2011年09月25日

MEU仕上げ直しの5

J-Armory MEU、仕上げ直しの今回は・・・スライドストップノッチの補強です。
じつはノッチの補強は今回がまだ二挺目。
前はM1911A1(サージェント・ドーハンモデルw)に施し、かなりうまくいったので、今回も結構余裕とおもったら・・・
そうでもなかったw


ノッチのところに真鍮角線を埋め込むために、まずはドリルで穴を開けます。
先に針を刺して位置を決めておくんですが、こんなもんかなと目見当で決めたのが後で失敗に繋がる事に・・・。
この段階では良さげに見えますよね?
でも本当はもっと銃口側に近づけた方が良かったです。



ピンバイスでまずはφ1.0mmから穴を開けて徐々にサイズを広げていきます。



ね。



φ2.0mmの穴で真鍮角線が良い感じに刺さります。
ちなみに角線は1.5mm×1.5mm×250mm、ココから購入しました。



こんな感じ。



ところが穴の方はと言うと、最初の位置決めが悪くてちょっと後ろ過ぎました。
このままじゃ真鍮角線がノッチの面より下がってしまって、スライドの外側の方がスライドストップと当たってしまいます・・・。
これは不味いですね〜。
なのでプラリペアでちょっと埋めて、穴を前方に拡張する事にしました。



なんやかんやで角線を接着。
ゼリー状瞬着液をたっぷりと付けて硬化を待ちます。
接着する前に角線はサンドペーパーで表面を荒らしてあります。
先にブルーイングしてから接着した方が後々見栄えがいいと分かりました。



硬化したら余分な部分を切断。



サンドペーパーで断面を綺麗にならします。
綺麗になった後で、あれ?ちょっと曲がってねえ??と気付いたのですが、コレが俗にいうアフターカーニバルですな。
ちょっと後ろ過ぎた穴をプラリペアで直したのが分かりますね。



最後にブルー液を付けて黒くしましたが、一部瞬着が残ってるせいで完全には染まりませんでした。
まあ、どうせ塗装してしまうから良いんですけどね。





同じカテゴリー(J-Armory/ MEU)の記事画像
うわっ、もろ実銃!
ダミーファイアリングピンのリアル化
パーツを染める
グリップセフティをカスタム
プロフェッショナル・カスタム
刻印を太く掘り返せ!
同じカテゴリー(J-Armory/ MEU)の記事
 うわっ、もろ実銃! (2012-10-07 00:10)
 ダミーファイアリングピンのリアル化 (2012-10-03 18:48)
 パーツを染める (2012-10-01 22:46)
 グリップセフティをカスタム (2012-09-30 19:18)
 プロフェッショナル・カスタム (2012-09-28 19:48)
 刻印を太く掘り返せ! (2012-08-15 00:21)

Posted by エコー  at 22:15 │Comments(2)J-Armory/ MEU

この記事へのコメント
こんち~。

自分もよくやりますw。
自分の場合、鉄板から切り出してますので、鉄片の長さを変えて調整します。
とてもメンドクサイですがw。
Posted by ぜっぷ at 2011年09月26日 17:53
>ぜっぷさん
かなりぎりぎりのところに穴をあける必要があったんですね〜。
今回は一発で決まらなかったけど、失敗の過程を写真に撮れたので
次回はきっと大丈夫ですw
といっても、うちには未処理のガバは後2丁だけですけど。

>自分の場合、鉄板から切り出してますので

100円ライターをバラすと、何かステンレスの良さげなピンが出てくるんですよね〜。
アレ使えそうなんだけどw
Posted by エコー1 at 2011年09月26日 18:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。