2017年02月23日

超高級マルシン

前回のランダルに続き、今回は1892カービンのシルバーバージョン。


前回のランダルカスタムはソリッドジンクという亜鉛素材むき出しのバージョンで、ユーザが好きなように表面処理して楽しむことを前提としたモデルだったが、今回のシルバーバージョンは全体をシルバーメッキした高級仕上げ。
マルシンはこのWinchester model1892 carbineシリーズを様々な仕上げで出している。
一番安価なのがソリッドジンクで、一番高価なのが恐らくこのシルバーなのだと思う。
他にはブラック、DXゴールド、ワイルドウエスト、ポリッシュドディープブラックなどがあるようだ。
そして現行はブラック、DXゴールド、シルバーのみのようだ。
またラージループフィンガーレバーを搭載したモデルも出している。
BB弾は6mm仕様である。



インナーバレルは銃口付近まで伸びていて、結構な長さがある。
ブローバックとかするわけではないので、パチンとハンマーがバルブを叩いて放出したガスがそのままBB弾を飛ばすことだけに消費される。
その放出されたガス容量がインナーバレルの容積と見合っているのかはわからないが、集弾性は悪くない。
初速は0.25gで80mps前後。
(ガスガンで初速を言っても気温で変化するのでアレだが、この季節なんでコタツでしばらくヌクヌクさせた直後の計測)

マガジンチューブはガスタンクを兼ねているのだが、ガスタンク本体はハンドガードで覆われてる部分にある。
ガスタンク本体内部をインナーバレルとBB弾のマガジンが貫通するというとんでも設計となっている。
(詳しくはYoutubeに詳細な分解組み立て動画がアップされている。動画投稿者には感謝申し上げる。)
そんな構造であるから、とにかくシールパッキンがいたるところに必要な穴だらけのタンク構造となっておりガス漏れが持病のガスガンである。
現状自分のところでガス漏れはまだ起きていないが。




ガスの注入バルブ。





各部刻印。



ちなみにマルシンメーカー刻印はレバーを閉じると隠れる、グリップ下部にある。
マルシンには珍しい控えめな位置だ。



ハンドルループに巻き付けてある革ひもは、Mizunoの野球グローブ補修用革ひも(ブラウン)。




リアサイトは上下可動。



BB弾は実銃同様、サイドのゲートから込める。



排莢口から覗く内部の景色は実銃とは全く異なっているのは仕方がないところだが、レバー操作によって手動でBB弾がチャンバーへと送り届けられる動作を見るのは楽しい。
ここは本当によくできてると感心する部分だ。
この銃を手に入れた者だけが味わえる楽しみ。
またそんな内部のパーツにまでメッキが施されてるあたりも手抜きがない。



メッキに手抜きなし。



真鍮製のバットプレートも美しい。
ちなみに前回のランダルにフルサイズのストックを取り付けることができるのは、このカービンとストックを共有してるから。



エアガンと金属モデルガンの良いところを合わせたような、マルシンの最高級モデル。





同じカテゴリー(マルシン/ Winchester M1892)の記事画像
表面処理はお好みで
2017年、初更新
同じカテゴリー(マルシン/ Winchester M1892)の記事
 表面処理はお好みで (2017-02-25 17:23)
 2017年、初更新 (2017-02-12 03:00)

Posted by エコー  at 06:09 │Comments(0)マルシン/ Winchester M1892

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。