2018年04月23日

新製品開封時の至福

待ちに待った新製品がやって来た!


マルシンU.S.M1カービンEXB2
この箱のデザインはカッコいですね。
やっぱり箱って結構大事ですよね。
この中を開ける際の期待感が全然違いますよ、無味な段ボール箱とかと比べると。
新製品ですから、この箱を開ける時のワクワク感を疑似体験できるようにと写真に収めました。



開けました。
はしゃぐとみっともないので抑え気味に。
本体は綺麗にビニール袋に包まれてます。
古いM2カービンの時とは全然違う、丁寧な箱詰めです。
グリップのところにピストルタイプのくりぬきがあったりして、これは・・・?



さて、袋から出しまして。
一緒に写ってるストックマガジンポーチはこのカービンのために以前購入しておいたものです。
けっして付属品ではありませんので。
箱だし最初の印象。
やはりウォールナットストックは高級感が違いますね。
M2カービン買った時は非常にストックの材質や仕上げがショボくってガッカリでしたが、これは・・・タナカの長ものと比べても見劣りがしません。
素晴らしい!
しかし、あの新品のマルシン製品から匂う独特のオイル香がしませんね〜。
あれやめちゃったのか?



というわけで話に出たM2カービンと並べてみました。
ストックは仕上げなおしてあるM2ですが、材質はウォールナットに比べるとやわいです。
ちょっとしたことですぐ凹んだりするので、気づかないうちに傷だらけになります。
それに比べるとウォールナットはさすがに固く、一度テーブルにうっかりガツンとぶつけてしまいましたが少しも痕が付いていませんでした。



さてストックマグポーチを取り付け(取り付けるにはストックとレシーバーを分離しないとならない)、スリングもM2から移し替えました。
どちらもこのM1のために昨年予約した後入手したものです。



はい、場所を移動〜。
ううむ、いいですね。
ストックはとても赤みが強くて、実銃の写真でよく見る色を再現してると思います。
仕上げはオイルフィニッシュな感じですが、オイルが油脂か、ウレタンを薄めたものかはわかりません。
後者の方が質感は近い気がします。



さてこのマグポーチ、何も入ってないとブカブカしてストックにぴったりしないので、なにか入れようと思っていました。
タナカのモデルガンのマガジンとか頭をよぎりましたが、ちょっと高価すぎて二つも買えませんので、段ボールでも折りたたんで突っ込むか?と、最初は思ってましたがすごく良いものを発見しました。



フリスクNEOというキャンディーの容器がなんとぴったりのサイズ!
二本入れて蓋を閉じたらパッツンパッツンだったので、かなり実マグのサイズに近いのではないでしょうか?
しかもこの容器、スチール缶ですのでますますマガジンぽいです。



CO2ガスマガジンと並べるとこんな感じです。
このショートタイプマガジンは実マグと比べるとかなり厚く、そして長いです。
なので到底ポーチには入りません。
フリスクは食べ終わって缶が空になったら、ツールボックスとして利用できます。
CO2マガジン底の蓋を開閉するレンチを入れておけます。

さて実射感ですが、最初トリガーを引いた時、トリガーを伝って指に衝撃が来て痛かった。
リコイルは破裂するような勢いがあり、音もかなり迫力があります。
バシンという衝撃がトリガーフィンガーに来るのは新鮮な体験でした。
肩に来る反動はほとんど感じません。
集弾性はまあまあ、まだホップパッキンがオイリーにもかかわらず、なかなかまとまっています。
初速が安定してるせいでしょうか。
真冬になってもこんな迫力でブローバックしてくれるなら得難いガスブローバックライフルです。  


Posted by エコー  at 20:44Comments(0)マルシン/ U.S.M2カービン

2018年03月20日

決めた!

VFCのハードケースにはステッカーを貼る場所が設けられてる。
購入時は何も貼られてないから、ケースを開くときうっかり上下逆さまにおいて、銀のパッチン(名称が思いつかない)を外すのに手こずったりする。
これまでこのケースをどの銃の専用にするか決めかねていたので、そのまま何も貼らずにいたのだが、ついに決心してステッカーを自作した。


インクが残り少なく(残量0ではない)プリントアウトできないと、EPSONのEP-806AWが仕事を拒否したためにAMAZONから高い純正インクが届くまで作業を中断せざるをえなかった。
(最近のプリンターは拒否ってくるのね)
そして出来たステッカーをケースに貼って、あの銃専用とすることに決まったのでした。



この銃です。
なんとロングバレルの方でケースギリギリ収まりました。
ハイダーのパーカーが明るすぎでカッコ悪かったので、またコンロでしこたま焼いて黒くしました。
自分はバレルとハイダーの色はなるべく近い方が好きです。
実銃の写真では黒いのでこっちの方がリアルです。  


Posted by エコー  at 00:40Comments(0)WE-Tech/ SCAR-H

2018年03月02日

つくしの子が恥ずかしげに顔を・・・

もうすっかり春ですね。
昨日あたりからなんかいきなり暖かくなりましたが。
ちょっと気取ってみるかな?


にょきにょき、
つくしの子が生えてきてしまいました。
これうちにある逆ネジのハイダーを集めて並べてます。
これ以外に正ネジのもあるけど、逆ネジだけ集めました。
エアガン市場で送料無料にするための価格合わせでフラッシュハイダーを必要もないのに買う。
一個千円弱で売られてるので、大人買いする。



右の三つは7.62口径で使われてるもの。
一番右のはWE SCAR-Hから外してきた一番でっかいつくしの子。



これはマルイのP90から外してきた。
このなかでは唯一鉄じゃなくて亜鉛ダイキャストかな。
一番ヨボイ。
他はみなCNC加工で鉄なもんで、こんなものでも凄い芸術品のよう。
それぞれ個性的な形状で、よくこんな形を思いつくと感心させられる。
並んでるとチェスの駒のようでもあるが、それぞれが銃口制御のために考えてデザインされてるのだから実用性もある芸術品。
銃全身をみれば、最近はポリマー多用でデザインも実用美というよりデザインのためのデザインみたいなものも多くみられるようだが、ハイダーはどうだろうか?
まあそれも物によるのかな。


さて、いろいろ手に入れ、なかでも特に気に入ったものをMSKに取り付けた。



このハイダーはカゴ型になっていて、なかは広く空間が設けられ、出口だけ弾丸が通れるほどの丸く小さな穴になっている。
横にはガスの抜け穴がぐるり360度配されており、取り付けに上下が無いので気楽だ。
この見た目のなんというか、石油ストーブとか、ガスライターみたいなもろ火を連想させる機器にも似たデザインが素敵だ。



またこのハイダーはAACのサイレンサーがそのまま取り付けができる。
なかなかよろしい♪





また最近V2化を果たしたVFCのG36cも逆ネジハイダーが使える。
こちらは最初の写真で真ん中あたりにある一番白っぽいやつをつけてみたら、すごく似合った。
色はそのままではあんまりな白さだったため、ガスコンロでしこたま焼いて黒くしてやった。
鉄だから出来る荒技。
このハイダーもすごく複雑な形状をしており、どうやってこんな風に削り出すんだろうと不思議に思う。
これは上下があるので、シムスペーサーをかまして調整しながら取り付けなきゃならないのでめんどくさい。
無駄にカクカクしたHKデザインのG36には似合っている。



そんなわけで
ちょっと気取ってみた今月の春一番。

  


Posted by エコー  at 20:29Comments(0)WE-Tech/ MSK

2018年02月22日

益々ヒットマンぽく





WE-Tech M16A3ガスブローバック
ついに念願のノーマルハンドガードにバイポッド装着。
ずっと専用のアダプターを探していたが、エアガン市場でノーマルハンドガード用を含む3種のアダプター付属のバイポッドが売られてるのに気づき購入。
ついでにショートマガジンも入手して、ますますヒットマン仕様っぽくなってしまいました。
それにしてもこの長いスチールバレルの重量感と迫力は圧巻です。
ハンドガードの剛性感も確かで、とても質感の良いM16です。
作動もWEらしく折り紙つきの素晴らしさです。  


Posted by エコー  at 06:05Comments(0)WE-Tech/ M16A3