2009年10月18日

モスバーグファイヴハンドレッド

なんか突然8mmBB弾に興味がわいてきまして・・・・。
小さな6mmでターゲットにポツポツ穴を開けてるのだと、ちょっと物足りなく感じ始め、以前は眼中になかったマルシンの8mmBB弾てどんな感じだろうかと。

二つ並べて比べてみると、こんなに大きさが違うんですね〜。
重さも0.34gだから結構あります。
ただ大きい分空気抵抗もあって失速するみたいですが、近距離においての衝撃力はすごそうです。

そう、この弾に似合うのはやはり「ショットガン」という自分なりの結論に至り、ついにショットガンデビューをする事にしましたよ!

弾が8mmということで選択肢はマルシンに限られてしまうところからのスタートですが、私がチョイスしたのはコレ。

MOSSBERG M500を購入!
木製ストックバージョンです。
このモデルはケースレスのガス式で、ワンショット3発のBB弾が発射されます。
マルシンでは他にもターミネーターモデルのやつとかあってちょっと揺れましたが、向こうが排莢を楽しめるけれども外装が殆どプラというのが引っかかって、結局メタルてんこもりのこっちにしました。
正直心残りはありつつも。

しかしメタルと言いながら、なんかプラっぽく見えるフレームに首を傾げつつ・・・。

フレームは一応アルミ製らしいのですが、なんか見た感じABSっぽく感じてしまう。
その訳は、マルシンの打刻印が強すぎなのかフレームが凹んでしまって、それがプラスチック成型品の「ヒケ」を思わせるんですな。
塗装も厚くて、下の素材が何なのかあまり関係ない仕上がりだし。
じっさいトリガーガードはプラでした。


ポンプアクションに連動して排莢口のダミーボルトもスライドします。
でも見えるのはショットシェルではなくガスタンクやロータリーチャンバーを内包するメカボックス。
とはいえ、フォアアームを前後させるとジャッキーン!て、映画のショットガンそのままの音が響きます。
実射性能は思ったより悪くないですね。
Marushin M500で動画検索すると、YouTubeなどで実射動画をいくつも見る事が出来ますが、あんな感じです。
撃つと生ガス吹いて、一瞬ターゲットが見えなくなりますよ。
発射音はちょっと大人しいので、自分の口でバゴォーンとか言ってます。
ターゲットはズタボロw
これでカートが飛んだら文句無しだけど、床がフローリングだし、傷になっても困るんだ。


サイティングは銃口付近にピンが一本立ってますが、しっかりとしたリアサイトがなく、フレームトップの水平な部分を頼りにするだけです。
それがなんともクラッシックな感じでいいです。
マルシンのM500ではゴーストリングサイトバージョンなど、今風のサイトが搭載されてるモデルもあります。
そっちは機動隊がゴーゴークリアで突入するのに似合いそうですが、自分の木ストばーじょんだと
アメリカのイカレタ親父が「ウチの敷地から出て行け〜」とか言って振り回してそうな勝手なイメージを持ってます。
だからこのままでいいでしょう。


ショットシェルをマガジンに詰めるための給弾口のところにガス注入バルブがあります。
ここから20~30秒ガスを注入するようです。
自分はいつも少量継ぎ足しなので、そんなに長く注入しません。


ケースレスの本品の実際の給弾口はこっちになってます。


マガジンチューブを引き出すと口が開くので、そこにジャラジャラとBB弾を流し込みます。


銃口から結構引っ込んだところにインナーバレルが見えます。
フラッシュを焚いて撮影しないと暗くて目立たない程度に奥まってます。

実はこの商品、某ショップの特価品で、他の店と比べると一万円ほど格安で購入した物です。
安いものはそれだけの理由がやはりあるもので、これもその法則に漏れず難あり個体でした。

バレルに思いっきり傷があります。

両側に結構深い傷です。
おそらくバレルを覆うスチール製のヒートカバーをはめ込む際につけたものでしょう。
全体に小傷もかなり多いので、長く店内展示品だったかもしれませんね。
箱は奇麗でしたw
まあ実質的には中古品でしょう。
疲労してないか心配です。
いつか再塗装したいと思います。
分解方法がイマイチ判らないですが・・・、パーカーシールなんか渋そうですね。

追記:詳細な分解説明を海外のサイトで見つけました。
http://www.airsoftcanada.com/showthread.php?p=861184


木の風合いが我が家の家具類とマッチしていて素敵。
ていうかこの銃、立てるとフォアアームが自重で5cmほど滑り落ちてくるんですよね。
びっくりするほどグラグラなんです。
こういうものなんでしょうか?




同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
究極のリアルアクション
最近気付いた事
ターミネーター2 ショットガン
レバーアクション
刻印埋めと平面出しとブルーイング
M1887 T2 分解
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 究極のリアルアクション (2016-07-01 16:47)
 最近気付いた事 (2011-02-16 23:33)
 ターミネーター2 ショットガン (2010-03-15 00:13)
 レバーアクション (2009-11-02 23:38)
 刻印埋めと平面出しとブルーイング (2009-11-01 21:23)
 M1887 T2 分解 (2009-10-31 00:43)

Posted by エコー  at 23:45 │Comments(8)ショットガン

この記事へのコメント
いいですね♪ モスバーガー。
あ、間違えたw

実は私も持ってます~
昔買った6mmのプラストックバージョンですけど。

フォアアームが自重で落ちてくるのは、他の手持ちのマルゼンやタナカのもそんな感じですので、そういうもんだと言い聞かせてますw
Posted by あじゃ at 2009年10月19日 01:15
>あじゃさん
こんばんは〜。
うわ、あじゃさんもモスバーガー持ってたんですか!?
一応事前にあじゃさんのブログをチェックして、よし、持ってないなと思ったのに〜。

そうですか〜きっと結構カスタマイズされてるんじゃないですか?
紹介して欲しいな〜。
フォアアームはコレで普通なんですね、やっと安心しましたよ。
動画巡りをしてもこんなグラグラした感じを確認出来るところがなかったんで、掴まされたかな〜なんて思ってたもので。

この記事の為に近所のモスバーガーへ買いに行って、一コマ目はシャレでその写真から入ろうかと思ったけど、うっかりしちゃいましたw
Posted by エコー1 at 2009年10月19日 02:17
あら(;´Д`)
それはそれは失礼しますた~

持ってる事は確かなんですが、押し入れだったか実家だったか…(;^_^A

カスタムと言っても、買った頃のはションベン弾だったので、バルブスプリングを弱くしてガス放出量を増やしたくらいです~

あ、外観はパーカーっぽい仕上げで悪くなかったですけどね…
最近のは塗装に変わったんですね(´・ω・`)
Posted by あじゃ at 2009年10月20日 22:24
>あじゃさん
マルシンのモスバーグは随分昔からいろんなバリエーションで出てるみたいですね。
ネットでレビューを探すと、意見がバラバラで混乱しますわw
自分のは結構まっすぐ弾が飛んでいきますよ。
パーカーっぽい外観というのはネットの画像の中には見なかったですね。
珍しいのかな?
最近はタンカラーとか出てるみたいですが、クロームメッキみたいなモデルが一番奇麗に見えました。
バルブスプリングを弱めるというのはいいですね。
参考になります。“〆( ̄  ̄*) メモメモ…。
Posted by エコー1 at 2009年10月21日 03:41
マルシンハン・・・じゃないwモスバーグは結構前からありますからね~
私のは多分発売されて間もない頃だったかと。
私の勝手な印象では、当時のマルシンはパワー低めなのが多かった気がします。
エアコキベレッタにしろアンシュッツにしろガスリボルバーにしろ・・・
それがMAXIシリーズ登場で並以上のパワーを出せるテクを身に付けた?

多分そんな感じでレビューにもバラツキがあるのではないかと。

なので、私のとはバルブ構造とか変わってるかも知れません。

パーカーっぽい気がしましたが、良く考えたらアルミにパーカー処理は出来ないと思うのでw、やっぱり塗装だったのかな~?
やっぱり実家に置いて来ちゃったみたいなので、今度帰ったら見てきます!
Posted by あじゃ at 2009年10月21日 12:39
>あじゃさん
こんばんは。
エアガン業界は昔っから有るものというのが非常に多いですね。
最近買ったMP9にしてもTMPの改修だし、WAM4も外側は古いモデルガンの金型の流用だとか。
自分はまだ浅いから何を買っても新鮮ですけど。

それにしてもショットガンはいいですね。
なんかショットガンに目覚めてしまって、他の製品も気になってしまいます。
あじゃさんも是非ご実家のモスバーグをジャキコーンしてあげてください。
Posted by エコー1 at 2009年10月21日 18:52
はじめまして、私も6mmタイプのM500持っておりまして
内部をMAXIのスラッグに載せ変えするのにこちらのページが
大変参考になりました。
無事ショートバレル仕様のスラッグが完成しました
ありがとうございます。
Posted by ZAKI at 2009年11月30日 14:23
>ZAKIさん
完成おめでとうございます。
何かお役に立てたようで良かったです。
Posted by エコー1 at 2009年12月02日 05:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。