スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年11月21日

Kフレは良い

初ジュピターということで前に紹介したM66ですが、グリップを新調しました。


輸入品マーケットさんで3000円で購入したサービスサイズ。
この値段だから購入時は結構傷んでヨレヨレでしたけど、自分のとこで新品風にリフィニッシュしました。
あと、前回の紹介写真ではあまり表現出来てなかったけれど、このM66は全体にヘアライン加工が利いていて、光の当たり具合でそれがハッキリ際立ちます。



左サイドは縦に、右サイドは横向きにヘアラインが入っています。
このヘアラインが入っていることで、メッキがめっきりステンレス調。








あちこちぶつけたような凹みやチェッカーの摩耗、欠け、表面塗装の剥がれなどありましたが、今回は使用感の無いきれいな感じにしてみました。
腐食のメダリオンもニッケルでメッキし直してます。



私の勝手なやり方ですが、まず最初に歯ブラシなどで中性洗剤をつけて丸洗いします。
その後鍋で丸ごと煮ちゃいます。
5分ぐらいグツグツ煮るとグリップから染み付いてた汚れが出てきて、お湯が茶色くなります。
また木の凹みも熱湯で膨張して多少改善するような気がします。



あとはお湯からあげると表面の塗装(ウレタンかラッカークリアーか?)も白っぽくふやけてて、ナイロンたわしで軽くこするだけでペロペロ取れます。
そのまま2〜3日自然乾燥。
表面が乾いてても内部に水分が残ってると、微妙に反ってたりしますが、完全に乾燥すれば元に戻るので放置。
灰汁抜きされたグリップの木の匂いはものすごく良い匂いなので楽しめますw
乾燥したらサンドペーパーで表面を整え、チェッカーを立て直し、オイルフィニッシュにします。
チェッカーの立て直しは専用のツールなどではなく、三角棒ヤスリですがw



M19とツーショット。
黒いM19には明るい色のグリップ、ステンレスのM66にはワトコオイルのマホガニーで赤く仕上げたグリップにしてみました。



チェッカーはM19の新品状態のグリップより、仕上げ直したM66のほうが奇麗ですえw
あとワトコオイルで仕上げた後、さらにワトコワックスというものを塗布してます。
これはロウを溶かしたオイルで、表面をコーティングして水濡れや汚れを防ぎます。



我が家のKフレ三銃士。
それぞれにグリップの色を合わせています。  


Posted by エコー  at 15:24Comments(4)タナカ/ S&W M66

2013年09月06日

初ジュピター

久しぶりに購入したタナカのM60バージョン2のメッキ仕上げの良さに気を良くして、その後M442ニッケル、そしてついに初ジュピター購入とタナカづいてるわたくし。


それがこれ、S&W M66 2.5inch ステンレスジュピターです。
グリップはタナカ純正ファイティンググリップ(別売り品)、濃い色合いがシルバーにちょうどいい感じに似合ってますよね。
握り心地は自分には合わないですが、見た目がかっこいい。



初めてのジュピターフィニッシュ、すなわちHW樹脂のメッキモデルですが、重さは抜きにしても見た目にすごい金属感が有ります。
持てばさらにずっしり来て、本当にステンレスのような錯覚を覚えそうです。





メッキ全体にヘアラインが効かせてあって、ちょっとポリッシュし過ぎで下地の銅がうっすら見えてんじゃないの?って第一印象も有りましたが、このヘアラインがステンレスっぽさを増強してます。



下地研磨でエッジがメルト気味なのがまたかえって良い味です。
HWってユーザーには少しもありがたくない刻印が邪魔です。
これはやめて欲しいかも。



ABSメッキと比べると、表面がざらついています。
それをごまかすためのへアライン?
で、Kフレームぐらいの大きさになるとHWの恩恵が強くなってきますね。
持つとずしっと来て、フロントヘビーなバランスがとても良い。


さて、ここまで書いて手放しでマンセーってわけじゃありませんで


HWへのメッキということに若干懐疑的ではいましたが、やはりABSなどとは違って、その品質には問題があるようです。
矢印のところに見えるのはメッキの浮きとか膨れとかいうやつで、下地である樹脂素材とメッキ層の間にガスがたまって水ぶくれのように膨らんでいる状態です。
この程度のものは覚悟してましたが・・・



これは写真を撮りながら改めて発見したものですが、かなり大きなふくらみが出来てます。
指で触るとアルミ箔がぷかぷかしてるみたいですぐにでも破れそう。



そしたらここにも!
判りますかね、三角形型にかなり大きな膨れがあって、これもぷかぷかして今にもベロッと剥けそうです。
これら三カ所は普段は外から見えない部分だけに、どのモデルもパーティングラインやバリなどの処理が雑な場所です。
だからこそHWメッキでも問題が集中しそうな部位でしょうね。



ですが実は他にもありまして、これは目立つ場所で、手に取ってすぐに気づきました。
トリガーガードの付け根のところに帯状の大きい膨れがありまして、目に付くだけに気になってプカプカしてるのをいじってたら、あるとき横一線に切れ目が入りました。
しょうがないのでその切れ目を少し広げて瞬間協力接着剤を流し込んで密着させました。



それによってプカプカしたのは解消しました。
瞬着がはみ出たのはアセトンで拭き取って、広げた切れ目から見える黒い下地を隠すために銀塗料を筆塗りしました。
なんか熔接の痕みたいにも見えなくもない感じで、自分じゃもう気にならないですが、普通の人はきっとこんなの嫌でしょうねw
他の部位もめくれたら瞬着で同じように対処するしかないですが、個人的にジュピターは高い割に品質には首を傾げるところです。
購入予定の方は解って購入するか、今回のように下地の処理が甘いだろう箇所をチェックポイントにしてお店で粘ってみたら良いかと。  


Posted by エコー  at 20:09Comments(2)タナカ/ S&W M66