2019年11月09日

ブルーイング・MHW編4

コクサイMHWモデルガン二種。
今はなきトイガンメーカーとなってしまいましたが、MHWとはメガ・ヘビーウエイト樹脂と言って、樹脂の中に鉄粉を混ぜ込んで質量を高めた素材です。
鉄粉なので磁石に反応しますし、ブルーイング液によって黒染めもできます。

ブルーイング・MHW編4
左はスミス&ウェッソンM10FBI、右はM19。
M10は磨きっぱなしにガラスコーティングした仕上げで、M19はブルーイング仕上げです。
どちらも自家製の仕上げ。

ブルーイング・MHW編4

ブルーイング・MHW編4
上は38 special、下は357 magnumの弾を使います。
なのでおなじKフレームでもシリンダーの長さが違います
357magnumのシリンダーは38spcialの弾も撃てますが、逆はだめです。

ブルーイング・MHW編4
コクサイのKフレームの外見的特徴で一番目立つのはトリガーガードが実銃やタナカと比べて極端に薄いところですね。
パーティングラインを処理してる時には、こんなに薄くなっちゃって大丈夫かいなと心配になります。
まあそう言った特徴も含めて、今やモデルガン史の遺産。
(これだけ改造しちゃってアレですが)

ブルーイング・MHW編4

ブルーイング・MHW編4
最後の写真はピントの位置が狂いましたw




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
思い出モデルガン
ブルーイング・MHW編3
ブルーイング・MHW編2
ブルーイング・MHW編
美しい銃
メダリオン取り付け加工をしてみよう!
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 思い出モデルガン (2019-11-14 00:10)
 ブルーイング・MHW編3 (2019-11-04 21:08)
 ブルーイング・MHW編2 (2019-06-10 02:02)
 ブルーイング・MHW編 (2019-05-25 15:09)
 美しい銃 (2019-05-02 00:08)
 メダリオン取り付け加工をしてみよう! (2018-10-06 20:41)

Posted by エコー  at 23:26 │Comments(2)モデルガン

この記事へのコメント
はじめまして。
二丁とも箱出しより格段にシャープに仕上がっていますね。あとグリップのこだわりも素晴らしいです。
Posted by 長十郎 at 2019年11月12日 18:20
ありがとうございます。
メーカーがなくなってしまった今、もうコクサイのモデルガンは現存するものだけで、どんどん壊れたり廃棄されたりして数を減らしていく一方になるかと思います。
寂しいことですが・・・。
Posted by エコーエコー at 2019年11月12日 21:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。