルなる奇妙な液体。
これを塗って乾かすと、ゴム状のマスキングとなって塗料がはみ出るのを防いでくれるという代物。
くぼみの部分を残して周辺をマスクします。
はみ出さないように星を入れるより、こっちの方が自分は数倍楽です。


で、剥がして完成。
マスクした時に限って、割とはみ出さずに塗れたりするから人生はままならない。  


Posted by エコー  at 20:17Comments(2)WA/ DEFENDER

2009年04月10日

塗装終了

長くかかったDEFENDERの仕上げ直しですが、やっと塗装も全て終了しました。
フレームは前回のでほぼ完成ですが、一番の難関だったスライドのシルバー塗装は思いのほかうまくいきました。

キャロムのステンレスシルバーですが、そのままでは白っぽすぎてガバスライドの重厚感が出ません。
なのでブラックスチールと、Mr.メタルカラーのステンレスをブレンドして、自分としては究極の銀が作れたと思います。

金属パーツ類もステンレスシルバーをベースにブラックスチールと、Mr.メタルカラーのゴールドをブレンドして塗装しました。

最終的にはメッキ並みの強度になるというステンレスシルバーですが、色々ブレンドしてるのでどうでしょうかね。
しばらくは乾燥するまで触らないでおこうと思います。

今日は注文していたグリップが届きました。

アルタモントの木グリです。
メダルが真っ赤に錆びまくっておりましたが、コンパウンドと歯ブラシでピッカピカになりました。
メダルはプラスチックにメッキではなく、ずっしりとした真鍮製(?)のようです。
最後に水洗いしたら、裏のMade in USAのスタンプが落ちちゃいました。
この木グリで、きっと葉巻の似合うタフガイ仕様のDEFENDERになりそうです。
  


Posted by エコー  at 17:07Comments(4)WA/ DEFENDER

2009年04月05日

シャンパンゴールド塗装

いよいよDEFENDERも本塗装に移行したいと思い、まずはフレームのシャンパンゴールドを作ってみました。


キャロムショットのステンレスシルバーをベースに、Mr.メタルカラーのゴールドを加えるのは以前ダストカバーの内側を補修した時と同じですが、今回は全体に塗るという事で、より元の色を再現する為にクリアーイエローも追加しました。
少しずつ様子を見ながら色味を確認し、最終的に矢印で示した色調に落ち着きました。
結構たっぷりです。(Mr.カラー1瓶分)



軽く一塗り後です。
かなり良いあんばいです。
これならスプリングハウジングやマガジンキャッチボタンを塗り直さなくても違和感無く出来るかも。
塗料もたっぷり、後二回は塗れそうなぐらい残ってます。  


Posted by エコー  at 23:00Comments(8)WA/ DEFENDER

2009年04月02日

金属パーツの塗装

仕上げ直しと意気込んで始めたDEFENDERの塗装のその後です。
なんだか随分時間が経っていますが、まだまだ下塗りの段階。
最初は緊張して、やけに肩に力が入っていたエアブラシによる塗装も、このごろはリラックスして楽しくなって来ています。


フレームは三回めの塗りが済んで、だいぶ下塗りとしては良い感じになって来てます。


スライドはまだ二回ですが、刻印が割と奇麗に出て苦労した甲斐がありました。
でもセレーションの谷間に埃がついてしまってるので、もう少し頑張ってみます。

そしてHWパーツの塗装が乾くのを待つ間に、金属パーツにも着手する事にしました。
一旦ヤスリでバリやパーティングラインを消す為に磨いた上で、塗料の食いつきが良くなると小耳に挟んだのでブルーイングしました。

サムセフティがノーマルと買い足したアンビの二種類です。


割り箸に貼付けてキャロムショットのチタニウムシルバーで下塗りしています。
あ、その前にMr.メタルプライマーを塗布してました。
チタニウムシルバーはすっかり下塗り用と化しています。
高い塗料でもったいない気もしますが・・・。
本塗りではステンレスシルバーにブラックスチールをちょびっとブレンドしたら、良い感じに渋い銀にならないかな〜と予定してます。


グリセフの串焼き。  


Posted by エコー  at 23:00Comments(8)WA/ DEFENDER