2017年03月18日

バレルエクステンションの問題


うちにはWA系ガスブロM4が3丁あるのだが、そのうちの2丁はキングアームズ製メタルフレームで、1丁はWOK組み立てキットのG&Pフレームだ。
同じWA互換のメタルフレームでありながらこの2社の製品には決定的に違うところがある。
それがバレルエクステンションというパーツ。
WA純正やG&Pフレームはバレルエクステンションというパーツが別パーツで、アッパーフレームに差し込んで取り付けるのだが、キングアームズは独特で、これが元からアッパーフレームと一体で成型されている。



これがキングアームズのメタルフレーム。



そしてこれがG&Pフレーム。
WAM4カスタムメタルフレームは本体発売初期の頃より色々なところから製品化された。
そのうちの安価でありながら割と高品位な位置付けでG&Pとキングアームズの製品があった。
ポン付けで組めるという精度において高品位、としておこう。
ところが最近この二種類のフレームの違いが集弾性に影響しているという疑念が湧いてくる出来事があった。

ノーベルのショートスコープを購入して以来、お座敷10mで精密射撃を楽しんでいたが、G&Pの方は割と着弾がまとまっているのだが、キングアームズの方の2丁は明らかに着弾が散る。
思わず声が出るくらいおかしな弾道を描く弾が度々発射される。
そうこうしてるうちにキングアームズフレームの片方の1丁のバレルガイドが砕けるということが。
3丁ともバレルガイドは時期こそ違えメタル化していたのだが、それが割れてしまった。
そのことがきっかけでよく調べてみると、キングアームズフレームのM4から発射したBB弾には、表面にG&Pフレームの方には無い深い裂傷がつくことがわかった。
そのせいで弾道が荒れるのではないかと。



BB弾に裂傷をつける原因はこうして眺めてみると大体あそこかなと想像がつく。



それを検証するためにこのようなものを作る。
ストローの先っぽにBB弾を押し込んで保持する。




そしてストローの先のBB弾でチャンバーへのランプ部をなぞってみると、やはりバレルガイドの入り口のところで段差に突き当たる感じが伝わってくる。



ちなみに別パーツとなってるG&PやWAのバレルエクステンションの場合はスムーズに弾が滑り、突き当たる段差はそれほど感じない。
それもそのはずで、組み込み時はいつもこのバレルエクステンションに合わせてバレルガイドの入り口を研磨して擦り合わせてある。



それでわかったのは、キングアームズのランプ部はG&PやWAのバレルエクステンションと比べると矢印の間隔が目視だけではわからないぐらい、微妙に広いようだということ。
そのせいでBB弾がより深く溝に入り込むため、バレルガイドの入り口に突き当たって弾を傷つけ、ついにはバレルガイドを砕いてしまったのではないだろうか?



よってバレルガイドの方をさらに削り込んで、あらためてキングアームズフレームにフィッティングすることにした。
突き当たりをなるべく小さくするためにかなり削り込む必要があった。
ストローのBB弾で何度も段差を確認しながら、妥協点を探る。
というのも、ランプの溝の深さは想像以上で、完全に段差を無くすのはパーツの耐久性と引き換えになるほど削らないと無理だと感じたからだ。
できることなら一体型のバレルエクステンションを削り飛ばして、G&Pのものを取り付けたいほどだ。
素人にはそこまでの大掛かりな加工は無理だから仕方がない。






大体こんな感じに仕上がった。
一応マガジンからBB弾をチャンバーに送るテストをして、BB弾の表面状態をチェックしたが、以前の裂傷は無くなって、若干点状の打ち傷のようなレベルにまでは改善できた。
もう少し暖かくなったら実射テストをしてみよう。  


Posted by エコー  at 10:18Comments(3)WA/ M4