2018年07月29日

CO2でライブカートでフルオートの中身チラリ






RARE ARMSの排莢式CO2ガスブローバックライフルの中身をちょっとだけ撮って見た。
上のボルトキャリアは一般的なM4系ガスブローバックのものと似ていつつも、大きく違うところ。
まずガスルートの開口部、すなわちルート切り替えバルブ(負圧)の位置がかなり後ろに位置しているのに気づく。
これはあとで話すロア側のガスルートの位置関係とリンクしている。
ローディングノズルが非常に長い。
ローディングノズルにBB弾を蹴り出す突起が無い。(カート式だから)
ノズル部はライブのエキストラクター(カートのリムに引っ掛けて排莢時に引き出す爪)、エジェクター(スプリングの反発でカートリッジを押し飛ばすピン)、そしてガスを噴射する開口部が中心にある。
樹脂製のピストン部と金属製の先端部によって主に構成されている。
ボルトキャリアはスチールのクロムメッキ仕上げかなと言う感じに見えるけど、ステンレスかもしれない。(写真ではステンレスっぽく写っている)
一応磁石がくっつく。
後方部はかなり肉抜きされている。



ロア側。
前回の記事でも書いたけど、トリガーより後ろの位置にハンマーがある。
このトリガーボックスというか、CO2チャンバーあたりのアセンブリーは分解すると必ず壊れると警告されてる部分なので、外から眺めるだけしかできませんが、狭いところにギュッと寄せた感じが否めない窮屈さがあります。





ハンマーの前方にある部分が普通のガスブローバックのマガジンの上部のように見えます。
この製品のマガジンはカートリッジを入れてあるだけなので、ガスルートパッキンや放出バルブがその後方に設置されており、ローディングノズル側もそれに対応した形状になっています。
またハンマーがノッカー(ファイアリングピン)を介さず、直に放出バルブを叩く構造になっています。
ハンマーを指で押さえながらゆっくりダウンさせても、結構バルブを押してしまいます。
それゆえ、ハンマーをコッキングしていないと放出バルブは常に開放してることになります。
CO2ボンベをセットしてガスが充填されていれば、その圧力でハンマーは押しとどめられるかもしれませんが試してはいません。
(CO2ボンベをセットする時は、まず先にハンマーをコッキングしてからセフティをかけて)



矢印の銀色のパーツがWA M4のマガジンのバルブロックに当たりますね。
バルブが押し込まれると下からバルブをロックして、その間ガスを放出し続けるという役割がありまして、ボルトキャリアの後退によって押し下げられ解除されます。
こういうパーツもあるので上で書いたようにボンベをセットした状態でハンマーダウンできるのか試すことは怖くてできません。
基本、ボンベを使い切って空になるまではハンマーはコッキング状態でセフティをかけておくしかなさそうです。





ハンマーはスチール製ですが、ご覧の通り非常に首のところが薄く華奢な形状になっています。
これはテイクダウンピンをよけるためにごっそりとえぐられているようです。
テイクダウンピンの方もハンマーの厚みを少しでも稼ごうと、ピンの中程が細くくびれた形状になっています。
また抜け防止のプランジャーが無いため私の個体では結構テイクダウンピンがユルユルでスルッと抜けてしまいます。
一応滑り止めのOリングが被せてあったりするんですが、残念ながらあまり有効な効果を発揮していません。
なにか対策を模索中です。





アッパー側のテイクダウンピンが通る部分は電動ガンに似た形状で、ハンマーが干渉するために間が開いています。
特に薄い方は折らないよう気をつけたいところ。
アッパーをロアにはめる際に不注意に扱うと、ガツンとぶつけて折れるというパターンが一番有りそうかな。





アッパーのカートリッジがズコッと収まるチャンバー部を覗いて見ました。
奥の金色はもちろんインナーバレル、その手前のカートリッジを包み込む部分はアウターバレルの後端です。
インナーバレルにはホップパッキンがついていますが、パーツの分解図を見る感じ、イモネジで上から直にホップパッキンを押す簡単な構造です。








同じカテゴリー(RARE ARMS/ KAC SR-762)の記事画像
CO2排莢式ガスブローバックライフルってやつ
同じカテゴリー(RARE ARMS/ KAC SR-762)の記事
 CO2排莢式ガスブローバックライフルってやつ (2018-07-10 00:00)

Posted by エコー  at 00:00 │Comments(1)RARE ARMS/ KAC SR-762

この記事へのコメント
ライブ カ-トいいですね!
時間が、取れたらレビューの方お願いします。

楽しみにしております。
テイクダウン ピンが、抜けるのは何とかしたいですね。
Posted by ダック テ-ル at 2018年08月12日 15:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。