2017年04月26日

KSC P226R HW



KSCのP226Rが再販ということで、前回見送ったこのモデルを今回は購入してみた。
初めてのSIG。
テレビドラマではガバ、ベレ、グロックなんかと並び、非常に露出度の高いハンドガンなのに今まで手に取ったことが一度も無かった。
外観の目立つ特徴としてはマガジンキャッチの上部にあるデコッキングレバー。
これを操作する感じを体験してみたくての購入だ。
操作感はレバーを下げるとカチッとシアが外れる感覚があるがそこでハンマーは落ちず、レバーを戻すとゆっくりとハーフ位置にデコッキングされるという感じである。
この動きは新鮮で面白い。




前回の初期ロット発売時に不評を買ったスライド前部の「湯じわ」は覚悟しての予約購入だったが、今回の製造では改善されているようだ。
前回の湯じわは他所のブログなどで写真を見たが、あのような酷い感じは無くなっているのではないだろうか。




写真の撮り方によっては非常にブサイクになってしまう銃だが、実物を手に取るとなかなかバランスのとれた形をしている。
自分が今まで購入しなかった原因でもあるのがブサイクに撮られた写真のイメージからくるものだ。



ちまたにはスライドストップノッチの削れ対策が施されていない、あるいはスライドストップレバーがブリーチに当たって削れ防止になっているなど二論あるのだが、実機を入手したので解答を示しておこう。
スライドストップレバーが完全にノッチに掛かってホールドオープンしている状態で内側を撮影した。
赤い矢印が指してる部分がブリーチ前方の金属部分で、白い矢印がスライドストップレバーの内側の状態だ。
この写真ではっきり分かるように、スライドストップレバーはブリーチに全く接触していないし、ブリーチの前進を遮る位置にまで上昇していないので、ノッチの削れ対策には全くなっていないということがハッキリする。




パーティングラインの処理や各パーツのエッジの立ち、ヒケの無さなど、鑑賞用にも十分高い品質のKSCではあるが、このモデルはハンマーの位置が実銃と比べるとかなり低い位置にズレていて、ファイアリングピン(ダミー)の下部にしかハンマーが届いていないようだ。
横から見たときにスライドとフレームの境目(赤い矢印)を基準にしてハンマーの高さを実銃と比べるとハッキリ分かる。



スライドストップの動きが渋くて、最終弾を打ち切ったときにノッチに半掛りとなるので、マガジンのフォロアースプリングをBB弾4発分底上げしてテンションを強めた。
ノッチ半掛りはノッチを変形させる一番のリスクだ。





各部刻印。
おそらくレーザーだと思うが、HWにかなりシャープに深く刻まれている。



エキストラクターは別パーツ・・・ではない。
まあ強度を損なうよりはマシか。



スライドを引いてテイクダウンレバーを90度回せばスライドを分離できる。
この手軽さは魅力だ。
購入して気づいたが、この銃はセフティが無い。
チャンバーに装填後、デコッキングレバーでハンマーをハーフに下ろした状態にするだけのようだ。

実射の感想としては、音は大きくて気持ちいいがリコイルは軽め、集弾性はお座敷では十分に及第点。
距離5mではアイアンサイトで狙った高さに着弾した。
  


Posted by エコー  at 13:24Comments(0)KSC/ SIG SAUER P226

2017年03月18日

バレルエクステンションの問題


うちにはWA系ガスブロM4が3丁あるのだが、そのうちの2丁はキングアームズ製メタルフレームで、1丁はWOK組み立てキットのG&Pフレームだ。
同じWA互換のメタルフレームでありながらこの2社の製品には決定的に違うところがある。
それがバレルエクステンションというパーツ。
WA純正やG&Pフレームはバレルエクステンションというパーツが別パーツで、アッパーフレームに差し込んで取り付けるのだが、キングアームズは独特で、これが元からアッパーフレームと一体で成型されている。



これがキングアームズのメタルフレーム。



そしてこれがG&Pフレーム。
WAM4カスタムメタルフレームは本体発売初期の頃より色々なところから製品化された。
そのうちの安価でありながら割と高品位な位置付けでG&Pとキングアームズの製品があった。
ポン付けで組めるという精度において高品位、としておこう。
ところが最近この二種類のフレームの違いが集弾性に影響しているという疑念が湧いてくる出来事があった。

ノーベルのショートスコープを購入して以来、お座敷10mで精密射撃を楽しんでいたが、G&Pの方は割と着弾がまとまっているのだが、キングアームズの方の2丁は明らかに着弾が散る。
思わず声が出るくらいおかしな弾道を描く弾が度々発射される。
そうこうしてるうちにキングアームズフレームの片方の1丁のバレルガイドが砕けるということが。
3丁ともバレルガイドは時期こそ違えメタル化していたのだが、それが割れてしまった。
そのことがきっかけでよく調べてみると、キングアームズフレームのM4から発射したBB弾には、表面にG&Pフレームの方には無い深い裂傷がつくことがわかった。
そのせいで弾道が荒れるのではないかと。



BB弾に裂傷をつける原因はこうして眺めてみると大体あそこかなと想像がつく。



それを検証するためにこのようなものを作る。
ストローの先っぽにBB弾を押し込んで保持する。




そしてストローの先のBB弾でチャンバーへのランプ部をなぞってみると、やはりバレルガイドの入り口のところで段差に突き当たる感じが伝わってくる。



ちなみに別パーツとなってるG&PやWAのバレルエクステンションの場合はスムーズに弾が滑り、突き当たる段差はそれほど感じない。
それもそのはずで、組み込み時はいつもこのバレルエクステンションに合わせてバレルガイドの入り口を研磨して擦り合わせてある。



それでわかったのは、キングアームズのランプ部はG&PやWAのバレルエクステンションと比べると矢印の間隔が目視だけではわからないぐらい、微妙に広いようだということ。
そのせいでBB弾がより深く溝に入り込むため、バレルガイドの入り口に突き当たって弾を傷つけ、ついにはバレルガイドを砕いてしまったのではないだろうか?



よってバレルガイドの方をさらに削り込んで、あらためてキングアームズフレームにフィッティングすることにした。
突き当たりをなるべく小さくするためにかなり削り込む必要があった。
ストローのBB弾で何度も段差を確認しながら、妥協点を探る。
というのも、ランプの溝の深さは想像以上で、完全に段差を無くすのはパーツの耐久性と引き換えになるほど削らないと無理だと感じたからだ。
できることなら一体型のバレルエクステンションを削り飛ばして、G&Pのものを取り付けたいほどだ。
素人にはそこまでの大掛かりな加工は無理だから仕方がない。






大体こんな感じに仕上がった。
一応マガジンからBB弾をチャンバーに送るテストをして、BB弾の表面状態をチェックしたが、以前の裂傷は無くなって、若干点状の打ち傷のようなレベルにまでは改善できた。
もう少し暖かくなったら実射テストをしてみよう。  


Posted by エコー  at 10:18Comments(3)WA/ M4

2017年02月25日

表面処理はお好みで


前々回紹介したマルシン・ランダルカスタムSOLID-ZINC、表面処理はユーザーのお好みでというメーカーのありがたいコンセプトで全ての亜鉛パーツが素材生地のまま組まれたモデルだったが、せっかくだからそのお好みの処理を楽しんでみた。



もともとはこんな感じに、むき出しの亜鉛ダイキャストが白く酸化した状態だった。




まずは全てのパーツをバラして、表面の酸化皮膜を剥がし、同時に粗いパーティング処理痕やヒケを修正する。
そしてブルーイング液で染めていく。
完成イメージは古ぼけた年代物のような雰囲気で、メーカーが出してないようなオリジナル感いっぱいのもの。
以前、所ジョージが自身の番組でWAのマガジンをブルーイングしてるのを見たが、ごく薄めたブルー液を筆でちょちょいと乗せてすぐに拭き取り、色をつけすぎないのが良いんだというようなことを言っていた。
綺麗に均一にブルーに染めるのは割と簡単で、そうじゃなく、雰囲気を出そうとするならセンスが問われるところだ。
なのであらかじめ実銃の写真をたくさん集めて、イメージを膨らませておく。



試行錯誤しながら、なんとかイメージに近いものに出来上がった満足感は完成品を買っただけでは味わえない至福。
これが自分のトイガンの正しい楽しみ方なのだと実感する。
SOLID-ZINCは最高の素材だった。



内部のパーツも一つ一つ、すべてこだわって染めた。
ボルトもエキストラクターは別のブルー液を使ったりして色を違えてある。





ネジの類も一本一本仕上げ直している。
元々は真っ黒だったが、頭の部分を剥がして、ガスコンロで焼いて防錆処理した。





こうなると木ストがちょっと綺麗すぎで浮いてる感じがするのだが、シルバーのカービンと共有してることもあっていじりにくいところだ。





この汚い感じを出すのが面白くて、本当に楽しかった。



インナーバレルは銃口から少し奥まったところに見える。
真鍮の先端部を目立たないようブルーイングしている。





マルシンはモデルガンの組み立てキットを出してくれているメーカーだが、亜鉛ダイキャスト主体のこの製品はキットで出ればかなり時間をかけて楽しめると思う。
SOLID-ZINCは組まれてはいたが、キットのように楽しめる良品だった。  


Posted by エコー  at 17:23Comments(0)マルシン/ Winchester M1892

2017年02月23日

超高級マルシン

前回のランダルに続き、今回は1892カービンのシルバーバージョン。


前回のランダルカスタムはソリッドジンクという亜鉛素材むき出しのバージョンで、ユーザが好きなように表面処理して楽しむことを前提としたモデルだったが、今回のシルバーバージョンは全体をシルバーメッキした高級仕上げ。
マルシンはこのWinchester model1892 carbineシリーズを様々な仕上げで出している。
一番安価なのがソリッドジンクで、一番高価なのが恐らくこのシルバーなのだと思う。
他にはブラック、DXゴールド、ワイルドウエスト、ポリッシュドディープブラックなどがあるようだ。
そして現行はブラック、DXゴールド、シルバーのみのようだ。
またラージループフィンガーレバーを搭載したモデルも出している。
BB弾は6mm仕様である。



インナーバレルは銃口付近まで伸びていて、結構な長さがある。
ブローバックとかするわけではないので、パチンとハンマーがバルブを叩いて放出したガスがそのままBB弾を飛ばすことだけに消費される。
その放出されたガス容量がインナーバレルの容積と見合っているのかはわからないが、集弾性は悪くない。
初速は0.25gで80mps前後。
(ガスガンで初速を言っても気温で変化するのでアレだが、この季節なんでコタツでしばらくヌクヌクさせた直後の計測)

マガジンチューブはガスタンクを兼ねているのだが、ガスタンク本体はハンドガードで覆われてる部分にある。
ガスタンク本体内部をインナーバレルとBB弾のマガジンが貫通するというとんでも設計となっている。
(詳しくはYoutubeに詳細な分解組み立て動画がアップされている。動画投稿者には感謝申し上げる。)
そんな構造であるから、とにかくシールパッキンがいたるところに必要な穴だらけのタンク構造となっておりガス漏れが持病のガスガンである。
現状自分のところでガス漏れはまだ起きていないが。




ガスの注入バルブ。





各部刻印。



ちなみにマルシンメーカー刻印はレバーを閉じると隠れる、グリップ下部にある。
マルシンには珍しい控えめな位置だ。



ハンドルループに巻き付けてある革ひもは、Mizunoの野球グローブ補修用革ひも(ブラウン)。




リアサイトは上下可動。



BB弾は実銃同様、サイドのゲートから込める。



排莢口から覗く内部の景色は実銃とは全く異なっているのは仕方がないところだが、レバー操作によって手動でBB弾がチャンバーへと送り届けられる動作を見るのは楽しい。
ここは本当によくできてると感心する部分だ。
この銃を手に入れた者だけが味わえる楽しみ。
またそんな内部のパーツにまでメッキが施されてるあたりも手抜きがない。



メッキに手抜きなし。



真鍮製のバットプレートも美しい。
ちなみに前回のランダルにフルサイズのストックを取り付けることができるのは、このカービンとストックを共有してるから。



エアガンと金属モデルガンの良いところを合わせたような、マルシンの最高級モデル。
  


Posted by エコー  at 06:09Comments(0)マルシン/ Winchester M1892