2019年05月09日

真鍮ピストン

マルシンM1カービンEXB2真鍮ピストンバージョンです。
黒く塗られたブナストックがかっこいいモデルですね。

真鍮ピストン
真鍮ピストン
EXB2の最初のロットはアルミピストンで、リコイルのスピードを重視した仕様で発売されました。
ブナストックとウォールナットストックの2バージョンで、私はウォールナットストックの方を予約して購入し、前回開封の感動を書きました。
そしてその時すでにリコイルの強さを重視した真鍮ピストンバージョンも予定されていることはアナウンスされてましたが、また発売と同時に入手したのが今回のブナストックバージョンです。
このカービンはM4のように増殖していく可能性があるなと最初に感じた通り、マルシンのM2カービンを最初に購入してからこれで3本目になります。
取り回しの良いサイズ、木製ストックの個々の魅力がお座敷の私を惹きつけます。


真鍮ピストン
ウォールナットストックのカービン2号と、ブナストックの3号。
1号は謎の軽ヤワ材ストックのM2カービン8mmBBです。
黒い3号にはカーキ色のポーチとスリング、赤茶色の2号にはオリーブ色が合う気がします。


真鍮ピストン
真鍮ピストン
真鍮ピストン
ポーチにはマガジンの代わりにフリスクNEO缶、これがほんとうにジャストフィット!


真鍮ピストン
ボルトからノズルを引き出すと隙間から真鍮のピストンがチラリ。
確かに真鍮です。
と言うのは、アルミのピストンと撃ち比べてもそれほどリコイルが重くなったか感じられなかったので、一応確認したわけです。
昔はこのピストンはプラでしたんで(M2カービン1号)、それと比べたら重量はかなりアップしてるんでしょうが。


真鍮ピストン
ボルトを取り出すのは結構バラさないといけません。
その辺はM4系より大変です。
ストックを外し、レシーバーを上下にバラします。
チャージングハンドルやリコイルスプリング棒を取るのに結構手間取ります。(以前にM2カービンでバラした経験があるのにね)


真鍮ピストン
こっち側のネジ二本と、


真鍮ピストン
こっち側のネジ二本を外すと上下に分離できますが、


真鍮ピストン
なんとネジのサイズが全部違うので、ちゃんと正しい場所を覚えておきましょう。
って言うかこの写真じゃもう私もわからなくなってしまったw


真鍮ピストン
真鍮ピストン版のボルトは90g弱。ガバのブリーチみたいな小ささだから、どうしても長もので肩をガツンと言わせるリコイルにはならないか。





同じカテゴリー(マルシン/ M1,M2カービン)の記事画像
新製品開封時の至福
寒過ぎます!
M2カービン完成
オイル塗布
木スト小加工
木スト仕上げ直し
同じカテゴリー(マルシン/ M1,M2カービン)の記事
 新製品開封時の至福 (2018-04-23 20:44)
 寒過ぎます! (2018-01-26 05:24)
 M2カービン完成 (2016-12-12 00:33)
 オイル塗布 (2016-12-02 19:46)
 木スト小加工 (2016-11-27 16:05)
 木スト仕上げ直し (2016-11-22 19:36)

Posted by エコー  at 03:33 │Comments(0)マルシン/ M1,M2カービン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。