スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年02月28日

パイソンの不具合

来月タナカからコルトパイソンR-modelのニッケルフィニッシュが発売されるらしい。
そんな良い知らせを耳にしたので、久しぶりに所有しているコクサイ金属モデルガンのパイソンを手に取ってみた。
自分のパイソンは完全に観賞用であり、ドライファイアはおろか、ほとんど作動させておらず新品同様の状態である。
そのため、まさか作動に不具合などがあったことも知らず・・・。




不具合というのは、シングルアクションでハンマーを起こそうとした時、あるいはダブルアクションでトリガーを引こうとした時にボルト(シリンダーストップ)が十分に下がり切らずにシリンダーがロックされて、ハンマーもトリガーも動かない状態になることだ。
パーツの変形や磨耗というものは考えられない(ほとんど作動させたことが無いので)のだが、あるいはスプリングのテンションが掛かっていることで保管してるだけでも変形なんてことはあるのだろうかと心配になった。



しかしよく観察してみると、ハンマーを起こし始めたら同時にボルトの突起は下降し始め、その連携に不安は感じられない。
シリンダーが回転し始める時にまだ突起の先端が、わずかにシリンダーのノッチに絡んでいる感じである。
ボルトの突起を少し削れば問題は解消しそうに見える。
矢印の突起の側面に白い線状の跡が付いている。
これより上の部分がシリンダーをストップさせるのに必要な部分になるのだが、ほんのわずかの長さしか無い。
新品同様なのでエッジも舐めてないし、それゆえに慣らしが不十分と言ってしまえばいいだけの問題かもしれない。
変に削ってシリンダーが空転するようになっては困るし、そもそもシリンダーの円周が真円で中心が取れているのかも怪しい。
(問題なく作動する時もある)

結局鑑賞用(ディスプレイ用)ということで今後も作動させるつもりは無いので、そのままにしておくことにした。


しかし今度のタナカのニッケルパイソンはこんな感じだろうか?
Photoshopで金属パイソンの黄色を飛ばしてみる。  


Posted by エコー  at 17:11Comments(2)モデルガン

2016年01月14日

グリップ加工の3

昨年から年をまたいで加工していたオリジナルグリップがついに完成。




自分の手に合わせたフィンガーグルーブ。
仕上げはニス塗り。(これが一番時間がかかった)









元の形状よりスケールダウンしたが、スナブノーズにはバランスの良い感じになった気がする。





銃本体のHWをブルーイングしたくなってくるぐらいの出来栄えだな。  


Posted by エコー  at 14:26Comments(4)モデルガン

2015年12月07日

グリップ加工の2


自分の手に合うようフィンガーグルーブの調整を始めた木グリ。
大体の形状が定まった。
元の形状から比べると結構コンパクトに、スリムになった。
とはいえ、もう元の形状がどうだったかは写真などで確かめるしか無いが。



握って確認しては彫刻刀で削って調整を繰り返し、かなり良い感じになった。
それも元のグリップと握り比べることはもはやできない(もう一組購入しないと)。



それにしても本当に硬い木だった。
ソノキリンとかソノケリンとかいう木らしいが、紫檀とかローズウッドとも呼ぶらしい。
この先はサンドペーパーで綺麗に磨き上げて、ウレタン仕上げの予定。



グローブ越しに握ると、素手よりもワンクッション利いてさらにフィット感がある。
ポリグリップした入れ歯のような感じだろうか?
知らないけど。
自分の手に合わせた、ということが特別なのだ。  


Posted by エコー  at 13:12Comments(2)モデルガン

2015年12月03日

グリップ加工


タナカのKフレーム用ファイティンググリップ。
以前購入したが、手に馴染まず放置していた。
いつか気が向いたら自分の手にフィットするようにフィンガーグルーブの調整をしようと思っていた。
もともと自分の手のサイズには大きすぎた。



自分の握ったときの指の位置をホワイトでマーキングして、それに合わせて彫刻刀で彫る。
どんな形になるのか、失敗したら最悪捨てる覚悟である。
それにしてもこの木、想像していたよりも硬い。
少しずつちょっとずつ彫り進めていくが、早くも手にマメが出来そうだ。
指が痛くなったらすぐにその日はおしまいにしよう。



裏から見て、白い部分が無くなるまで彫るのだが、かなり溝の位置が移動することになる。



薬指がかかる溝も結構大変だったけど、一番大変なのは小指の溝。
一番盛り上がってるところが一番凹むまで削らないとならない。
つまり一番握りにくかったのがこの部分で、小指が出っ張りのところにかかる形だったのだ。



で、なんとか彫った。
指が回復するのを待って翌日に。
フィンガーグルーブが全体的に上に移動した分、間延びしたようなシルエットになるので、最終的には下部先端を切り詰めるつもりだ。
しかしこの木、芯まで黒いとは。



矢印の部分が欠けてしまった。
これでは両サイドを合わせた時に隙間が空いてしまう。
あとで削り粉と瞬着で盛って補修しよう。



二枚を重ねると、これだけ指の置き位地が移動し、出っ張りの部分が引っ込んだ。
凶暴な凹凸がマイルドになって、少し細身にもなった。



反対側にもマーキングする。



このような感じに。



表側も同じように。
リボルバーのこの手のグリップはどれも自分の手にフィットしたことが無いが、もし自分の握りにぴったりフィットしたらどれだけ気持ちがいいのか。
きっと手放せなくなるような気がする。
うまく完成することを期待しつつのんびりと、今年いっぱいはこの作業を楽しもう。  


Posted by エコー  at 11:35Comments(0)モデルガン

2015年03月14日

M84キットモデル

マルシン製PIERCE BULLET M84キットモデルを組みました。


前回組んだコンバットコマンダーと比べると、HWパーツの成型がしっかりしていてシャーシが金属製でもあり、強度も高そう。
予想以上に小型なモデルでしたが、その中に機能が凝縮されていて精密機械のような印象です。
その分組み立てが複雑で、説明書を見ながら作っても組み違えがあったり、スプリングが一本余って困惑したりと難儀しましたw



まだ仮組なのですぐバラします。
なので一切オイル等を塗布していませんが、トリガーバーとハンマーのリンクが悪くて、ハンマーをコックするとトリガーバーのリンクが外れてハンマーのサイドに乗り上げてしまいます。
その原因は右のセフティレバーのガタつきにありそうですが、オイルアップで改善するのか怪しいところ。
全体的にコマンダーのようにポン組みとはいきませんで、結構フレームを削らないとシャーシがちゃんとフィットしなかったり、ピン穴を拡張しないとピンが刺さらなかったりしたので、キットを組むにはリューターがあったほうが良いでしょう。
複雑な構造だけに、キチンと作動させるにはかなり上級者レベルのすり合わせが必要そうです。

ちなみに前回のコマンダー、2度目の発火実験ではカートリッジの装填排出関係はバッチリ改善され、ジャムがほとんど無くなりました。
ただし装填時暴発の現象は収まらず、見事にフルオートとなってしまいました。
これは本体の問題じゃなく、カートリッジに原因があるのだと思います。
装填時の勢いでカートリッジ内のプライマーがスリップして前進し、発火させるようです。
新しいからOリングが硬いのか、寒いせいなのか、とにかくスリップしやすいみたいです。
またスライド側のファイアリングピンの先端が少し出ていることも影響してるかもしれません。


<追加画像>







ハンマーとトリガーバー

トリガーバーの乗り上げでエッジが舐めたハンマーと、トリガースプリングによって軸が削れたトリガーバー。
作動チェックだけでこれほど磨耗する亜鉛パーツ、弱すぎじゃないですか??  


Posted by エコー  at 19:50Comments(12)モデルガン

2015年03月08日

発火するぞ〜♪

完成したマルシン/コンバットコマンダー組み立てキットモデルをいよいよ発火するぞぉ〜w
それは日曜日の正午過ぎの事。


昔、買ったけど一度も使わず保管してあったキャップ火薬なり。
箱の中の紙にはH18. 12とスタンプされている。
え〜今年は平成27年・・・て、オイ、これ大丈夫か??



一応大量の乾燥剤と一緒にジップロックを二重にして密封してあったんです。



さあ準備するぞ〜準備するぞ〜。
とりあえず装弾数7発分のキャップ火薬を。



カートリッジに込める。
ワクワクするね。
事前にカートリッジ内部やOリングにはシリコンオイルも吹き付けておいたよ。



さあ準備はできた。
カートリッジのねじ込むところがキツくて最後まで回りきらない物もあったけど、発火に影響しないかな?
準備の間、肝心の本体はというと、新聞紙で包んでこたつの中で温めています。
冷たいままよりは破損防止になるそうですよー^^

          :
          :
          :

発火したぞ発火したぞぉ〜!!
発火中の写真は撮れないので、文章で説明。
まず、火薬は乾燥剤のおかげか結構大丈夫だった。
ていうか、どエライ音がしたし、火花出たし、真鍮の重たいカートが横にすっ飛んで行きました。
ネットの動画などではショボい音しかしてないから、そのはずだと思っていたので目が点になりました。

しかし、問題はかなりありました。
まずチャンバーへの弾送りが悪く、ほとんどカートリッジがエジェクションポートに挟まってしまいます。
我が人生、最初の一発目はなんと暴発でした!
スライドを引いて装填しようとしたら途中で閉鎖不良だったので、指でスライドの後ろをぐいっと押し込んだらガチンと閉鎖した途端にハンマー落ちてもいないのに発火!
発火したカートは排出されずにチャンバー内に残っていたので、発火の衝撃はスライドを押し込んだ指が全部受け止めたようでビリビリ痺れておりました。
「こ、怖え〜、なんだこれは!!」
自分で組み上げた銃に裏切られたような不信と恐怖。

その後、気を取り直して何度か装填やっても、ほとんどカートリッジを噛んでしまい、暴発が怖いのでその都度マガジンを抜いて込めなおしました。
原因はマッドポリスさんのところに詳しく解説されているように、スライドストップにあるようです。


スライドストップが次弾の弾上がりを阻害する。



本来ここまでカートが上がってくるべきなのに、



スライドストップの突起に引っかかって上がりきらないため、上のカートのお尻が落ち込んでスライドに挟まる。



なので削って調整しましたよ〜。
(全部終了した後で)
やり直してるうちに何回かはうまくチャンバーに収まって、撃ったら排莢はほぼ完璧でした。
7発中、1発>暴発
    4発>成功
    2発>不発
という感じでした。
不発というのはハンマーが叩いてもうんともすんとも言わず、結局そのまま取り出したものです。


さて発火後のチェック!

バレル内部は煤けて白くなってますね〜。
匂いを嗅ぐと憧れの硝煙の香り〜♪(玉ねぎの腐ったような匂い)



ブリーチヘッドが多少傷んだが割れなどは無いよう。



カートリッジ内部は火薬カスが残ってます。



驚いたのは全弾発火済みだったこと。
2発は不発だったはず。
マガジンの最後の2発はハンマーが落ちても何も起きませんでした。
これはどういうことか?
もしかして発火の衝撃でマガジン内でも発火してしまったとか?
最初の暴発のこともあるので、もしかしたら・・・。
だとしたらずいぶん敏感な火薬ですね。
カートリッジ内にシリコンオイルを吹いていたので、プライマーが滑って発火させたのでしょうか?



音波振動でカートリッジの洗浄。



バレルも洗浄。



そうそう、マガジンも忘れずに。



とにかく発火してみての感想は、やっぱり音、ブローバックの衝撃はガスブロとは比べ物にならないほど強烈だった。
生まれて初めてガスブロのハンドガンを撃った時の感想は、やはり「おっかね〜、なんだこりゃ」って感じでしたが、その時の衝撃が蘇りました。
ま、一発目が暴発だったこともありますけどねw
一回目の発火実験はイマイチでしたが、スライドストップの調整をして弾送りが改善しました。
次はかなり調子良くいく気がします。
  


Posted by エコー  at 23:58Comments(10)モデルガン

2015年03月06日

キットを組むの9

マルシンのモデルガン組立てキット/コンバットコマンダーを組む、その9です。


前回スライド及びフレームの仕上げが終わったところで、今回は金属パーツの仕上げ直し。



この長すぎなグリップセフティをカットして形状修正を行います。
金属パーツをノコで切断するという気の重い作業。



で、切断。
刃先が滑って余計なところに傷をつけてしまった。



先端を丸めて、だいたいこんな感じだろうか?
まだちょっと太いか?



そしてブルーイング。
今回は手塗りでの染めでした。



そして、完成〜!
写真は昼間の自然光のみでの撮影。
以前ブルーイングの回でも載せたように、自然光の下では黒っぽい外観です。





キット付属の発火カート5発だけでは物足りないので、一箱買い足しました。



こだわって形状修正したハンマーからグリップセフティに続く流れるようなライン。
HWパーツと金属パーツの違いがわかりませんね〜。
ちなみにプランジャーチューブだけブルースチールで塗装しています。



修正した馬の刻印もバッチリです。







写真で見るとかなり男臭いコマンダーで、渋いっす。
実際に見るより惚れ惚れとします。
実際だともっと光沢感があって、ギラギラしています。



MFG. MARUSHINの刻印はうっすらと見えます。
ほとんど気になりませんけど。



バレルは発火を考えて無塗装にしています。
というか、材質がよくわからないので塗装できるのかも不明なんですが、パーティングラインの処理をするのもえらい大変なぐらい硬い樹脂です。
ペーパーがけをした跡がコンパウンドで磨いても消せないぐらい難儀な素材でした。
研磨痕は樹脂特有の白っぽく曇ったヘアラインになってしまうので、シリコンオイルをしっぽり利かせてごまかしています。





ファイアリングピンだけプラ丸出しなのが残念です。
他は全部金属なのに・・・(嘘



モデルガンのお約束のアングル。


今回昼間の自然光で撮った写真をメインにしたのは正解でした。
実にかっこいい渋い、男の銃に見えますね。
実はこれが完成したのは昨日の夜でして、昼白色の蛍光灯の下でみたコイツが実におもちゃっぽく見えて、正直がっかりな出来栄えだったもので、こんなものに1か月以上シコシコ時間をつぎ込んだのかと落胆したのでした。
でも、今日の昼間に見た姿は違いましたねw

ちなみに夜のコマンダーは以下に。



なんかかなり安っぽいおもちゃ風になってしまった・・・。  


Posted by エコー  at 23:14Comments(8)モデルガン

2015年02月28日

キットを組むの8

マルシンのモデルガン組立てキット/コンバットコマンダーを組む、その8です。


前回フレームのブルーイングが終わったので、今回はスライドの方に移ります。



とりあえず真鍮角線でノッチ補強を行いまして・・・。



この目の入っていないランパント刻印を直します。



実銃の写真から抽出してプリントアウトした刻印を元に、細部の修正を加えました。
あと全体の追い掘り。



あとはフレームの時と同じように、表面に金属光沢が出るまで磨きます。
先にR部分から磨いて、最後にサイドの平面部をやってエッジを利かせるわけですが、難しいのは前後サイトが一体成型で飛び出してるため
その周辺を磨くことです。
ちょっと油断すると矢印の部分のように、取り返しのつかないミスをしてしまいます。



こっちの矢印部分は、リアサイトを避けるようにR部分を磨いてたら油断して手元が狂って、角のところを斜めに削りすぎてエッジのラインが曲がってしまいました。
塗装するなら瞬着盛って直せるけど、ブルーイングでは直しようがないので、ある程度ごまかせれば誤魔化すという感じです。
ちなみにリアサイトは形状が複雑なのでサンドペーパーよりデザインナイフで表面を削ります。
サンドペーパーでは形状が丸まってしまいそうなので。
こういう所こそエッジを効かせないと金属感が出ません。



エジェクションポートの内側も。



セレーションも。



HWを研磨してると、時々矢印の部分みたいに、大きめの金属粒子の塊が現れます。
これドブ漬けでブルーイングすると大体焦げたようになって剥がれ落ちて穴があいたみたいになります。



さて、全体が銀色っぽくなって、ドブ漬け前の下準備が整いました。



非常に残念だったのは矢印の辺りに成型のムラがあって、いくら表面を磨いても消しようがない跡があることです。



ブルーイング作業はフレームの時と同じ工程ですので省略。
青く光沢のある段階まで来たところです。



全体が青く染まったのに、一部だけどうもムラが出てしまいます。





なかなか消えてくれないので何回も何回もドブ漬けを繰り返して、10ラウンドはやったでしょうか。
おかげで随分表面が荒れて、ブツブツまみれになりました。



なんとかムラが目立たなくなって、ブツブツはヘアラインを効かせることで見えにくくしたところで終了としました。
しかし長くドブ漬けを繰り返したことで、フレームとは違う色合いになってしまいました。



こんな感じ。



青くなった状態からさらにドブ漬けを繰り返すと、銀色になってしまうんですねぇ。
完全にツートーン状態・・・。
これじゃコンバットコマンダーじゃなくて、アルミ合金フレームのただのコマンダーみたいですね。
まあ、もう、これはこれで面白いからいいかって感じですw
ちなみに表面をシリコンオイルで拭き上げてあるので、若干濡れたようになってます。  


Posted by エコー  at 23:09Comments(6)モデルガン

2015年02月26日

キットを組むの7

マルシンのモデルガン組立てキット/コンバットコマンダーを組む、その7です。

前回、屑鉄のようなサビまみれになったフレームをブルーイング液にドボン。
5ラウンドめのドブ漬けに突入しました。

5回目にしてこれまでと違った反応が現れました。



ブルーイング液から出して水洗い、乾燥後に撮影した写真です。
これまでのような煤やサビがほとんど出なくなりました。



そして青く染まった部分が広がった感じです。



シャイネックスで磨くとこんなに綺麗になりました。



かなり綺麗です。
前回の屑鉄のような激しい反応をピークに、急に収束に転じた感じ。



そして第6ラウンドへ。
茶色かった部分が青く変わっていきます。
そしてやはり煤がもう出ないです。





かなり全体が青くなりました。
もう少しって感じですね。





単調になってきたので場所を変えて、自然光の中で撮影してみました。
蛍光灯の下では青かったけど、自然光の下では結構黒い。



そして第7ラウンド。
もう全体が強く青々としています。



液から出して水洗いした直後。
水も滴る良い男前になりました。



これでほとんどブルーイングは完了だと思うので、終了することにしました。
全体がほぼ青くなったのと、表面に部分的に点状に焦げたような、穴が開いたような部分が現れ始めたので
これ以上のドブ漬けは危険と判断しました。
金属パーツでもドブ漬けを長時間続けると、表面が荒れてブツブツ穴が開くことがあるので。



最後はシャイネックスではなく、マイクロファイバークロスで表面を磨きました。



ピカピカになったところでGUN誌のブルーな1911の表紙に重ねてみました。
まさかHWがこんなに金属的になるとはね。
実際のところ信じてなかったw
初めてにしては、まるで予定調和みたいな結末になりました。

初期段階はガンメタルで均一な染まり方、でも光沢はそれほどじゃない。
その後は焼けたようなまだらな色とサビが浮いた感じ。光沢が強まる。
反応のピークを過ぎると一気にブルーになり、ドブ漬けしてもあまり反応しなくなる。

このような流れでしたね。
どの段階でも面白いと思いました。
次にトライするときは、どの段階で止めるか、狙ったイメージの反応になったところを見極められそうです。



最後はシリコンオイルで拭き上げて完了。  


Posted by エコー  at 00:03Comments(6)モデルガン

2015年02月22日

キットを組むの6

マルシンのモデルガン組立てキット/コンバットコマンダーを組む、その6です。


前回2度のブルーイング液へのドブ漬けで、ガンメタルの素敵なフレームになりました。



そして3ラウンドめの染めに進んだフレーム。



なんと今回は今までと違ったワイルドな反応を見せました。
均一なガンメタルだったのが青っぽい部分や黄色っぽい部分にまだらになって、茶色いサビのようなものも出来てます。



正直こんな反応は予想してなかったのですが、このなんとも言えないワイルドな染め具合に萌えまくりです。
コンバットコマンダー、コンバットビンテージフィニッシュみたいな、塗装じゃ絶対再現できないわコレ!



思わずグリップ載せて撮影してみた。
うわ〜渋いな〜。
ここで完成と言いたい気持ちでグラグラ揺れましたわ。
しかし最初から狙っていたわけでなく、偶然面白い感じになったのを完成とするのは邪道な気がします。



そんなわけで、またシャイネックスで表面を磨いて、第4ラウンドへ行く決心をしました。
磨くと若干むらが残りつつも綺麗な肌になります。
まだ染まる余地がある、と思えるうちはドブ漬けを続けようと思います。



ところでフレームに残った変な模様のムラが気になったんですが、よく見たらゴム手袋の滑り止め加工が移ってしまったようです。
この時点で気付いてから、ゴム手袋で表面を直接つかまないよう気をつけたんですが、結局このムラは最後まで消えず。
ちゃんと中性洗剤で洗ったのに、ゴム手袋からなんか出ていたのでしょうかね〜。
新品だったのが仇になったのか?



さて第4ラウンドです。
今回のドブ漬けで「あれ? なんか全体が青くなってね?」
アルミブラック以外ではブルーになりませんと言い切っていた、あのサイトのセリフは何処へやら??
シャイニーブルー亜鉛用でも青くなりそうだぞ、という期待が高まってきました。
本当は青いコマンダーなんて嫌なんだけど、青く染まったHWは見たい。


だが・・・


4回目のドブ漬けは前回にも増して過激な反応を見せ、その染め肌はワイルドを通り過ぎてもはや屑鉄感・・・!



なんだこれ〜!
きったね〜。
なんか土の中から掘り出したみたいなサビサビ・・・そういうの実践してる人が以前いましたね・・・。
面白いっちゃ面白いけど、こうなってくると綺麗なガンメタルだった頃が急に惜しまれる><;



きったね〜w



もろサビですね。



綺麗な部分は玉虫色。



刻印の辺り。



HW粉で埋めたところ。
金属粒子がほんのちょっと混じってる。



気を取り直してシャイネックスで磨く。
上半分を磨いたところ。
まさに鉄の表面のサビを落としてる雰囲気。



磨き終わってもサビの跡が残った感じまでもが鉄っぽい。



反対側も結構綺麗にはなった。



そして飽きもせず第5ラウンドへ突入。
最初からずっと変わらず、磨き>ドブ漬け>水洗い>乾燥>磨き>ドブ漬け>水洗い>・・・
これだけの繰り返しです。

この先一体どうなるのか??
続く・・・。  


Posted by エコー  at 22:41Comments(10)モデルガン