2020年09月21日

恐怖症

ここ最近はだいぶ過ごしやすい気候になってきたのではないかと感じている。
先日ベランダに出て窓ガラスを水洗いしたら、その後首の後ろがヒリヒリと痛くて、ちょっとばかし日焼けだったのかもしれない。
夏が過ぎると嬉しいことが一つある。
それは自分にとっての天敵であり、恐怖のあいつらが一斉にくたばって街からいなくなってくれることだ。
あいつらとはバルタン星からきた侵略者のような見た目の恐ろしい生き物。

恐怖症

恐怖症
あまり世の中で取り上げられることのないマイナーなところで「蝉恐怖症」というのがあるらしい。
蝉に対する恐怖感は個人によって違うのかもしれないが、自分はデカくて太いくせに中身は空洞っぽいカサカサと乾いた感じが非常に生理的に気持ち悪くて怖い。
ころっとひっくり返って死んでるのかと思えば突然バタバタ暴れ出すのも恐ろしいのだ。
この蝉が自分の住んでるマンション周辺にものすごく多くて、マンションの壁に無数にひっついていて、とくに夜間は側を通ると威嚇するように鳴き声を上げてビビらせる。


恐怖症

恐怖症
以前夜中にゴミ出しに出たら、エレベーターのとこまで行く間に廊下の天井にいつものごとく蝉の野郎がひっついていやがって、うわ、怖ええなと身をすくめながら下を通り抜けてエレベータのドア前に行こうとすると、ジジッジジッっと威嚇するような音を出し始めた。
エレベーターがやってくるまでの長い時間を耐えながら、やっとドアが開いて籠の中に入ったら、信じられないことにその蝉野郎が乾いた羽音を立ててバタつかせながらまさに自分の顔めがけて飛んできたのである。
そんな、まじかよ?なんでえー!信じられないことである。
蝉は俺が蝉恐怖症であることを知ってて、嫌がらせをしてやろうと明確な意志を持って自分に特攻してきたとしか思えないような暴挙に出たのだ。
エレベータの来るのを待つ間、蝉よ来るな、来ないでと心の中で念じていたのを知ってるかのように。


恐怖症

恐怖症
悲鳴をあげたいところだったが、深夜だったので飲み込んだ。
代わりに捨てに行くために持ってたゴミ袋を振り上げて、必死にそれを振り回して蝉のエレベーターの籠内への侵入を阻止しようと戦った。
驚くことに蝉はしつこく旋回を重ねて、なんども特攻してきた。
それを必死に阻止しようとしてゴミ袋を振り回してる間に、閉じかけたエレベーターのドアは再び開いてしまったりして、こっちはもう泣きそうである。
恐怖が腹の底から背筋の神経を痺れさせ、頭に登ってくると、耳鳴りのような音が聞こえるってことが無いだろうか?
あるいは普段なら出ないような火事場の馬鹿力が、己の制御を無効にして発動してしまう。
心底怖いホラー映画の場面で、自分がその立場にいるような恐怖感。戦慄? 慄然?
まあ自分の語彙力では説明しきれない、一生のうち何度も無いような恐怖から発動する全身反射体験を味わった。
蝉が諦めて離れて行った後、ゴミ袋が破れて飛び出した中身を拾って、ゴミ捨て場に降りてゆくエレベータのドアが閉まるのを確認してやっと胸を撫で下ろすことができた。


恐怖症

恐怖症
エレベーターの籠内には防犯カメラが設置されてる。
深夜に一人のおっさんがパニック起こしながらゴミ袋を振り回して、飛び交う蝉と戦ってる映像は見られたく無い。
でも他人の目で見たらきっと大爆笑ものの動画だろうな。
クリント・イーストウッドの「許されざる者」で、病気の豚を追い立てるのにてこずって泥の中を転げ、馬に乗ろうとしたら馬にも嫌われるシーンがあり、それを見てた子供らにイーストウッド演じる主人公が「父さんは昔、動物たちにずいぶん酷いことをしたから、今になって仕返しをされている」というようなことを言う。
自分も子供の頃、ずいぶん戯れに昆虫たちをいじめて殺した。
子供だったから罪悪感が微塵もなかった。
やがて大人になったらなぜか虫が怖くなっていた。
虫が意志と恨みを持って自分に襲いかかってきてるような気がする時がある。
夢の中にも虫が出てきて苛む。
虫にとって自分は「許されざる者」なのだろう。


恐怖症





同じカテゴリー(WA/ COMMANDER)の記事画像
リアル・ココボロ
コマンダーCB・仕上げ直し
コマンダーCB
同じカテゴリー(WA/ COMMANDER)の記事
 リアル・ココボロ (2011-05-20 21:27)
 コマンダーCB・仕上げ直し (2011-05-16 01:45)
 コマンダーCB (2011-05-12 23:57)

Posted by エコー  at 16:46 │Comments(0)WA/ COMMANDER

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。