2012年12月13日

M14ぷちカスタム

WE M14のボルトストップをリアルファンクションカスタムパーツに交換したら動きが渋くなって機能しなくなった。
その擦り合わせをやってみましたが・・・


右がカスタムパーツで、左が純正。
大きさが違います。
カスタムパーツの方が大きくなった為に作動が重くなるのは仕方ないのですが、ボルトストップが作動しない原因はそれ以上にマガジンの押し上げレバーとの妙な引っかかりに有りそうです。
矢印の角のところが純正品に比べ、カスタムパーツはエッジが尖ってて引っかかってるみたいなのです。



押し上げレバーの斜面の段差のところにね。
このレバーは真下から真上に押し上げるのではなく、回転運動でレバーの斜面をボルトストップの突起が滑り上がるような動きをするため、この段差が引っかかって止まってしまうのです。



で、角の部分を純正パーツに習って丸めてあげました。
これで引っかかりはかなり軽減したのですが、パーツ自体が大型化したのがやっぱり尾を引いてか動作が渋いのは変わりませんでした。
純正では小さなボルトストップを持ち上げるだけだけど、カスタム後は大きくなったパーツ+リリースボタンまで持ち上げないといけませんからね。
で、結局最後の手段としてマガジンのフォロアースプリングを30連のものと交換するときに、少しだけ引っ張って延ばしてテンションを強めてやりました。
そしたら奇麗に解決。
この方法はWAのガバでも前にやった事が有って、中古などのへたったマガジンではよくボルトストップが掛からない事が有るんですが、フォロアースプリングを延ばしてやると元気に復活します。
今では最終弾を打ち切ったらガーンとボルトストップが掛かります。



続いてタペットプレートの後部に挿入されてる部品。
後ろに筒状の樹脂のカラーが付いてます。
セレクターをフルオートにしたとき、このカラーが若干長過ぎてローディングノズルが弾をチャンバーの適正位置に押し込みきれなくなるという話が有ります。



1.5mm切り落としました。



Oリングを用意。



間に1mm幅のOリングを挟んで、全長を0.5mm切り詰めた事になります。
Oリングは緩衝材の役目を期待して追加しました。



組み込んで出来上がりのお手軽カスタム。
これでフルオート時の集弾性が良くなります。



最後は失敗。
マガジンの注入バルブを日本仕様のオプションパーツに交換しようとして壊してしまいました。
そんなに力一杯締め込んだつもりも無かったのに、気づいたらネジの頭のところがモゲかかってて、一旦また取り外したらやっぱりちぎれてました。
あきれるほど軟弱なパーツです。



代わりのものは無いかと思ってジャンクボックスから古いWAのマガジンを拾ってきて、注入バルブを使ってみたら、ちょっとヤスリで丈を調整するだけで問題なく使えました。
ぎゅっと締め込んでも千切れたりもしません。


WAのマガジンはバラすとお宝の山です。
タペットプレートのOリングもここからいただきました。





同じカテゴリー(WE-Tech/ M14)の記事画像
関東地方に局地的豪雨
これは何をしているのか
夏限定、最強金属打撃音発生装置
猛暑の夏もピークは過ぎ去り?
団地のスナイパー?
M14スコープマウント
同じカテゴリー(WE-Tech/ M14)の記事
 関東地方に局地的豪雨 (2017-08-01 22:19)
 これは何をしているのか (2016-09-21 23:55)
 夏限定、最強金属打撃音発生装置 (2016-08-03 21:57)
 猛暑の夏もピークは過ぎ去り? (2015-09-06 08:42)
 団地のスナイパー? (2013-03-09 22:54)
 M14スコープマウント (2012-12-11 21:04)

Posted by エコー  at 20:46 │Comments(6)WE-Tech/ M14

この記事へのコメント
エコー1さん、こんばんは。
自分の場合、M14は初長物ガスブロで、しかも、初海外製という事で、ちょっと心配だったので、某ショップのプチカスタムのを購入しました。
ただ、ボルトストップはかかるのですが、リリースが出来ない!、リアルアクションボルトリリースと言うのはこの辺を改善するものと勝手に勘違い!!
実際パーツを買って組み込もうとバラした所、同じパーツが付いてました(泣)
ただ、単にリリースボタンの爪が折れてただけでした(汗)
ただ、はっきりと分かったのは、今回の記事で、ノーマルパーツの形状が解ったからですが・・・。
どうやら、リリースボタンは亜鉛のままだったみたいで、破損してた様です、合わせてスチールタイプのリリースボタン買っておいて良かったのですが、エクステンションバージョンもカッコいいですね、どうせならこっちにしておけば良かったと・・・。
日本仕様の注入バルブは、2本あるマガジン両方に付けましたが、こんな事にはならなかったです。
Posted by ta-93 at 2012年12月14日 22:52
バルブ破損...皆通る道かw

自分も一回やりました。
何の抵抗もなくぽろっとw。
Posted by ぜっぷ at 2012年12月15日 08:25
>ta-93さん
え〜と、もともとリアルファンクションボルトストップが入っていたなら
ボルトストップの解除はマガジンを抜いてチャージングハンドルを引いてしか出来ないんじゃなかったでしょうか・・・?
リリースボタンで解除するにはエクステンションバージョンに交換しないと・・・?
純正ではそこが逆転してて、ボルトストップを掛ける方向に操作すると解除されるという謎のWE仕様なわけで・・・。

でもリリースボタンの爪が折れてたなら全く機能すらしないで、ただくっついてるだけのお飾りになってしまいますね。
WEのM14はあちこち破損しやすいらしいのでこの先ちょっと不安です。

>日本仕様の注入バルブは、2本あるマガジン両方に付けましたが、こんな事にはならなかったです。

うらやましいですね。
WE 注入バルブ ねじ切れ で検索したら結構他にも自分と同じ目に遭ってる人はいました。
やっぱ弱すぎるみたいですよ。
Posted by エコー1 at 2012年12月15日 19:41
>ぜっぷさん
>何の抵抗もなくぽろっとw。

ですよね?
自分も8分目ぐらいの締め込み加減だったのに、突然カクッと抵抗が無くなって
あれ?舐めた??と思ったらネジの頭のところが斜めになってて
モゲかかってました。
WAのバルブが使えて何の問題も無かったから良かったですけど・・・。
Posted by エコー1 at 2012年12月15日 19:48
エコー1さん、こんばんは。
>ボルトストップの解除はマガジンを抜いてチャージングハンドルを引いてし>か出来ないんじゃなかったでしょうか・・・?
どーもそんな事は無くて、リリースボタンの操作で解除できます。
でも、エクステンションタイプはカッコ良いので、いつか替えたいですね。

>WEのM14はあちこち破損しやすいらしいのでこの先ちょっと不安です。
やっぱり、あれだけの重量物がガチャガチャ動くのだから仕方ないんでしょうが・・・。
自分も、あまり撃たないとは言えやはり不安ですね~。
Posted by ta-93 at 2012年12月17日 19:29
>ta-93さん>リリースボタンの操作で解除できます。

そうなんですか、ネットのレビューを鵜呑みにしてました。
なのでエクステンションタイプにすぐ換えちゃったんですけどね。
でもこれは操作性が良くなるので換える価値はありますよ。

>やっぱり、あれだけの重量物がガチャガチャ動くのだから仕方ないんでしょうが・・・。

結構質量のあるボルトカバーが回転しつつブローバックするのがすごいですよね。
そしてオペレーティングロッドも鉄製でかなり大きいのに、ガンガン動くからすごいリコイルです。
割と破損しやすいのがタペットプレートとトリガーボックスらしいですね。
自分のM14はセレクターのつまみがグニャグニャしてるんですが、コレはまともなのだろうか・・・
Posted by エコー1エコー1 at 2012年12月17日 20:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。