スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年12月27日

ガス漏れ修理

VFC製GBBのMP5を久しぶりに動作チェックした。
ずっと前、最後にいじった時はセミフルどっちかでおかしな動作をしてて、暇な時に治そうと思って放置していた。
そのうち、治そうと思ってた問題があったのは覚えていたが、それがどんな症状だったか忘れてしまった。(歳のせいか)
それで今回動作チェックをしてみたのだが、結局おかしな動作が再現できず、正常に作動した。
まさか修理していたことまで記憶から抜け落ちていたのではあるまいな・・・おーこわ。


それより今回はマガジンのガス漏れがひどいことになっていたので修理をすることにした。
実はマガジンは2本あるが、両方ともガス漏れしていた。
片方はマガジンを温めてやることで縮こまって硬くなってたパッキンが緩んだのか治まった。
今回修理する方は漏れ方が半端じゃ無い、ほとんど噴射レベルで抜けてしまうやつだ。



修理に際してタンク部をスチールの外装から抜かなければならないのだが、これが非常に苦労した。
ピン一本を抜いて、あとはリップの方からプラハンでコツコツ叩いて押し出せば抜けるものと思っていたが、いくら叩いてもビクともしない。
そのうちリップが折れてしまうのでは無いかというぐらいの力で叩いても抜けなかった。
ネットで調べるとどうやらタンクのベースを留めているロールピンの頭が若干飛び出てて、外装の内側の突起に引っかかって抜け止めになっているらしい。



なのでマイナスドライバーを突っ込んで外装を広げて隙間を開けてやらないとだめだった。
これで今までの苦労が嘘のようにあっさりと抜くことができた。
正直言うと途中で諦めて捨てようかと思ったぐらいだが、捨てるぐらいならぶっ壊す覚悟でとことん叩きだしてやるとまで追い詰められた。
ドライバーでこじ開けて広がった外装は、プライヤーで挟めば元どおりに出来たので問題なかったが、マガジンベースの方は傷がつくのは諦めるしか無いようだ。



これがいいのか悪いのか、ロールピンのはみ出た部分をヤスリで削り取った。
一応外装とタンクはピン1本で留めてあるし、低圧のフロンガスで外装からタンクがずり落ちることもないだろうと。



ガス漏れ修理のついでに痛んでいたガスルートパッキンも交換することにした。
このパッキンも押さえパーツが変な感じの取り付け方をする設計になっていて、着脱に説明しがたい面倒くささがあった。



ガス漏れの方はマガジンベースパッキンが一部切れてたりしていたので、シリコンシーラントで完全に封印とし、注入バルブはOリングごとネジ部をシールテープで包んで締めた。
シリコンシーラントの方は塞いでしまうと中でどうなっているのかわからないのだが、マガジンを振って遠心力をかけたり、一瞬だけガスを入れてすぐ抜いたりして隙間に充填されることを期待する方法を行っておいた。
ガスを入れた時に漏れはなかったので大丈夫だろう。

今回漏れを起こしたマガジンは両方ともガスを抜いた状態で保管していた。
マガジンを長期不使用で保管する際に、ガスを抜いて保管すべきか、少量ガスを入れて保管すべきか、自分の中で明確な結論を見出せないでいた。
メーカーの説明書にはパッキン等が痛むのでガスを抜いて保管するように書いてあったりするものもある。
だが今回ガス漏れ修理にあたってバラしてみて、ガス漏れしたパッキンはガスを抜いて保管していたにもかかわらず痛んでいた。
原因は組み方にもあるかもしれないし、亜鉛ダイカストのタンク内壁のザラついた表面にあるのかもしれない。
(そもそも海外製品の品質ということもあるかもしれないが・・・)
つまり、一度組み込んだ時点でもうパッキンは傷物なのかもしれない。
そう考えるなら、ガスを入れたまま、パッキンに圧をかけ続けて保管するのが正しいのかもしれない。
  


Posted by エコー  at 13:42Comments(0)VFC/ HK MP5

2015年12月18日

近所の大火災


昼間、家の外を見たらとんでもない煙が上がってるのでびっくりした。
どうやら船橋のスクラップ工場で火災が起きて、ずっと燃え続けてるらしい。
テレビをつけたらニュースでも流れていた。


昼の時点では風上だったのだが、夕方になって煙がこっちに流れてきたみたいで
部屋の中にもろ流れ込んできた。
ネットニュースによれば鎮火に数日みたいな記事がある。
これは正直たまらんなあ。  


Posted by エコー  at 19:20Comments(2)雑記

2015年12月07日

グリップ加工の2


自分の手に合うようフィンガーグルーブの調整を始めた木グリ。
大体の形状が定まった。
元の形状から比べると結構コンパクトに、スリムになった。
とはいえ、もう元の形状がどうだったかは写真などで確かめるしか無いが。



握って確認しては彫刻刀で削って調整を繰り返し、かなり良い感じになった。
それも元のグリップと握り比べることはもはやできない(もう一組購入しないと)。



それにしても本当に硬い木だった。
ソノキリンとかソノケリンとかいう木らしいが、紫檀とかローズウッドとも呼ぶらしい。
この先はサンドペーパーで綺麗に磨き上げて、ウレタン仕上げの予定。



グローブ越しに握ると、素手よりもワンクッション利いてさらにフィット感がある。
ポリグリップした入れ歯のような感じだろうか?
知らないけど。
自分の手に合わせた、ということが特別なのだ。  


Posted by エコー  at 13:12Comments(2)モデルガン

2015年12月03日

グリップ加工


タナカのKフレーム用ファイティンググリップ。
以前購入したが、手に馴染まず放置していた。
いつか気が向いたら自分の手にフィットするようにフィンガーグルーブの調整をしようと思っていた。
もともと自分の手のサイズには大きすぎた。



自分の握ったときの指の位置をホワイトでマーキングして、それに合わせて彫刻刀で彫る。
どんな形になるのか、失敗したら最悪捨てる覚悟である。
それにしてもこの木、想像していたよりも硬い。
少しずつちょっとずつ彫り進めていくが、早くも手にマメが出来そうだ。
指が痛くなったらすぐにその日はおしまいにしよう。



裏から見て、白い部分が無くなるまで彫るのだが、かなり溝の位置が移動することになる。



薬指がかかる溝も結構大変だったけど、一番大変なのは小指の溝。
一番盛り上がってるところが一番凹むまで削らないとならない。
つまり一番握りにくかったのがこの部分で、小指が出っ張りのところにかかる形だったのだ。



で、なんとか彫った。
指が回復するのを待って翌日に。
フィンガーグルーブが全体的に上に移動した分、間延びしたようなシルエットになるので、最終的には下部先端を切り詰めるつもりだ。
しかしこの木、芯まで黒いとは。



矢印の部分が欠けてしまった。
これでは両サイドを合わせた時に隙間が空いてしまう。
あとで削り粉と瞬着で盛って補修しよう。



二枚を重ねると、これだけ指の置き位地が移動し、出っ張りの部分が引っ込んだ。
凶暴な凹凸がマイルドになって、少し細身にもなった。



反対側にもマーキングする。



このような感じに。



表側も同じように。
リボルバーのこの手のグリップはどれも自分の手にフィットしたことが無いが、もし自分の握りにぴったりフィットしたらどれだけ気持ちがいいのか。
きっと手放せなくなるような気がする。
うまく完成することを期待しつつのんびりと、今年いっぱいはこの作業を楽しもう。  


Posted by エコー  at 11:35Comments(0)モデルガン