スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年11月12日

2.5inch


タナカのペガサスM19、2.5inchモデルHWです。
Jフレームのチーフなら2inchのバランスとシルエットが好きですが、一回り大きなKフレだと2.5inchがちょうどいい。
以前ステンレスジュピターのM66を購入して気に入ったので、黒HWの本機も買ってしまいました。
偶然入手した木グリの薄い色合いが黒いフレームに似合うと思ったからでもあります。




HWモデルはステンレスジュピターと比べると面やエッジがカッチリしています。









なんか良いです。
リボルバーの無骨感、塊感、そしてペガサスの金属製シリンダーの重量感。



最初に箱から出した時に、矢印の部分を見て「うおっ、フレームにクラックが逝ってる??」と焦ったのですが・・・・。
よく見たら両側に入ってて、パーティングラインだと判明しました。
そういえば同じKフレームでラウンドバットのM13FBIって、このラインで角を絞ってあるんですよね。
M13と金型を共有しているのでしょうか。
アウターバレルを突っ込んだ時にフレームが割れたのかとマジでビビりました。
M66では処理されてて無かったラインだったので。



ガスタンクでもあるシリンダーは一度チャージするとなかなか空にならない。
ガス燃費が良すぎです。



S&W純正グリップ。
ほとんど新品、使用感なし。
この色明るくて好きです。  


Posted by エコー  at 23:30Comments(4)タナカ/ S&W M19