2011年07月09日

バッファー交換

バッファー交換
KSCのMP9です。
久しぶりにメンテをしました。
というのも、またそろそろ持病のジャムを発症していたので・・・・。

が、今回は今まで見落としていたパーツの損耗についてのお話です。


バッファー交換
リコイルスプリングガイド。
今まで何度かテイクダウンした際に本体から取り外すことはあったんですが、あまりじっくりと観察した事が有りませんでした。
たぶん多くのユーザもそうだろうと思うんですが・・・。


バッファー交換
実はこのスプリングガイド、先っぽに何かチョロっとしたものが付いてまして・・・。
触ってみるとゴムで出来た棒状のようなものが刺さっています。


バッファー交換
つまみ出したらこんな感じ。
先端がいびつに歪んだゴムの棒が出て来ました。
何だこれはと言う事でパーツリストを調べてみました。


バッファー交換
ゴムの正体はパーツリストの44番、リコイルバッファーでした。
しかし表の絵柄と実物の形状がどうも・・・???
あ、ちなみに自分は取り説に結構ちょこちょこ書き込んだりする人間でして、汚い字でお見苦しいのは勘弁を。
図はボルトアッセンブリをバラす時に、ピンを抜く方向を間違えるとローレット加工のせいで、叩いても叩いても抜けませんという覚え書きですね。
話が逸れましたが、とりあえずパーツの44番を取り寄せてみました。


バッファー交換
新しいのが上。
ははは、やはりという感じ。
古い方はフタになる部分が削げて千切れてますね。


バッファー交換
これが本来の状態です。


バッファー交換
セットするとこういう感じ。
ボルトが後退するとリコイルスプリングガイドに突き当たるのですが、その緩衝材だったわけです。
ぶつかって押しつぶされる度に、フタになってる部分が千切れて行く消耗品ですね。


バッファー交換
千切れてしまってる事に気付かないで使っていたせいか、衝突部はこんな感じで傷んでおりました。
まあ、そんなに酷くもないですが。
とくに作動に問題が起こる訳では有りません。
でも長い目で見れば部品の破損に発展する可能性があると思います。


バッファー交換
というのもボルトが後退してスプリングガイドにぶつかったとき、その衝撃はダイレクトにスプリングガイドを受けているロアフレームの板状の部分に来るからです。
この板は5mmぐらいの厚みが有りますが、フレームの一部なのでプラです。
一応更にアッパーレシーバーが覆うので、それなりに強度は確保されてるとは思いますが。


バッファー交換
それでもKSCとしては不安があったのか、このようなクッションバッファーが追加されています。


バッファー交換
このように取り付けて使用します。
取り付け方法は両面テープという・・・w
これでボルトの衝突をさらに和らげるというものです。
これも使用程度によっては破れたり千切れたりしてるのではないでしょうか?
もしMP9、TP9系をメンテする際はチェックしてみる事をお勧めします。


バッファー交換
古くなったバッファーは廃棄。




同じカテゴリー(KSC/ MP9)の記事画像
スマホのカメラじゃ満足な画は撮れない2
MP9システム7 その4
MP9システム7 その3
MP9システム7 その2
MP9システム7 その1
MP9再生産と聞いて
同じカテゴリー(KSC/ MP9)の記事
 スマホのカメラじゃ満足な画は撮れない2 (2019-07-19 03:33)
 MP9システム7 その4 (2012-09-16 10:58)
 MP9システム7 その3 (2012-09-15 06:12)
 MP9システム7 その2 (2012-09-14 08:31)
 MP9システム7 その1 (2012-09-12 22:18)
 MP9再生産と聞いて (2012-09-11 21:42)

Posted by エコー  at 00:18 │Comments(6)KSC/ MP9

この記事へのコメント
おはよーございます♪

バッファーが2ヶ所に入ってるなんて凝ってますね~
ボルト後ろの板状のバッファーだけで受ければ、ガイド先端はもっと短くしてリコイル受けなくても良いような気はしますが・・・

ゴムの代わりにバッファースプリングなんか組んだらサイクル上げられそうですね♪
Posted by あじゃ at 2011年07月09日 11:41
こんちは~。

仕事に身が入りませんwww。
てか、TELすらないという。

TP9が欲しいのですが、お高くてw。

>ボルト後ろの板状のバッファーだけで受ければ

コの字型の鉄板で受けてるんですかね?。
確かにシャフトに当てなくてもですよね。
昔は、TMP持ってましたが売っちゃったから分んないやw。
Posted by ぜっぷぜっぷ at 2011年07月09日 12:37
>あじゃさん
>バッファーが2ヶ所に入ってるなんて凝ってますね~

スプリングガイドの先っぽにまで付いてるなんて最近まで知りませんでしたけどw

>ボルト後ろの板状のバッファーだけで受ければ、ガイド先端はもっと短くしてリコイル受けなくても良いような気はしますが・・・

おお、目からウロコ!
確かにそれならパーツに優しそうですね。
クッションバッファーの貼り付いてる部分は金属のシャーシだし。
KSCのことだから、ガイドの長さも実銃通りにこだわってたりするんでしょうかね〜。

>ゴムの代わりにバッファースプリングなんか組んだらサイクル上げられそうですね♪

それもいいですね〜♪
そういえばこのリコイルスプリング、ちょっとテンション弱めです。
スプリングガイドにブチ当てて、その跳ね返りを利用してるのかな〜??
Posted by エコー1 at 2011年07月10日 00:29
>ぜっぷさん
>TP9が欲しいのですが、お高くてw。

高いですね〜。
アンダーレイルが付いただけで随分なw
でもパーツリストを見ると、意外にこの銃はパーツ点数が多くて
怖くてまだ全バラシしたことがないくらいなんですが
そう考えると良心的な価格なんでしょうかね〜。

>コの字型の鉄板で受けてるんですかね?。

スプリングガイドに突き当たる事で、上の写真ぐらいまでしかボルトは後退しないんです。
聞くところによると、TMPのころはクッションバッファーが無かったらしいですね。
MP9のマニュアルにもリコイル強めがお好みならひっぺがしても良いみたいな記載がされてます(よくわからんw)
Posted by エコー1 at 2011年07月10日 00:46
こんにちは!

うわ!これはもしかしてウチのTMPも同じようになってるのかな・・・あ、スポンジはなかったと思います。

あじゃさんの言うように私もガイドを短くしちゃっても特に問題はなさそうだなと思いました。
Posted by ですだよですだよ at 2011年07月14日 17:24
>ですだよさん
>うわ!これはもしかしてウチのTMPも同じようになってるのかな・・・

なってると思いますw
自分はそれほど撃ちまくってないですが、それでも構造上かんたんに千切れると思います。
とは言え作動に影響は出ないようなので、気にしなければ気にしなくていいのかも。
ゴムの代わりに割り箸でも切り出して詰めておいてもいいかもw
Posted by エコー1 at 2011年07月15日 14:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。