2016年11月19日

荷物が来た!

宅急便が届く。
プチプチにくるまれた荷物は何と包装紙ではなく新聞紙でラッピングされていた!


とある製品をネットで見つけて購入したのだが、その製品がおそらく10年ぐらい前に発売され、そのまま倉庫か店の奥で埋もれていたものと思われる。
中古ではなくちゃんとした新品である。
ほとんどの専門店では在庫なしとなっているから新品としては結構もうレア物なんでしょう。



どこの店が在庫してたかというと、美章園ホビーというところ。
以前からホームページは知っていたけど、注文はメールだし、ホームページ自体が古臭くて利用したことがなかった。
今回初めて注文したら、翌日電話がかかって来て、高齢のおばさんが「メールのやり方がわからないので電話でごめんなさいね」と言う。
電話で在庫が一つだけあったこと、代金の振込先を伝えられメモをする。
その場でネットバンキングで振り込みをすると翌日にはこれが届いたという。
勝手なイメージでおばさんの声や注文のやりとりから、むき出しの製品の箱に伝票をじかに貼って送られてくるかなと思っていたら、ちゃんと新聞で中身を隠してあって、伝票には『精密機器』なんて書いてあって感心した。



で、それは一体何なのかと言えば、これである。
マルシン製 U.S.M2カービン 8mmガスブローバック
新品だからこのとおり箱も綺麗だ。



そしてこの箱のすごいところは、なんと本体を立てて入れてある。
それもマガジンを挿した状態でそのまんま入っている。
箱の上部には持ち手がついている。



で、箱から取り出しましたよと。
持ち上げた時の最初の印象は、軽い!ってこと。
すんごい軽い。
プラモデルかと思っちゃった。
綺麗な取り扱い説明書には2006年と印刷されている。
同梱されているマルシン工業ガンカタログ冊子にも2006-Vol.2と書いてある。
そのカタログにM2カービンが近日発売、新製品として掲載されている。
今が2016年だからちょうど10年前というわけだ。
まるでタイムカプセルを開けたような感覚だ。



長い間眠っていた証か、スチール製のフロントバンドロックスプリングというパーツがサビに覆われており、もやもやっとカビみたいなものがストックからサビの部分に伸びていた。
チャージングハンドルを引いたら、動きが渋く、引いたところで止まって戻らなかったりする。
それでとりあえずバラして各部のチェック、特にOリングなどのゴムパーツの劣化などがないかをチェックし、古いグリスやオイルを落としてフルメンテを行うことにした。
儀式のようなものだが、それをしないと試し撃ちも怖くてできない。




コンパクトで取り回しが良いと思っていたマウンテントルーパーと比べても更に短い。
そしてスリムだ。



セミオートのみのM1カービンに対して、フルオート機能を持つM2カービン。
セミフル切り替えはこのレバーで行う。
前に倒せばフルオート。この状態はセミオート。
トリガーをゆっくり引くとセミオートでもフルオートになる可能性があるので、トリガーはゆっくり引いちゃダメと注意書きが入っていた。
これはマック堺氏のユーチューブ動画でも確認できる現象で、トリガーを引くとハンマーが落ちるが、引き切らないとディスコネクターがうまく掛からないようだ。



マガジンのバルブOリングが傷んでいた。
さすがに8mmのBB弾を飛ばしてブローバックさせるバルブだけに径が大きいし、Oリングもゴツい。
なにせインナーバレルも40cmぐらい長さがある。
こんなに長くていいのか?って思うぐらいだが、弾が8mmともなると6mmの感覚では判断できない。
まあ1発ごとに大変な量の発射ガスが消費されるというのは、マガジンのガスの減り方でも分かる。
で、そのOリングだが、たまたま直前に全くトイガンと関係ない散水ポンプの水漏れを治すために注文し、中国から10日ほどかかって届いた50個入り¥439-のOリングと全く同じサイズということに気づき驚く。



7mm外径 1.5mm 厚のOリング。
矢印の部分、すでに交換済み。
もとのOリングはグリスが乾いたチーズのようになって固着していて、シリコンオイルで揉んでも、爪で引っ掻いても剥がれない。
Oリングにグリス?って感じだが、ピストンOリング周辺にもグリスが塗られており、その劣化が心配なので全部拭き取ってシリコンオイルをたっぷりかけておいた。
グリスは金属パーツが擦れ合う部分に、タミヤのモリブデングリスという結構滑らかで伸びのいい感じのやつを塗布。
あとは各部のネジを一旦洗浄したのち、ロックタイトの弱い方のネジロックでとめる。
また、これがマルシンクオリティなのかと言いたくはないが、プラスチックのパーツにそのままビス留めしてる部分があって、それがピストンだ。
亜鉛のロータリーボルトの尻から3本のビスでプラスチック製のピストンが直接留められている。
分解するときにやたらとネジの締め付けが甘い留め方だと思ったら、相手がプラだから、ネジ穴がバカにならないようになのだろう。
ブローバックで激しく衝撃のかかるところだけに、こんな甘い留め方では心配だが、対象がプラではロックタイトは使えないので、水性の木工用ボンドをネジロックがわりにした。
だがこのプラスチックのピストンが金属製だったら質量がアップして、リコイルショックがそれなりにアップするだろうに惜しい。
現状、作動は思いのほか好調で、フルオートも元気が良い。
ただしボルトが本当に軽量なため、リコイルショックは無いに等しく、撃ってもボルトアクションライフルのような感じなのは否めない。
そのかわり音はすごい。
発砲音+ブローバックの作動音、音の迫力でリコイルのなさを忘れさせる。



自作のターゲットだが、弾のサイズで分けてる。
ペーパーを突き破った穴のサイズがこんなに違うのが面白い。
8mmは0.34gを使っているが、そのサイズと重量がペーパーを突き破ってダンボールの奥にぶち当たると、箱全体が鳴るような音を立てる
大迫力だ。




ちなみにターゲットの構造はこのようになっている。
箱の奥には発泡スチロールとスポンジの合いの子のようなビニールっぽい緩衝材を貼り付けてあり、その前にカーテンのように布を垂らしてある。
この布がないと、ペーパーを突き破ったBB弾が奥の壁に跳ね返って、再びターゲットペーパーの穴から外に飛び出してくるが、布があると効果的に減速して、弾は箱の内部にとどまってくれる。

ちなみに私、今回バラしメンテの際にインナーバレル先端部に取り付けてあったLD-2パッキンという第二のホップパッキンを取り外しました。
これはLD-2キャンセルと呼ぶらしいですが、このパッキンは集弾性に関して評価が悪く、マルシニストたちには定番みたいです。
マルシンには申し訳ないのですが外しました。
そして、外したパッキンは綺麗に洗って取っておくつもりだったのですが・・・うっかり汚れたティッシュや作業の下に敷いていた新聞紙と一緒に丸めて捨ててしまったようです。

ま・・・しょうがないね。





同じカテゴリー(マルシン/ U.S.M2カービン)の記事画像
M2カービン完成
オイル塗布
木スト小加工
木スト仕上げ直し
同じカテゴリー(マルシン/ U.S.M2カービン)の記事
 M2カービン完成 (2016-12-12 00:33)
 オイル塗布 (2016-12-02 19:46)
 木スト小加工 (2016-11-27 16:05)
 木スト仕上げ直し (2016-11-22 19:36)

Posted by エコー  at 00:27 │Comments(4)マルシン/ U.S.M2カービン

この記事へのコメント
2枚目の画像、バーコードも隠しましょう。
人によっては、どこの誰かは分からなくても、どの地域に住んでるかぐらいは特定できたりしますよ…
Posted by 通りすがり at 2016年11月19日 00:40
>通りすがり様

なるほどバーコード・・・。
そんな情報が入っているとは知りませんでした。
ご親切にありがとうございました。
ぐじゃぐじゃっと隠しておきましたw
Posted by エコー at 2016年11月19日 01:08
きゃぁ! 新品ですかぁぁ!!

美章園ホビーさんは、以前にホームページから通販した事あったけど、
その時は電話は掛かって来ませんでした。

>プチプチにくるまれた荷物は何と包装紙ではなく新聞紙でラッピングされていた!
滅多に人様にトイガンを送る事は無いけど、送る時は私も新聞紙ww

>伝票には『精密機器』なんて書いてあって感心した。
こうゆう気遣いは、さすがお年寄りって感じですねぇ、、、
酷いのは商品名とか書いて送って来たNETショップもありました。
コルトガバメントとか書かれた送り状だと、宅配業者、混乱するべ?ww

>ちなみにターゲットの構造はこのようになっている。
箱の中の弾を数えたら、もう50発以上も撃ち込んでる? 恐るべし、、(笑)
Posted by 塔四郎塔四郎 at 2016年11月19日 10:00
お年寄りにはキーボード叩くのは結構大変なんだろうと思いますが、昭和に戻ったようなやりとりでしたね。
古い商品が大事に保管されて、それが自分の元に来たのがなんとなく嬉しく、大事にしようと思います。(と言いつつうっかりLD-2パッキン捨ててしまった)
最近は銃刀法でマニアが逮捕されたりで、おもちゃとはいえエアガンを街中でひけらかすようなことは慎むべき風潮です。
マルシンの現行の商品のパッケージもそれを意識してか、無地の箱に製品名をプリントしたシールを貼っただけという感じになってきてますね。
クロネコの配達のお姉さんも新聞紙で隠してなかったら、こんな実物大のM2カービンの写真がついた箱をかついで運ぶのは人目を気にしたことでしょう。
受け取る時のボクも・・・。
Posted by エコー at 2016年11月19日 12:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。