2018年07月10日

CO2排莢式ガスブローバックライフルってやつ

お座敷の夢のガスブロ登場!
私も随分長ものガスブロを買ってきましたけど、ついに新しい刺激を求めて究極の一品を入手しました。


<クリックで拡大>

RARE ARMSの排莢式ガスブローバックライフル、KAC SR-762(SR-25)
ライブカートでポンポンカートリッジを飛ばしながらガスブローバックする、お座敷最強の趣味性を追求したエアーソフトガンです。
これまでガスブロ長ものを結構買ってきましたが、それらとは一線を画する製品だと思います。
アルミ製とは言え結構重量のあるカートリッジを元気に飛ばしながら、なおかつ元気にフルオートさせるためのパワーソースにCO2を使用します。
弾が飛んで、カートリッジが飛んで、元気にフルオートブローバックする、お座敷派の願いに全部応えたような夢のような製品。
リコイルショックもかなりのものがあります。




箱を開けて本体を出すと、本体刻印を隠すようにシールが貼られてますが、そこは大人の都合というやつか?
商品名も実銃とは変えてあり、本体刻印の一部も省略されているようです。
また製品外観は極めて高品質な仕上げに見え、可動部には傷防止の養生テープが貼ってあります。
手垢のついていない感じで作動チェックとかもしてなさそうなので、初期不良などがないか早くCO2ボンベを入れて作動テストしたかったのだけれど、十分な時間が取れなくて数日目視チェックだけで過ごしました。
なにしろこの製品、いちどボンベをセットしたらハンマーをデコッキング出来ないっぽいんで、一気にガスを使い切らないとコッキングしたままセフティかけて保管しなければならない感じです。
それは非常に気持ちが悪いので、一気に撃ち尽くせる暇とモチベーションが揃うのを待つことにしました。



まあそんなこんなで2日後ぐらいにはなんとか初撃ち出来ました。
大きさの割には本体重量はそれほどでもないです。 
アウターバレルがアルミ製だからでしょう。
トリガーフィーリングも普通のAR系ガスブロです。
じつはトリガーより後方にハンマーがあるという位置関係になっていますが、それがトリガーフィーリングに影響する感じは無かったと思います。
カートリッジはすごく飛びます。
ビヨンビヨン跳ね飛ぶ感じで、その反動さえも少しグリップに感じられるかな?
構造的に見てこのカートリッジをチャンバーから引っ張り出すのは、ガス圧によるブローバックの力ではなく、ノズルリターンスプリングの引き戻しの力だと思います。
そのためノズルリターンスプリングがかなり強くて、ボルトキャリアからノズルを引き出すのに結構力が入りますね。
これはCO2のような高いガス圧じゃないとピストンを押してブローバックさせるのはかなり難しいんじゃないかと思います。
リコイルスプリングもマガジンからカートリッジを押し出してチャンバーに送るため、かなり強めのものになってますし。
ハンマースプリングもCO2の圧がかかったバルブを叩くために、硬めになってるかも。




ひとマグに10発込めて、5マグめの途中でガスを使いきりました。
で、BB弾は6発撃ち残したので、合計44発がCO2ボンベ一本で撃てた弾数です。
これぐらいならちょっとした空き時間で撃ち切れる量かもしれませんね。
私はその後かるく使用後のメンテも満喫しましたが。
集弾性は左右のブレは少なく、上下には結構散る感じでしたね。(試射距離5mで)
スコープを乗せてプリンキングを楽しむには向かないかと思いました。



ただし一回の使用でもカートリッジのダメージは結構ありますね。
マガジンがスチールなのでチャンバーに送弾する際にエッジに擦れて縦方向の傷がカートリッジにつくのは分かりますが、ほぼ同じ位置に横方向の深い裂傷がつくんですが、この原因が今のところよくわかりません。
カートリッジの外側がボコボコになっても、リムにエキストラクターがしっかり掛かるうちは実射に問題はないと思います。

次回はテイクダウンして内部を見ていこうと思います。  


Posted by エコー  at 00:00Comments(2)RARE ARMS/ KAC SR-762

2018年06月16日

リタイアした時のために






↑クリックで拡大






WA ゴールドカップナショナルマッチ・カーボンブラックHW
これも昨年の末に中古で購入。
WAのゴールドカップは2丁めだけど、本当にこの製品はWAガバのシリーズの中でも至高のモデルです。
またカーボンブラックはそのままでは好みの分かれる外観ですが、塗装がされてないだけに刻印はカッチリ、各部のエッジはキレキレに立ってて、まさに塗装がされてないから埃を巻き込んだ塗膜のブツブツとかに泣くことがない利点があります。
そしてかるく磨いたり、ブルーイングなどすれば金属感を楽しむこともできる素材です。
例えばこのスライドは、WAゴールドカップシリーズには必ず生じるリーフカット後方のヒケによる平面の歪みを研磨しただけで均してあります。
そんな手が加えてあるようにはパッと見て気付きませんよね。
とにかくゴールドカップの角ばったシルエットとエッジの立ったカーボンブラックの相性はとても素晴らしい。
自分は現在仕事が忙しくて収入はいいのですが、以前のようにシコシコエアガンをペイントしたりブルーイングする暇はなくなってしまいました。
でもいつかはリタイアして暇を持て余す老後の生活に入った時の楽しみに、いまWAのこういったモデルを素材として入手しています。
WAもいつまで会社が続くか分からないですしね。



先日、はじめてピザをネットで注文しました。
注文してクレジットカードで決済して、そのままユーザ登録もしようとサイトをまだ閉じてないうちに玄関にピンポーンと届きました。
ほんとびっくり10分ぐらいだったと思います。
え、いつ焼いたの?ってぐらいw


付け合わせに頼んだサイドメニューはちょっと彩が悪いね。
パセリとか添えておくと印象が違うんだろうけど。
ピザはとても美味しかったデス。
リタイアとイタリアをかけた訳ではありませんw
  


Posted by エコー  at 00:54Comments(0)WA/ GCNM

2018年06月11日

限定特別仕様


















WA ウィルソン・タクティカルスーパーグレード
昨年の末に中古品購入。
様々な部分において限定品の特別仕様(箱からして特別)
ハンマーやシアなどの内部パーツがステンレス製らしい。
塗装もなんか一見して通常ではない質感のなんとか塗装だとか。
そしてチャンバーカバーおよびアウターバレル、ノンホップインナーバレルは社外品でステンレス製のもよう。
(前オーナーによるカスタム?)
自分の手によってはノッチ補強、G10スターバーストグリップ装着。
名前に違わぬスーパーグレードカスタム品  


Posted by エコー  at 07:35Comments(0)WA/ Wilson TSG

2018年06月08日

バージョン2!






Tanaka M36 3inch ver2
ペガサスで3インチが出たら買おうと思ってずっと待っていた。
予約して購入したのは今年2月のこと。
メッキなどのバリエが後に続くのかと思ってたら、一度こっきり。
買っといて良かった。  


Posted by エコー  at 13:31Comments(0)タナカ/ S&W M36