スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年09月23日

HWウェザリング


タナカワークス製 コルトディテクティブ HWモデル
最近ずっとハマってるのはタナカのペガサスなんだけど、コルトに初めて手を出してみました。
メッキものばかりだったけど、ジュピターのメッキ浮きを目の当たりにして、普通のHWに逃げてみたりして。



箱だしだと真っ黒つや消しですが、古いモデルっぽくウェザリングしてみたら似合うですね〜。
単純にシャイネックスで表面をこすっただけですが、予想外なぐらい金属光沢が出てきてびっくり。
タナカのHWは金属粒子が細かいですね。
樹脂とは思えない研磨感。









金属パーツとの色の違いは箱出しの時より強くなってしまった・・・。
ま、明るいところだと目立つけど、室内だとあまり感じない。



トリガーガードの内側のパーティングラインの消し痕を奇麗にしつつ・・・気づいたらすっかり銀色になってしまった。
基本的に磨きっぱなしでブルーイングはしないので、このままにしました。
磨き+シリコンオイル仕上げです。



ハンマーの側面を銀色にサイドポリッシュしようかどうか最後まで迷ったけど結局黒にしました。
実銃の写真を漁ると銀色の方が多いんですが、たまに黒いものもあったりで、結局最後は自分の好みで真っ黒。



「鉄」って感じ♪
ま、ちょっと平面部にヒケが目立っちゃったけど。



たった一日でバラして研磨して組み直すという、いままでの仕上げ直しで最短の仕事でした。









完成後、こいつを握りしめながら見た最初の映画は「L.A.コンフィデンシャル」。  


Posted by エコー  at 15:25Comments(6)タナカ/ COLT DETECTIVE