スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年08月01日

関東地方に局地的豪雨

8月になったと言うのに、カラッとしない空模様。
エアコンからも水が垂れます。


夏のお座敷のお供といえば、うちではWE M14 GBBな訳ですが、相変わらず元気に金属音をがなり立てています。
しかしこの不快な気候の元では、構えただけでも脇汗にじむ高重量、ハードリコイル。
さすがに最近しんどくなってきたので、取り回しやすく短小化、軽量化を図りました。
RA-RECHのSOCOMコンプリートキット組み込んで、すっかりイメチェンです。
相当短くなりました。
全長950mm、M1ガーランドのタンカーモデルより短いですね。



SOCOMというと、やはりこのハンドガード(あるいはダストカバーとも呼ばれてる)をくり抜いて取り付けられたレイルマウントですね。
もともとスコープを載せる為にレシーバー上にロープロファイルマウントベースを取り付けていましたが、このバレル上のマウントは更に一段低い位置になります。



こんな感じに二階建てです。



ミニドットサイトを前のレイルに取り付けると、ストックに頬付けした時にいい高さでサイティングできます。



アウターバレルやフロントサイトを交換したら、元のパーツの色味と違ってて、なんともツギハギな感じです。
まあキットを組み込んで仕立てた銃なので、それらしいといえばそれらしい。
フロントサイトには照星のところに穴が貫通していて、光が通ることで視認性が高いです。




さてこのキット、自分のものはポン付とはいかず、かなり組み込みに手間がかかりました。
まずハンドガードの穴のサイズがレイルマウントの前後長より小さくて、組み込むのにその分の拡張が必要でした。
のこぎりで1.5mmほど前側を切除。



また、マウントをバレルの下から固定するパーツが厚くかさばっており、オペレーティングロッドがぶつかってボルトが閉鎖できないため、干渉する部分の表面をかなりヤスリで削りました。
銀色になってるところがヤスリで削った部分です。



これで干渉が取り除かれ、オペレーティングロッドが問題なく前進しきれました。



それにしてもこの、大きく切り抜かれたハンドガードが、一部非常に細くなってしまって、指でつまんで引っ張ったらポキっといきそうなところがあります。
実銃もこんなにひ弱なのかと思って写真を見たら、実銃の開口部は赤い線で示した辺りまでで、オペレーティングロッドの上の辺りは倍ぐらいの太さが確保されてました。
しかしWEのこのハンドガードは矢印の部分の厚みを見ると、それではマウントベースの縁が干渉するようです。
その為にこんな低い位置まで切り取っているのですね。

あと、写真にはないですが、キットに付属のRA-TECHのホップラバーはWE純正バレルガイドには微妙に合わなかった為、元からのWE純正ホップラバーをそのまま使うことにしました。

このキットを組み込む為には、本体の結構深いところまで分解しなければならず、なかなか大変でした。
かなり上級者向けです。

それから気づいたところとして、アウターバレル内部からフラッシュハイダーの銃口部分まで、純正バレルにあるインナーバレルガイドのような内部の段差がありません。
なのでインナーバレルを短くカットすることに適したアウターバレルになってます。
アウターバレル内径はそんなにギチギチにタイトじゃないので、インナーのぶれを心配するならシールテープを巻くなどした方がいいかもです。

  


Posted by エコー  at 22:19Comments(4)WE-Tech/ M14