2009年05月27日

IPA 9日目

塗装剥離のために水抜き剤(IPA)に漬け込んで9日目のV10。


仕事で缶詰めになってた間ずっと放置していましたが、外見上の変化が無いので歯ブラシでこすってみました。
されども塗装は落ちず、試しに爪楊枝の先で引っ掻くと塗装が捲れました。
こんどは真鍮ブラシでこすってみると、表面に筋が入りました。
なかなかWAの塗装は強固です。
塗膜はそれ程厚くはないようですが・・・。  


Posted by エコー  at 23:39Comments(0)WA/ V10

2009年05月20日

IPA 2日目

塗装剥離の為に水抜き剤(IPA)に浸け込んだV10。
2日目の状況は、未だ塗装が強固に張り付いたままです。
若干エッジの部分や刻印の溝部分が黒っぽくなっています。
銀粉が落ちたのでしょうか・・・。
タッパーの底の黒いのは、以前塗装剥離をした目覚まし時計の塗料の名残りです。


今回はバレル周りの分解です。
実はこの辺のバラし方が分からなくて、随分ネットで調べたんですがV10に関しては見つかりませんでした。
色々眺めていじって、結局ワンピースアウターバレルのV10はマズルから爪楊枝を突っ込んで、インナーバレル先端のOリングを引き剥がさないと駄目そうですね。

Oリングを外すと、ワッシャーとスプリングが前に外れ、インナーバレルアッセンブリーを後方に抜く事が出来ます。
これが出来れば、後はマニュアルに載ってます。



あまりここまでバラす事は普段は無いでしょうね。

自分はインナーバレルとアウターバレルを磨いて黒染めしようと思っています。

アウターバレルは結構傷がついてたり、斑状の色抜けみたいのが有るので直します。
ブルーイングの出来次第ではケースハードゥンみたいのも良いかもと思ってます。

で、染めちゃいました。
アウターはG.スミス.Sシャイニーブルー亜鉛用。

インナーバレルはキャロムショットのガンブルーペン。

  


Posted by エコー  at 23:00Comments(4)WA/ V10

2009年05月18日

V10分解

中古で買ったWA V10 ULTRA COMPACT 07
そこに仕上げ直すべきモノがあり、塗装剥離する為の薬剤(IPA)があるとすれば・・・・。
やっぱりドボンせずにはいられませぬわね。

当分見納めになるであろう勇姿。

で、あっという間に・・・バラバラ〜、もう慣れたものです。
DEFENDERのときは怖々と、行程をいちいちデジカメに保存しながら(組み立てるときのため)バラしましたが、もう一気にw


ちなみにこのフレームに刺さってるやつの簡単に抜く方法です。


グリップのネジを取付けて、ラジオペンチを引っ掛けます。
フレームを傷めないよう紙を置いて、テコの原理でゆっくりと・・・。


きゅぽ〜ん!

奇麗に抜けましたw
常識でしたか?


「引き金を引く程度の能力」のですだよさんが、金属パーツをIPAにドボンされていたので、自分はスライドとフレームの方から行ってみたいと思います。
さあ、何日かっかるかな〜♪

ちなみにフレームからシャーシを取り外したら、自分とは違う方法で以前取り外したと見られる痕跡を見つけました。

自分はドライバーを2本使って上方に抜く方法で外しましたが、グリップセフティの方から開いて外したと思われる捲れが有りましたよ〜。

あと余談ですが、私のクレジットカードの番号が海外で勝手に使用されてるという事で連絡がはいりまして、現在クレジットが使えなくなってしまいました。
最後の使用がこのV10購入時の決済でした〜。トホホ。  


Posted by エコー  at 23:00Comments(6)WA/ V10

2009年05月14日

シルバー塗料

中古で購入したWA V10 コンパクトの来たるべき仕上げ直しの為に、現在目覚まし時計が実験台になっております。
ホームセンターで塗装剥離の為のガソリンタンク用水抜き剤(IPA)を購入し、ついでにホイール塗装用スプレーも買ってきました。

オラガバニストで、あじゃさんが下塗りにホルツのホイール用艶黒を使ってるとおっしゃっていたので、それを買おうと思っていたんですが店にはあいにく置いてなくて、なぜかソフト99のシルバーを買ってきました。
ホイール用はたったこれ一品しか置いてない残念な店で・・・。

買うの止めようかとも思ったんですが、もし良い感じのシルバーで本塗装に使えたら・・・という、ふとした期待からつい購入してしまいました。
で、実験的に目覚まし時計をIPAで奇麗に塗装剥離後、ソフト99ホイール用シルバーをエアブラシで吹いてみました。


結果は銀粉粒子が粗くて、砂粒をかけたようなシルバーになるのでイメージと合いませんでした。
かなりうすめ液にリターダーを加えたにもかかわらず、粒子の粗さからか表面もザラザラです。
これでは下塗りにも向かないですよね。
ソフト99ホイールカラー/シルバートイガンにはダメでした。
結論は無駄遣い・・・でした。  


Posted by エコー  at 23:00Comments(8)WA/ V10

2009年05月09日

WA V10

Defenderを手にして以来、すっかりコンパクトガバの魅力にやられてしまった私。
すると今度はSFAの刻印も眩しい、あのV10が今更ながら欲しいな〜と思って再販を密かに望んでたんですが・・・。

手に入れちゃいました。
某中古品販売・買い取りの有名店(?)で¥18,900-で!
中古品を買うのは初めてですが、最近の新品の新品とは思えない仕上げを思うと、最初から中古でもいいんじゃない?と思ってポチッた次第です。
で、翌日には手元に届きました、素晴らしい!

中古だから外観は結構痛んではいるんだろうと予想していたんですが、そうでもありません。
早速チェックをしましたが、表面にそれほど傷などが見当たらないので、前の所有者が部屋撃ちにしか使用してないんだろうなという感じです。
さすがWA製品w
分解して各部を見ても、パーツにそれほど摩耗は無さそうです。
目につくのは仕上げの酷さぐらいでしょうか。


ネットのレビューでよく言われている金属パーツの仕上げの酷さは前もって覚悟していたのですが、それにしてもこれは笑わずにはいられないかも。
グリップセフティが激しくブツブツで、メインスプリングハウジングもデコボコですね。

ハンマーのホールの内側もガタガタな成型です。
この辺りは他の人がレビューしてるのと全く同じですから、製品の仕様という訳ですね。
新品価格でこれに遭遇したら、かなりガックリ来るでしょうね。
そのせいなのか、もともと限定品でありながら中古ショップではまだ数点のV10が並んでいましたw

あとは個体的なものかもしれませんが、アンビセフティが非常に緩くてすぐに外れてきます。

グリップでなんとか脱落は防いでますが、写真のように隙間が開いてプカプカしているので、その影響なのかフレーム後端が開いて来てグリップセフティも横にグラグラします。
これは気分が悪いですね。

そして中古品ならではのレビューになります。

スライドのノッチ部分が若干めくれ上がってるような・・・。
光の反射具合で初めて気づく、わずかな歪み。

はあ、成る程こういう風になるんだね!
これがノッチ対策プレートを仕込んだ際に出来たのか、前のオーナーがスライドストップを利かせる事で成ったのか分かりませんが、各部の摩耗具合を調べてみると、それ程酷使しないうちにこう成るものかもしれない可能性があります。
気をつけよっとw

SFAの眩し過ぎる刻印。 これが欲しくて買ったようなものです。


仕上げ直し前提での中古品購入なので、今のうちにエンブレムの形を拡大して残しておきましょうw


相棒のDefenderとのツーショット。
こうして並べてみると、V10はダストカバーの形状が角張ってるため結構いかつい感じですね。
3ホールトリガーもディフェより前に出ています。
トリガーガードの内側もディフェはラウンドしてますが、V10は平面になってます。
柔らかなディフェと尖ったV10という感じです。


最後はマズル側からツーショット。
やっぱいいですわ♪  


Posted by エコー  at 01:36Comments(6)WA/ V10