2017年02月12日

2017年、初更新

久しぶりの更新。
最近ハマってるのはマルシン製品で、昨年のM2カービンに続き、今年はウィンチェスターで始まった。


現在お座敷のお供となってる銃がこれ。
マルシン製ウィンチェスターM1892ランダルカスタム「SOLID-ZINC」をベースとしたオリジナル仕様。
ちなみに日本ではTVドラマの主人公の名前に由来するランダルカスタムと呼ばれてるが、アメリカでは切り詰めたレバーアクションライフルを「Mare's Leg=雌馬の脚」と呼ぶらしい。
実銃のランダルカスタムをググりたい時はMare's Legと入力するとよろしい。



オリジナル仕様というのはランダルカスタムの短縮されたストックではなく、ノーマルストックがついてるところと、




本来の製品にはついていないフロントサイトを立ててるところ。
これによってストックで肩付けして、サイトで狙って射撃できるM1892ショーティーとなっている。



フロントサイトはついてるけど、リアサイトはない。
どうやってサイティングするかというと、フロントサイトとレシーバーの排莢口前部にあるエキストラクター逃げの切り欠き部を合わせるようにして行う。
ハンマーを起こした状態じゃないとスパー(spur:突起部)が遮ってサイトは見えないが、ハンマーダウンした状態ではサイティングする意味はないから問題は無い。



そしてリアサイトがわりの切り欠き部の下にあるイモネジは、HOP調整スクリューだ。



マルシンのレバーアクションは昔ターミネーター2ショットガンを買って持っているが、向こうがほとんどプラパーツで構成されているのに対し、このM1892は全金属のため、アクション時の作動音は実に金属的でリアル。
機械的な構造も実に素晴らしく、見ていて楽しい。
また、この銃を構えた時の感覚が、ある銃を構えた時の感覚と重なり・・・・



確かめるべく引っ張り出してきたのがVFCのMP5。
二つ並べると肩からグリップ、トリガーの位置、ハンドガード、そして銃口までの長さまでほとんど一緒だった。
ただ本体の細さがM1892は際立っているが。
道理でお座敷で取り回しが良いはず?

さて実銃では本家WinchesterよりもRossiというメーカーがこのレバーアクションライフルに力を入れてるっぽい。
Youtubeではカウボーイシューティングの大会かなんかで、鬼のような速さで連射してる動画があったりする。
こういう撃ち方はボルトアクションライフルではなかなかできない。
あとこういったタクティカルなマウントがあって、これがあればこの銃にもドットサイトなんかを格好良く載せられるのにと思うのだが。





同じカテゴリー(マルシン/ Winchester M1892)の記事画像
表面処理はお好みで
超高級マルシン
同じカテゴリー(マルシン/ Winchester M1892)の記事
 表面処理はお好みで (2017-02-25 17:23)
 超高級マルシン (2017-02-23 06:09)

Posted by エコー  at 03:00 │Comments(2)マルシン/ Winchester M1892

この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。・・・でいいのかな?

自分もT2ショットガン(木スト)買いましたが(以前のエコーさんの記事に影響されて)プラ感もですが機関部がとっても脆そうで優しく扱ってます。
ランダルは外見は頑丈そうですね。
マルシンは他メーカーと違う路線を歩んでいるので是非とも頑張って欲しいメーカーです。
Posted by くぅ at 2017年02月12日 03:31
こんばんは。
T2ショットガンは本当にプラスチック多用でしたが、M1892は軽くバラして見たところではプラパーツは皆無ですね。
パッキンがゴム製、ストックが木製な以外は金属だけのようです。
弾の出る金属モデルガンのようですね。
外見はとても剛性があるような感じですが、動画サイトでたくさん上がってるスピンコックしてみました、みたいなことをやると接合部の歪みが出て不治のガス漏れを起こす可能性はあると思います。
(結構ガス漏れは持病らしい)
そんな訳で中古では入手したく無いモデルですね。
Posted by エコー at 2017年02月12日 03:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。